ayabe: 2009年4月アーカイブ

楮の芽が出ました。

|

白道路(はそうじ)楮生産組合の山岡様から楮(こうぞ)の苗木をご提供いただき、

綾部市里山交流研修センターの敷地内に植えましたが、

苗木から芽がでてきました。

http://www.satoyama.gr.jp/topix/2009/03/post-141.html

楮

2009年4月30日(木)、NHK第一ラジオ「ここはふるさと旅するラジオ」が綾部市里山交流研修センターから中継され、里山ねっと・あやべなどが出演しました。

http://www.nhk.or.jp/radiodir/80chan/

NHKの皆様、ありがとうございます。

2009年4月30日(木)於 綾部市里山交流研修センター

(出演者)
・里山ねっと・あやべ事務局長 前田吉範
・半農半X研究所 塩見直紀
・黒谷和紙協同組合 福田清組合長
・綾部市茶生産組合連合会 中田義孝会長


地元の方々をはじめとして、ご見学いただいた皆様、ありがとうございました。

http://www.satoyama.gr.jp/topix/2009/04/nhk.html

それぞれの工房展 '09

|

綾部近辺に移住され、創作活動をされている
工房・作家の自宅での作品展
「それぞれの工房展」が今年も開催されます!

みなさまもぜひ里山で至福のときをお過ごしください!

「それぞれの工房展 '09」

日時:2008年5月3・4・5日

各10時~17時

会場:以下の4工房(自宅アトリエ)が会場になります。

●「春日工房」=春日 英克(家具製作家)・粧(染色家)
 福知山市大江町尾藤(びとう)山の上846
 電話0773-56-1751
 ※綾部市西坂町から府道西坂・蓼原線へ、目印あります。
http://www.t-craft.com/kasuga/

●「スタジオ・トノノ」=小池 靖(ガラス工芸作家)・由佳子(漆工芸作家)
 綾部市金河内(かねごち)町柏在1
 電話0773-49-1570

●「海老ヶ瀬工房」=海老ヶ瀬 保(陶芸家)・順子(染織家)
 綾部市白道路(はそうじ)町北口57
 電話0773-49-0100
http://www.h7.dion.ne.jp/~ebigase/

●「CANNA」(木工)=今西美咲・山口有美子
 福知山市大江町高津江486
 電話0773-57-0998
http://crsel.jp/canna/

リンク:

概要と地図
http://www.t-craft.com/kasuga/schedule.htm
http://www.h7.dion.ne.jp/~ebigase/sakuhintenanai.htm

それぞれの工房展 '07
http://www.satoyama.gr.jp/blog/topix/archives/2007/04/post_58.html

それぞれの工房展 '08
http://www.satoyama.gr.jp/topix/2008/04/post-78.html

 

 

それぞれの工房展 '08

期日

内容

細目

会場

※4月30日

NHK第一ラジオ「ここはふるさと旅するラジオ」

「ここはふるさと旅するラジオ」に里山ねっと・あやべなどが出演予定

綾部市里山交流研修センター(鍛治屋町)

※移動中継車による中継

4月30日~5月2日

そば打ち会

手打ち蕎麦講習会。各日10時からと14時から。

綾部市里山交流研修センター(鍛治屋町

5月2日~3日

綾部里山交流大学

マスターコース

「情報発信学」

講師:塩見直紀

参加費:18000円

情報発信のための感受性、地域資源の発掘、価値創出、交流デザイン、コンセプトメイク、

キーワードづくり、ベースとなる価値観・哲学・思想など

綾部市里山交流研修センター

5月10日

里山山菜まつり

野外で山菜料理提供

参加費:3000円

綾部市小畑町(集合は綾部市里山交流研修センター)

5月10日

石窯パン教室

1200円

綾部市里山交流研修センター

5月16日・17日

米作り塾(5月以降の通年イベント)

5月は田植え作業

参加費:1回4000円

通年(5回)12000円

綾部市白道路町

5月17日

茶摘み体験

茶摘み、簡易製茶体験など2500円

綾部市小西町&綾部市里山交流研修センター

5月23日

森林ボランティア

1000円(通年4000円)

