里山ねっと最新トピックス

------------------------------------------
・・・・・・・■インフォメーション■・・・・・・・
-現在、
発売中の隔月誌『大人組』 で
綾部の農家民泊「モモの家」が
カラー4Pで
大きく紹介されています。


●隔月誌『大人組』(7・8月号)
--------------------------------------------
現在、発売中の隔月誌『大人組』(7・8月号/プラネットジアース) で綾部の農家民泊「モモの家」がカラー4Pで大きく紹介されています。
ぜひ書店で手におとりください。------------------
●参加者募集中です!
--------------------------------------------
田舎暮らしに近づこう、
さっそく、綾部に行ってみよう

◇◆◇◆◇◆ 座談会《田舎暮らし》 ◇◆◇◆◇◆
〜田舎暮らしに近づこう、さっそく、綾部に行ってみよう〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
近い将来田舎暮らしを実現するために、綾部の人々との交流を通して心地よい汗を流す体験をし、農山村暮らしについて楽しく学ぶ講座を開催します。
実施日 平成17年7月31日(日)10時〜16時
日 程
****************************************
*  9:30 受付開始 *
* 10:00〜14:00 体験と昼食づくり、昼食 *
* ◎ こんにゃくづくり     地元の女性グループ *
* ◎ ピーマンの収穫作業    地元のピーマン農家 *
* ※こんにゃくとピーマンいずれかを選択して体験します。 *
* ◎ みんなで昼食準備と昼食 *
* ※白ごはん、刺身こんにゃく、夏野菜・山菜の天ぷらなどです。*
* 14:00〜15:50 座談会 *
*  ◎「田舎ぐらし実践中!−農業、仲間、集落、習慣等−」 *
*                    みず菜農家 *
*  ◎「綾部市の紹介」         綾部市役所 *
*  ◎「都市農村交流と農村移住」    里山ねっと・あやべ *
* 16:00 現地解散 *
****************************************
開催場所  綾部市観光センター(綾部市八津合町、現地集合です)
募集人数  30名(田舎暮らしを検討している方、大歓迎)
(先着順・定員に達し次第締め切ります)
参加費 おひとり 3,000 円(体験料・昼食等)
★ 申し込み先とお問い合わせは ★
京都府中丹東農業改良普及センター( 担当:柴田、松藤、乾 )
(電話)0773−42−2255
(FAX )0773−42−0191
(e-mail) chushin-no-higashi-nokai@mail.pref.kyoto.jp
※ 申込みは7月26日(火)までにお願いします。
================================================
主 催  京都府中丹東農業改良普及センター
協 力  綾部市
================================================

初めての米づくり
あやべ里山米作り塾
塾生募集

里山ねっと・あやべでは今年度より、地元農家の協力を得て、第1回目の「あやべ里山米作り塾」をおこなう運びになりました。
5月7日(土)と8日(日)に田植え(先達指導による手植え、または
機械植え体験)をおこないます。里山の原風景に浸りながらの米作りを
始めてみませんか?

■活動日程

5月7日・8日(コシヒカリ苗の田植え)※希望日選択
6月中旬(畦の草刈りなど)
7月中旬(中干し作業や案山子づくり、草刈作業など)
9月上旬(稲刈り)
10月下旬(収穫祭)

■募集定員

50名(定員になり次第、締め切らせていただきます)

■応募方法
電話、FAX、郵便、メールなど
(参加者氏名、電話、住所をお知らせください)

■応募締切
2005年4月28日(木)

■会  費
10,000円(家族で参加の場合は2人目から
1人3,000円)※当日は簡単な昼食を準備いたします。
現地までの交通費は各自ご負担ください。

会員特典
作業参加1回につき、収穫米1kgを収穫祭の日にお持ち帰りいただけます。家族の方には参加1回につき500gとなります。
     
詳細をお知りになりたい方は募集チラシがございますので、里山ねっと・あやべ事務局までお問い合わせください。
電話0773−47−0040、またはayabe@satoyama.gr.jpまで。
※また5月7日(土)と8日(日)には田植え体験もおこなっています。
募集定員は50名、会費は3,000円(家族での参加は2人目から1人1,500円となります)、収穫米のお土産付(収穫後)です。
当日は簡単な昼食をご用意いたします。
希望日をどちらか選択ください。応募締切は田植え塾と同。

詳しくはこちら▼

NHK衛星放送開始
15周年記念番組
「初夏 里山の音景色」で
綾部が「トリ」で登場します。

内容:長野県の雪解け水、京都市内の竹林、徳島県のカエルの音など全国各地の里山を約15ヶ所訪ねて、その土地の「音」に耳を傾け、音と映像で紹介するもの。綾部の内容:農家民泊「素のまんま」で芝原キヌ枝さんが炊く五右衛門の音、綾部に移住された山中衛さんが都会では聞けなかった音について、来年、統合予定の奥上林小学校の木造校舎の渡り廊下の音、など。
(里山ねっと・あやべも少しでるかもしれません・・・)

放映日等:2004年6月27日(日)午後1時〜4時45分
(※綾部は4時台です)
NHK衛星第2放送(BS2)

綾部に初めての
市民農園が開園されます!

綾部市では昨年、構造改革特区に「綾部市農村交流促進特区」を申請、 農業者が市民農園を開設することができるようになりました。
里山ねっとの事務局がある綾部市鍛治屋町において、綾部市第1号の市民農園が開設されます。5月2日(日)午前11時から説明・受付会が開催されます(会場・里山ねっと)。みなさまもいかがですか?

