ayabe: 2010年3月アーカイブ

里山ねっと・あやべ(綾部市里山交流研修センター)への交通にご利用いただいている「あやバス」ですが、

2010年4月1日からダイヤ改正にてお昼の発着時間が変わりました。

http://www.city.ayabe.lg.jp/view.rbz?nd=153&of=1&ik=1&pnp=20&pnp=153&cd=2785

(綾部駅南口⇒かじや)
3月31日まで=12:10→12:36
4月1日以降=12:30→12:56

(かじや⇒綾部駅南口)
3月31日まで=13:09→13:35
4月1日以降=13:29→13:55

*のりば:JR綾部駅南口(綾部観光案内所前)
*路線名:西坂線(九社神社前方面行)

以下は2010年3月31日までの時刻表

綾部駅南口→かじや
10:10→10:36/12:10→12:36/14:10→14:36/18:10→18:36

かじや→綾部駅南口
07:09→07:35/11:09→11:35/13:09→13:35/15:09→15:35

以下は2010年4月1日以降の時刻表

綾部駅南口→かじや
10:10→10:36/12:30→12:56/14:10→14:36/18:10→18:36

かじや→綾部駅南口
07:09→07:35/11:09→11:35/13:29→13:55/15:09→15:35

|

綾部里山交流大学2010年3月講座「すべての人が社会起業家になる時代に向けて」 【終】
http://www.satoyama.gr.jp/topix/2009/08/post-165.html

参加者のおひとり、さかきばらけいすけ様がブログで紹介くださいました。
「さかきばらけいすけ(ぬん)のブログ」
http://nunyoga.seesaa.net/article/144808336.html
http://nunyoga.seesaa.net/article/144813664.html

2010年3月21日綾部里山交流大学 講演レジュメ

佐野章二のミッション――ビッグイシューが変えようとするもの

(有)ビッグイシュー日本代表 佐野章二

0.ビッグイシューの現場 DVD『目指せ 路上脱出』(07.10.24読売テレビ「ニューススクランブル」)

1.ビッグイシューが考えるホームレス問題って?

 (1)人はなぜホームレスになるのか―身近な絆や、つながりの喪失
  (2)ホームレス問題のいま―若年化する日本のホームレス
  (3)自立を応援するビジネスは可能か―自立へのステップ、応援の事業化

2.ビッグイシューが変えようとする活動と事業――その7つの特徴

 ① 明日につながる支援―仕事の提供、緊急支援から自立支援へ
  ② モノ、カネではなくチャンスを提供する
  ③ 問題の当事者を問題解決の担い手にする
  ④ ビジネスの手法を使う社会的企業
  ⑤ ホームレスはビジネスパートナー
  ⑥ ボランティアが参加するハイブリットな会社経営組織
  ⑦ NPO法人と両輪の活動

3.ビッグイシューがつくる市民とホームレスの関係―排除から包摂へ、7つの壁破る仕組みづくり

① 市民はホームレスを嫌っている(差別の壁)
→働くホームレスへの共感、仕事は対等な関係をつくる

②ホームレスは働かない(労働の壁)
→ありがとうコミュニケーション、街角コミュニティ

③前例なきホームレス支援に資金集まらない(資金の壁)
→市民パトロン

④市民とホームレスをつなぐ商品はつくれない(技術又は商品開発力の壁)
→若者のオピニオン誌

⑤若者はホームレスから雑誌を買わない(販売の壁)
→ホームレス人生相談

⑥路上での雑誌販売は不可能だ(規制の壁)
→パブリックガイド

⑦日本で社会的企業は成立、存続しない(営利の壁)
→新たな販売・流通ルートの創造、最後の対面販売

4.ビッグイシューの包摂、自立応援のプログラム――三点セットの自立と社会復帰

(1)社会生活自立 ①相談援助(生活、医療、住宅など)②依存症克服 ③若者ホームレス ④就業復帰 ⑤金銭管理

(2)就業トレーニング ①キャリア相談 ②就職活動準備 ③就業トレーニング
  ④仕事開拓と斡旋 ⑤就業後の相談とフォロー

(3)文化スポーツ活動 ①交流サロンの設置 ②講習会 ③同好会

④専門家とのコラボレーション ⑤社会的・国際的活動

 