綾部市里山交流研修センター

6月14日

石窯パン教室

1200円

綾部市里山交流研修センター

6月20日

森林ボランティア

1000円(通年4000円)

綾部市里山交流研修センター

6月20日~21日

綾部里山交流大学

講師=宇根豊氏・大江正章氏ほか 20000円

綾部市里山交流研修センター

6月

米作り塾

草取り作業など

参加費:1回4000円

通年(5回)12000円

綾部市白道路町

7月11~12日

綾部里山交流大学

里山生活デザイン学科

18,000円

綾部市里山交流研修センター

7月12日

石窯パン教室

1200円

綾部市里山交流研修センター

7月18日

森林ボランティア

1000円(通年4000円)

綾部市里山交流研修センター

7月26日

米作り塾

案山子作りなど

参加費:1回4000円

通年(5回)12000円

綾部市白道路町

綾部市里山交流研修センターの施設工事のお知らせとお願い

綾部市里山交流研修センターでは5月から6月にかけて、施設の補修工事が行なわれています。

対象は食堂・浴室棟・体育館で、いずれも屋根の工事です。施設内部の利用自体は通常通り可能で、利用予約の受付にも影響はありません。

従いましてご希望に応じていつも通りご利用いただけます。

ただ工事期間中、足場を組んだり工事車両が出入りしたりしますので、ご利用のお客様はご注意ください。

特にお子様をお連れの場合は保護者・引率者の方はお子様から目を離さないようご注意ください。

具体的な工事期間については追ってご案内いたします。

【開催日】
 2009年5月17日(日)
【募集定員】
 20名(定員になり次第締め切り)
【応募方法 】
 参加者氏名、住所、連絡先、里山ねっとまでの
 交通手段を郵便/電話/FAXでご連絡下さい
【会費】
 2500円(開催当日払)
【集合】
 5月17日10:30
 綾部市里山交流研修センター(里山ねっと・あやべ)
※「あやバス」ご利用のかたは、10:36「かじや」バス停到着の号で結構です。
【当日の昼食】
 おにぎりと簡単なおかずを準備いたします。

※お土産用として地元産「煎茶」のご注文を承ります。5月15日までに
お申し込み頂ければ当日、お持ち帰りいただけます(100gあたり500円)。

 五月晴れの里山で、名産の茶摘みを体験しませんか?
 里山の丘陵部に拡がる茶畑から「茶摘み歌」が聞こえてきそう。茶摘み後、あなたの手で緑茶を仕上げる簡単製茶「かまいり茶」体験が楽しめます。できあがった「かまいり茶」をお持ち帰りいただけます。
 例年好評の茶つみ体験。1年で1回だけのイベントです。

 お茶は綾部の特産品で、農林水産省の品評会で表彰を受けるなど、全国的にも高い評価があります。丹波特有の茶作りに最適な気候風土で栽培される綾部茶。まろやかな味、鮮やかな色合い、そして豊かな香りが特徴です。

 ■会場までの交通費は参加者の自己負担となります。
 ■着替え(作業衣、タオル、日除け帽子、作業靴、雨具)をお持ちください。
 ■公共交通機関利用の方は事前に事務局までご相談下さい。

特定非営利活動法人
里山ねっと・あやべ
〒623―0235京都府綾部市鍛治屋町茅倉9番地
TEL:0773―47―0040 FAX:0773―47―0084
http://www.satoyama.gr.jp
ayabe@satoyama.gr.jp

かまいり茶
(かまいり茶)

茶つみ2009

NHK第一ラジオの移動中継車が綾部市里山交流研修センターに来ます。
http://plaza.rakuten.co.jp/simpleandmission/diary/200904100000/

平日月~金の昼に放送されている「ここはふるさと旅するラジオ」で、
http://www.nhk.or.jp/radiodir/80chan/
「幸喜山荘」横から生放送で全国中継されます。

