Another page
 

vol.4
 
あなたを支えることばをぜひお教えください。きっと誰かがあなたのことばを待っています。21世紀の希望を一緒に紡いでいきましょう。メールもしくはファクス、お待ちしております。
未来をひらく言葉 045

森は自己発見の場であり、魂の再生装置である
(野本寛一さんのことば『伊勢神宮』朝日新聞社より)


未来をひらく言葉 046

正しく強く生きるとは銀河系を自らの中に意識してこれに応じて行くことである
(宮澤賢治「農民芸術概論」より)

(栗田勇さんのことば『日本文化のキーワード』祥伝社・1993年より)


未来をひらく言葉 047

「本もの」
本を百万巻読んでも本ものにはなれない/本は頭を肥やすが足は少しも肥やしはしない/足からきた悟りが本ものである
(坂村真民さんの詩)


(栗田勇さんのことば『日本文化のキーワード』祥伝社・1993年より)


未来をひらく言葉 048

この世は味わい深く、大地の塵まで美しい
(タゴールのことば)


未来をひらく言葉 049

万象ニ天意ヲ覚ル者ハ幸ナリ
(青山 士の愛したことば)


未来をひらく言葉 050

私はこの世を私が生まれて来たときより良くして残したい。
(天文学者ハーシェルのことば)


未来をひらく言葉 051

人類の文明として継承されてきた知的遺産の大部分は無限の資源と無限の地球を前提にしたものであり、哲学、宗教、思想、倫理、社会通念などのすべてがその影響を受けている。有限の資源と有限の地球を制約条件に組み入れて解を探索するためには異なった前提条件のもとで形成された知的資源のすべてを除去しなければならない。
(佐久間章行著『人類の滅亡と文明の崩壊の回避』丸善プラネット・1996年より)


未来をひらく言葉 052

この町には一生かかっても飽きない素材がある。
(石見銀山生活文化研究所長・松場登美さんのことば・『自然浴生活』小学館・2002年VOL.6より。※かつて銀を産出し、幕府の天領として栄えた石見銀山には現在約500人が暮らしています。


未来をひらく言葉 053

僕たちには野性という強壮剤がいる。
(ヘンリー・D・ソローのことば)


未来をひらく言葉 054

人間はなしですまされるものが多いほど、それに比例して生活は豊かである。
(ヘンリー・D・ソローのことば)


未来をひらく言葉 055

昔の農民は豆を蒔くとき、必ず三粒ずつ蒔いた。一粒は空の小鳥のため、一粒は地の虫のため、一粒は人間のため。

鳥や虫にはなんにもやらない、人間だけがという貪欲を出してはいけない。鳥や虫の住めない世界に人間が住めるはずがない。「生態系全体の循環の中での人間の生き型」を昔の農民はなによりも大切にしていたのである。
(『豆を蒔くとき、三粒ずつ蒔け』(小松昌幸著・光雲社より)


未来をひらく言葉 056

飲水思源
(一滴の水に、源の山の木々に、雨をもたらす雲々に、想いを馳せる)


未来をひらく言葉 057

生命は生命と出会うと輝き出る
(歴史家ミシュレのことば)


未来をひらく言葉 058

自然を求めて出かけるたびに、“めったにない瞬間”に出会えるのでしょうか。これは実は思ったほど無茶な期待ではありません。自然はそのような“めったにない瞬間”に満ちたものだからです。私たちがそんな瞬間を逸するのは、私たち自身の心のあり方に問題があるからです。心が閉じていると、私たちはその瞬間に気づくことも、それを楽しむこともできません。自然に身を置いたら、ソローが言ったように「何もかも忘れて、子供のようにはしゃぐ」ことです。自然に向って完全に心を開き、それに集中した状態にあるときだけ、自然が差しだすインスピレーションを受けとることができます
(ジョセフ・B・コーネルのことば『ネイチャーゲーム3』柏書房より)


未来をひらく言葉 059

21世紀を見据えながら薪を使って19世紀的に生きたい
(標高1400メートルの山里に居を移し、持続的快楽主義者を標榜し、自給自足的な田園生活を実践する田渕義雄さんのことば『Be-pal』小学館より)



未来をひらく言葉 060

ひとり徒歩で旅したときほど、ゆたかに考え、ゆたかに存在し、ゆたかに生き、あえていうならば、ゆたかに私自身であったことはない。徒歩は私の思想を活気づけ、生き生きさせる何ものかをもっている。じっと止まっていると、私はほとんどものが考えられない。
私の精神を動かすためには、私の肉体は動いていなければならないのだ。田園の眺め、快い景色の連続、大気、旺盛な食欲、歩いて得られるすぐれた健康、田舎の料亭の自由さ、私の隷属を思い起させる一切のものから遠ざかることが、私の魂を開放し、思想にいっそうの大胆さをあたえる。
(ルソーのことば『告白』より)


back    home

TOP  トピックス
ミッション 田舎暮らし情報センター ヒストリー&プラン サポーター&スタッフ よくある質問(FAQ) 
里山交流研修センター みらいのちから AYABE QUEST リンク集 里山ねっと通信 メイルニュース
出逢いネットワーキング つばさがはえるちず 人の宇宙 地域資源データベース こころの風景 綾部発★EVENT★21 
綾部のサークル 
意見公募 里山素材商品開発研究所 AYABE JAPAN
里山的生活 WEEKLY MESSAGE THE BEAUTIFUL DAYS スローな旅をしよう 空想書斎 カントリーウォーク 
導かれて綾部へ 他火研 古民家空家情報 里山系★未来の言葉 農家民泊 21世紀のおすすめ本100册 
里山力研究所 
パン窯でパンを焼こう 森林ボランティア あやべ里山そば塾 町屋と茅葺民家
あやべアグリフレンド
※リンク及びWebページ等への掲載についてはayabe@satoyama.gr.jpまでお問い合わせ・ご連絡をお願い申し上げます。
※このホームページに掲載されているすべての画像について無断転用・無断掲載をお断りいたします。

Copyright (c) 2000-2005. All rights reserved by SATOYAMA NET AYABE