綾部里山交流大学2010年3月講座「すべての人が社会起業家になる時代に向けて」
宮治勇輔さん

綾部里山交流大学2010年3月講座「すべての人が社会起業家になる時代に向けて」
山崎善也・綾部市長挨拶

綾部里山交流大学2010年3月講座「すべての人が社会起業家になる時代に向けて」
山本繁さん

綾部里山交流大学2010年3月講座「すべての人が社会起業家になる時代に向けて」
塩見直紀案内の村散歩に宮治さん・山本さんもご参加

綾部里山交流大学2010年3月講座「すべての人が社会起業家になる時代に向けて」
佐野章二さん

綾部里山交流大学2010年3月講座「すべての人が社会起業家になる時代に向けて」
田中進さん

綾部里山交流大学2010年3月講座「すべての人が社会起業家になる時代に向けて」
木村真樹さん

綾部里山交流大学2010年3月講座「すべての人が社会起業家になる時代に向けて」
3/21夕食

綾部里山交流大学2010年3月講座「すべての人が社会起業家になる時代に向けて」
中川誼美さん

綾部里山交流大学2010年3月講座「すべての人が社会起業家になる時代に向けて」
参加者がひとりずつ「社会起業家になる時代に向けて」企画発表

綾部里山交流大学2010年3月講座「すべての人が社会起業家になる時代に向けて」
3/22昼食

綾部里山交流大学2010年3月講座「すべての人が社会起業家になる時代に向けて」
終了後、「あやバス」で帰途に

|

=======================
お陰様で終了しました。

■開催風景写真
http://www.satoyama.gr.jp/topix/2010/05/post-195.html

■塩見直紀によるブログレポート
http://plaza.rakuten.co.jp/simpleandmission/diary/201005150000/
http://plaza.rakuten.co.jp/simpleandmission/diary/201005160000/
=======================

綾部里山交流大学2010年5月の里山生活デザイン学科は「初夏の里山編」です!

 豊かな里山の地・綾部を舞台に、綾部の農的実践者(先達)、カリスマ農家、田舎暮らし先駆者等から、土に根ざし、創造的に生きるための技術やヒントを講座や実習等で学んでいただく里山生活デザイン学科(=1泊2日の実技系講座)を5月15日(土)~16日(日)に開催します。

 夏編、冬編、旧正月編に続いて、4回目となる今回は、「初夏の里山編」とし、「田植えのある生活」をテーマにおこないます。

「初夏の里山編」
2010年5月15日~16日 1万8千円(1泊3食込)

【こちらの申込フォームからお申し込みください】
http://www.satoyama.or.jp/modules/bmsurvey/survey.php?name=gansyo

内容は盛りだくさん(予定です)

■里山ねっと・あやべの近くにある静かな人気散策地「お地蔵様と一本檜」そばでの田植え体験
■綾部の人気移住地で始まった「志賀郷 田舎手作り三土市」訪問(綾部のUIターンの代表的な人に会え、交流できます)

■中村明弘さん(土恋処農園)のトーク
■初夏の里山をテーマにした自然食料理
■山ブキ・水ブキ採りと佃煮づくり
■綾部に移住されたアーティストのお宅訪問(草木染作家 森口靖彦さん・雪枝さん)

などの内容を予定しています。

**********************************

★土曜に調理実習・日曜に田植えの予定でしたが、天候の関係から両者をさしかえ、土曜に田植え・日曜に調理実習とさせていただきます。


綾部里山交流大学「初夏の里山編」

(5月15日土曜)

12:30 綾部駅集合 綾部の人気移住地・志賀郷(しがさと)へ移動

移動の車中、開講式(挨拶、自己紹介など)

13:00~14:30
志賀郷手作り市「三土市」見学(地元のカリスマ農家、移住されたアーティストなど

綾部のキーマンに一同に会えます。)案内:塩見直紀(半農半X研究所)

14:30~15:30
移動・着替え

15:30~17:30
「田舎暮らしの基本 「田植え」入門(指導:あやべ里山米づくり塾長・山下市郎氏ほか)