出演予定者は
半農半X研究所/里山ねっと・あやべ 塩見直紀
黒谷和紙協同組合 福田清組合長
綾部市茶生産組合連合会 中田義孝会長
です。

(ラジオですので顔はうつりませんが)市民の皆様、当日の見学歓迎です。

京都三条ラジオカフェ(FM79.7MHz)

http://radiocafe.jp

に里山ねっと・あやべ・塩見直紀が出演します。

2009年4月14日(火)
午前10時40分ごろから約10分間

安喰さんのそば打ち会(2009/4/30~5/2)

2009年4月30日から5月2日の3日間

第1部10時~

第2部14時~

・要予約。第1部、第2部とも定員は数名の募集です。

・メニュー

......二八そば(そば粉8割に2割の小麦を混ぜます。)一打ち2,000円
......十割そば(福井産そば)一打ち3,000円

・使用する粉も異なりますので、予約時に二八か十割かをご選択ください。

・ご自分で打った蕎麦をゆでて、試食される場合は、お一人500円加算してください。薬味などをご用意いたします。

・一打ちは500gで、およそ5人前のそばが打てます。

・例えばご家族4人で二八そば一打ちして、4名で試食する場合は、2000円+500円×4名=4000円になります。

・エプロン、バンダナや三角巾など頭を覆うもの、お持ち帰り用の入れ物をご用意ください。
 

(安喰 健一)あじき けんいち

 10年前、福井県で蕎麦と出会う。
心を打たれ、鯖江市にある「手打ちそば処だいこん舎」にて5年間修行。
 その後は店舗を構えずに出張のスタイルで、東京・大阪・千葉・福井などで蕎麦給仕を行う。
 縁あって2008年1月より京都府綾部市に移住。
 農のある暮らしを切り開くことと、そばを接点に対話できる機会を作ってゆくことを目指す。
 1972年 兵庫県神戸市出身
ひと言...「そば粉と水が合わさる時が一番良い香りがするのです。触れた人にしかわからない喜びのひとつですね。そばはつながります。初めての方でも安心してご参加くださいね。」


【申し込みとお問い合わせ】
NPO法人 里山ねっと・あやべ
〒623-0235綾部市鍛治屋町茅倉9番地
電話:0773-47-0040
FAX:0773-47-0084
http://www.satoyama.gr.jp
Mail

安喰そば打ち20090215開催風景

EONETのかんさい動画News「キッズ・キッチンにおいでよ」に綾部が登場しています。

http://eonet.jp/eohikari-ch/kids/

講師=料理研究家 坂本 廣子さん

小畑地区を舞台として里山ねっと・あやべの村上正理事も出演しています。

(引用)「伝えよう ふるさとの味 クッキング!」今回は、京都府綾部市の子供たちが地元で採れた水菜や大根を使って料理に挑戦します。(引用)

(おわび)
最少催行人数に達しなかったため開催を中止させていただきます。申し訳ございません。[2009/6/10記]

----------------------------------

綾部里山交流大学2009「6月講座」
農的感性学-いま、なぜ農的感性なのか

2009年6月20-21日

講師:宇根豊さん、大江正章さん、久保田豊和さん、塩見直紀

■宇根豊さん
NPO法人「農と自然の研究所」( http://hb7.seikyou.ne.jp/home/N-une/ )代表理事、日本有機農業学会副会長。1978年、「減農薬運動」を提唱し、「虫見板」を普及させる(現在16万枚普及)。県庁退職後、設立したNPO法人「農と自然の研究所」は第7回「明日への環境賞」(朝日新聞社主催)を受賞。現在は、百姓をしながら、自ら環境稲作の開発にとりくむほか、百姓の実践を理論化、思想化すべく精力的に講演、執筆活動も行う。『国民のための百姓学』は、第21回農業ジャーナリスト賞受賞。

宇根豊さん

■大江正章(おおえ・ただあき)さん

コモンズ( http://www.commonsonline.co.jp )代表。ジャーナリスト。1957年、神奈川県生まれ。80年早稲田大学政治経済学部卒業後、学陽書房入社。95年に退社し、96年コモンズ創設。環境・アジア・農・食・自治などをテーマに約250冊の単行本を編集・発行するかたわら、おもに農山村を歩いて日本社会のあり方を問い直すルポを発表。また、仲間と3反6畝の田んぼで有機無農薬米をつくっている。著書に、『地域の力―食・農・まちづくり』(岩波新書、2008年、現在6刷)、『農業という仕事―食と環境を守る』(岩波ジュニア新書,2001年、現在5刷)、『公共を支える民―市民主権の自治』(共著、コモンズ、2001年、現在4刷)など。