名称:市民農園「実里ファーム」
目的:鍛治屋地域の農地の荒廃を防ぎ、遊休農地の活用をおこなう。また
都市と農村の交流を広げ、各種イベントをも開催し、地域の活性化を目的とする。
位置:綾部市鍛治屋町中の坪10〜13番地(里山ねっとから徒歩約3分)
面積:3,800平方メートル
区画:78区画(1区画35平方メートル)
貸付期間:3月1日〜翌年2月末までの1年間
賃料:1区画6,000円(平成16年は5,000円)
施設:なし
貸与農具:鍬、鎌、スコップ、バケツ、ジョウロ等最低必要なものは一定数設置
貸与対象者:市内外問わず
貸与責任者:山下民雄
その他:利用者と地元ととの交流を深めるため年間2〜3回イベント開催予定

受付方法:5月2日(日)11時 説明会を里山ねっとにて開催
先着順の受付、賃料前払いの契約(要印鑑、)となります。
お問合せは事務局(電話0773−47−0040、ayabe@satoyama.gr.jp)へ。


「小畑里山庵」が
誕生しました!

「森林ボランティア」や「里山そば塾」などのメンバーに使っていただく会員制のスペース「小畑(おばた)里山庵」が誕生しました。空き家となっている古民家を活用したもので里山ねっとの事務局から車で3分、歩いての約1.5キロほどの距離にある立派なお家です。場所は綾部市小畑(おばた)町。ご利用について等、詳細は事務局まで。ayabe@satoyama.gr.jp TEL:0773−47−0040

小畑里山庵の清掃作業を森林ボランティアなどの有志で行っています。
関心のある方は事務局まで。


『和風が暮らしいい。』に
海老ヶ瀬邸が紹介されています!


主婦と生活社が発行する『和風が暮らしいい。』(15号/『美しい部屋』別冊)に海老ヶ瀬保さん(陶芸)・順子さん(織・染色)夫妻のすてきな家がカラー4ページに渡って紹介されています。
「やっぱりあこがれ古民家暮らし」特集。
季刊誌ですので、次号発売(3月初旬)まで店頭に並んでいます。
ぜひ手にお取りくださり、海老ヶ瀬さんのすてきな暮らしを、綾部の風を感じてください。とてもすてきな雑誌です。

手打ちそば教室、
おこないます!


(財)永井記念財団との連携により、開講した「あやべ里山そば塾」では 昨日12月6日、収穫できた「そば」を使ったそば打ちを無事おこなうことができました。須藤定平さん(里山ねっと主催の「田舎暮らし初級ツアー」が縁で綾部に移住され、そば匠「鼓」を睦寄町に開業)の指導の下、みんなが 手打ちそばにチャレンジ、おいしいそばを食することができました。

この度、里山ねっと・あやべでは、株式会社緑土(あやべ温泉経営)と連携し一般を対象にした「手打ちそば講習会」を行なうことになりました。
講師は、同じく須藤さんです。詳細は下記の通りです。ふるってご参加ください。

日時:12月13日・20日、1月10日・17日・24日・31日、
   2月は開催なし、3月6日・13日・20日・27日
すべて土曜日/1日2回(午後4時〜、または、午後6時〜)/計20回。
場所:綾部市二王公園バーベキューハウス(綾部市睦寄町、あやべ温泉近く)
参加費:3,000円(1人1回分)、そば塾卒業生は2,000円
定員:1回10人まで(最少人員5人)
お問合せ:里山ねっと事務局まで。ご希望日時をお聞かせください。チラシあります。
電話0773−47−0040、またはayabe@satoyama.gr.jpまで。


1月号の『田舎暮らしの本』
(宝島社)で
綾部が紹介されました!


12月初旬発売の『田舎暮らしの本』(2004年1月号)で里山ねっとのホームページですてきなエッセイ「導かれて綾部へ」を書いてくださっている山中衛・純子夫妻、里山ねっとのお隣にある「空山の里」でまちづくりに励まれている上田浩介・典子夫妻、そして、あかり作家の大石明美さん、また、綾部市の新しい取り組み(菜園付き住宅地「檪の里」、アグリフレンド、空家情報制度)や里山ねっと・あやべの活動が12ページにわたって、大きく紹介されました。
田舎暮らしといえば・・・『田舎暮らしの本』といわれるくらいバイブル的存在です。
「綾部という種子」がまた全国各地に蒔かれていきます!
ぜひ書店でチェックしてみてください!
http://www.takarajimasha.co.jp/inaka/


9月14日(日)、
TBS「笑顔がいちばん」で
全国デビューしました!


毎週日曜日、午前7時から30分、TBS系列(関西はMBS毎日放送)で全国放送される「笑顔がいちばん」で、里山ねっと・あやべの活動(農家民泊、そば打ちなど)が、9月14日(日)に放映されました。

http://www.tbs.co.jp/smile/thisweek/489.html
http://www.tbs.co.jp/


季刊誌『やさい畑』
(家の光協会)で
綾部が紹介されました!


家の光協会(JAグループ)が発行する季刊誌『やさい畑』は、市民農園や家庭菜園をされる主に都市部の野菜づくり愛好者のための雑誌です。昨年より、農家民泊による心豊かな旅「人に出会う旅、農に出会う旅」の企画を始められました。
農家民泊で有名な大分県の安心院(あじむ)町、岩手県遠野、長野県の安曇野と続き、なんと今回綾部が登場しました。
フードジャーナリストの平松洋子さんとフォトジャーナリスト・写真家の菅洋志さんが訪れ、農村風景や畑、田舎の暮らし、自家製野菜の漬物や保存食、郷土料理など、取材をされてました。
綾部の農家民泊を紹介くださる『やさい畑』はこの8月16日、全国の書店に並び、芝原キヌ枝さんやアトリエ夢旅人舎の関輝夫さん・範子さん夫妻が登場予定です。ぜひ書店でお求めください!綾部の魅力が満載です!