17:30~18:30
お風呂

18:30~19:30
夕食:里山自然食料理(プロデュース:トヨサト食堂ネットワーク)

19:30~21:00
志賀郷地域に移住された若い世代による里山暮らしトーク
ゲスト:中村明弘さん(土恋処農園)

21:00~
懇親会

(5月16日 日曜日)

7:30
朝食(プロデュース:トヨサト食堂ネットワーク)

8:10~9:00
村を歩こう......「村散歩」(案内:塩見直紀(半農半X研究所)

9:00~9:30
里山の食の学校・採取編 里山での「フキ採り」(ミズブキ、ヤマブキ)

(指導:里山ねっと・あやべ・四方久野、塩見直紀)

9:30~12:00
里山の食の学校・料理編 「フキ料理」(佃煮づくりなど5品ほど)

(指導:里山ねっと・あやべ:田中仲江・四方久野)

12:00~13:00
昼食(プロデュース:トヨサト食堂ネットワーク)

13:00~15:00
綾部に移住されたアーティスト宅訪問と話:
草木染作家 森口靖彦さん・雪枝さん

15:00~16:00 閉校式

★終了後、綾部駅までお送りいたします。駅まで車で20分くらいですので、16:30頃には綾部駅ご到着、16:59綾部駅発の特急にお乗りになれることは確実です。16:59の特急のあとは17:15発の鈍行、17:41発の急行と続きます。(京都方面を想定)

**

京都府綾部市志賀郷町 
土恋処農園 
中村明弘さん・千恵さん

「土恋処(どっこいしょ)農園」の農園主・中村明弘さん(38)は大阪府豊中市の出身です。

幼いころから両親と家庭菜園を楽しみ、玄米を食してきたそうです。

高校卒業後、4年近くをかけて沖縄から北海道まで自転車で巡る旅をしました。
サトウキビ畑や牧場など、旅先で働きながら現地の人々の暮らしにふれました。
さらにピースボートの世界一周の旅にも出発。
旅を通じて、北海道のアイヌの人々の自然に対する考え方や思想、
ハワイの先住民の生き方、自然と一体の暮らしぶりに大きな影響を受けました。
20代半ば、「日本に帰って百姓になりたい!」という夢が生まれました。
旅先で千恵さんと知り合り、結婚。就農した先輩のつてを頼って兵庫県豊岡市(旧但東町)で就農したのは26歳のときでした。
3人の子宝(みんな男の子!)に恵まれた中村夫妻。
旧但東町では畑2反、田んぼ3反で四季折々の作物を作り、
個人を中心に宅配、また小売店やレストラン、助産所に野菜や加工品を届けてきました。
手作りの暮らしの中から生まれるものを通じて、おいしさと幸せを共有していきたい。
暮らしが仕事であり、仕事が暮らしであることを知ってほしい。
そんな思いから農園の品々(大地の恵みであるお米、旬の野菜、田畑でとれた素材を活かした農産加工品、心と体にやさしいナチュラルスイーツなど)は
「暮らしの中から生まれるものたち=MADE IN LIFE」と名付けています。
Iターンで兵庫・豊岡で10年余り過ごした中村さん一家。
その後、縁あって、綾部の志賀郷に2009年春、再移住されました。
たくさんの仲間に支えられながら「農をベースにした手づくりの暮らし」を目指し、
新たな土地・綾部で「志賀郷(しがさと)生活」を楽しんでおられます。

**

----------------------

「綾部里山交流大学」2010年度

【交流デザイン学科】日程調整中

・2泊3日コース(2万5千円)
・1泊2日コース(1万8千円)

【里山生活デザイン学科】日程調整中

・1泊2日コース(1万8千円)

志賀郷田舎手作り三土市 が2010年4月17日よりはじまります。

毎月第三土曜日にオープンします!
時間は9:00~16:00です。
毎回楽しいイベントあり!
ふるさとを見つけに
京都府で移住者が増えていることで
今注目されている田舎町、綾部の志賀郷!
どうぞお越しくださいませ。

■4月17日
☆イベント
①しいたけの菌打ちワークショップ
 myしいたけの木を作ろう!
②お米の井上(地元農家)がご案内トントン馬車
 志賀郷の穴場につれていくよ~

☆出店
志賀郷地元の農産物
子供手作り市
あやべ作業所
瀬戸川さんの野菜とチャイ
水田家の食卓の農産物と加工品
土恋処農園(どっこいしょ農園)農産物と加工品
あやべ作業所・大人気のあやぼうろとココロクッキー他
蕎麦仕事・あじき堂
宮園さん家の春の野草料理
大槻さんの猪汁
コスモスさんの春の丹後寿司
ひだまり屋のサータアンダギー
和太鼓しだらのたこやき
花伝院のおやき
黒土さんの織物
創る和紙職人ハタノワタルの和紙
春日工房の木工と染めもの
大塚さんの布クラフト
下山さんの竹細工
岩崎君の竹炭
梅原さんの笛
株さんの焼き物
大倉さんの花
山田君の革クラフト
山崎さんの竹細工
石井さんの押し花

井上晴政さんの蓮
スタジオワンの陶器
榊原さんのまゆ細工
あいねのぽんがし
ちよちゃんの地下足袋

まだまだたくさん!(今月の三土市)
翌18日は志賀郷 奥山 ― 登尾峠のお花見があります。志賀郷の春はイベント目白押しですね。(マエダ)

登尾峠の道しるべにみちびかれて奥山の尾根をぬた場まで歩きませんか

行程:
登尾峠~奥山の尾根~三角点(403m)~ぬた場 道しるべの学習会全行程6km
講師:
川端ニニ三郎氏(綾部史談会副会長)
日時:
3月29日(月)午前9時(集合)~午後2時
雨天の場合は3月30日(火)に順延
集合場所:
二俣口
参加費:
300円(保険料、資料代を含みます。)
申込先:
志賀郷公民館TEL:0773-49-0201FAX:0773-49-0697
担当役員:倉橋喜八(仁和町)TEL:49-1756
締切:
3月25日(木)

備考

  • 昼食・飲み物はご持参下さい。
  • 保険加入の為住所、氏名、年齢をお知らせ下さい。
奥山の地図

春の山へようこそ
=============================
綾部・志賀郷 奥山 ― 登尾峠のお花見
~桜の名所づくり十七年目の春~
=============================

2010年4月18日(日)

10時~12時半

参加費 300円
(おにぎり・山菜天ぷら・保険)

【申し込み先】
志賀郷公民館       TEL:0773―49―0201   FAX:0773―49―0697
あやべ観光案内所  TEL:0773―42―9550    FAX:0773―42―8514
里山ねっと・あやべ  TEL:0773―47―0040   FAX:0773―47―0084


(1)バスのお客様
あやバス志賀南北線
「綾部駅南口」9:26発「八丁」9:49着
⇒八丁から会場へは送迎いたします

(2)自動車のお客様
内久井町の奥「二俣口」に9:45までに
来てお待ちください。
⇒二俣口から会場へは送迎いたします

ワクワク・ドキドキがいっぱい
■ フラメンコ《村上幸子さん》

■ 太鼓・詩吟・笛《地元の皆さん》

その他おいしいものがあります
当日の参加の方もぜひどうぞ

■ カフェ《Caféまぃまぃ堂さん》
■ 手打ちそば・あったかおろしそば《あじき堂さん》
■ ソーダブレッドほか春のおやつ《水田家の食卓》

※小雨決行
※荒天には志賀郷公民館多目的ホールで開催します

秋は植樹
夏は草刈り
春のお花見 に

舞鶴からも
福知山からも
来られています

作業をみんなでいっしょにしませんか?
問合わせ先:広沢直子(0773―49―0331)

奥山は志賀郷地区住民みなさんの共有財産です。桜だけでなく、山菜などの自然の恵みも、未来へ大切に育んでゆきましょう。

【主催】
志賀郷に桜を育てる会

【後援】
・綾部市
・NPO法人 里山ねっと・あやべ

【協賛】
・志賀郷地区自治会連合会
・社団法人 志賀郷和会

志賀奥山花見20100418

|