大江正章さん

■久保田豊和(くぼた・とよかず)さん

1965年静岡県生まれ。静岡大学農学部卒業。現在、静岡県立田方農業高等学校教諭。80年代後半に農書に出会い、農事暦および旧暦の研究に取り組む。農業教諭としてライフデザイン科セラピーコース(園芸福祉)を担当する。地域やNPOと連携し、子どもや高齢者、障害者とともに植物を栽培する交流授業に取り組む。そのわかりやすい解説は定評があり、中学校「技術・家庭」の教科書で栽培の執筆を務める。プライベートでは田畑を耕し、旧暦暮らしを実践。
(『畑仕事の十二カ月』掲載の略歴)

■塩見直紀(しおみ・なおき)

1965年、京都府綾部市生まれ。カタログ通販会社「フェリシモ」を経て2000年4月、「半農半X研究所」を設立。屋久島在住の作家・翻訳家・星川淳さんのライフスタイル「半農半著」にインスパイアされ、30歳になる1995年ころから21世紀の生き方、暮らし方として、「半農半X」というコンセプトを提唱している。市町村から個人までの「エックス=天職)」を応援する「ミッションサポート」と「コンセプトメイク」がライフワーク。1999年1月、33歳を機に綾部へUターン。2000年より 里山ねっと・あやべのスタッフとして綾部の可能性や21世紀の生き方、暮らし方としての「里山的生活」を市内外に向けて発信している。

⇒綾部里山交流大学(2009)申込み

(WEBフォーム)
http://www.satoyama.or.jp/modules/bmsurvey/survey.php?name=gansyo
(WORDファイル)
http://www.satoyama.gr.jp/file/gansyo2009.doc

※願書の提出をもって申込みとします。願書の提出のない方は申込んだことになりません。

※WEBフォームの送信、もしくはWORDファイルに記入してメール添付かFAXで送信の、いずれでも構いません。

------------------------------------------------

【プログラム】

1日目(6月20日 土曜日)
~~~~~~~~~~~~~

●開講式
13:00~13:30(30分)

●講義1
13:45~14:30(45分)
「いまなぜ農的感性なのか」
塩見直紀(半農半X研究所)

●村歩きフィールドワーク
14:45~15:45(60分)
※旧豊里西小学校がある綾部市鍛治屋町を歩きます。
塩見直紀(半農半X研究所)ほか 塩見の生まれ育った村です。

●講義2
16:00~18:00
「暦、農書に学ぶ農的感性」(120分) ※講演90分+質疑30分
久保田 豊和 様
静岡県立田方農業高等学校ライフデザイン科セラピーコース教諭
『暦に学ぶ野菜づくりの知恵~畑仕事の十二カ月』著者

●夕食・交流会
18:15~20:15

2日目(6月21日 日曜日)
~~~~~~~~~~~~

●講義3
8:30~10:00
「21世紀の「地域の力」と農的感性」(90分)
大江 正章 様
コモンズ代表
ジャーナリスト
『地域の力』著者

●講義4
10:15~11:45
「天地有情と農的感性」(90分)
宇根 豊 様
農と自然の研究所代表理事
『天地有情の農学』著者

●お昼
11:50~12:40(記念撮影)

●対談
12:50~14:10
「農的感性がひらく未来」
大江 正章 様×宇根 豊 様(80分)

●気づきと学びのシェアリング・閉校式(40分)
14:20~15:00

------------------------------------------------

振 込 先

金融機関:イーバンク銀行 ジャズ支店201
口座番号:普通 7015969
口座名義:特定非営利活動法人 里山ねっと・あやべ

金融機関:京都北都信用金庫 中筋支店
口座番号:普通 0467041
口座名義:特定非営利活動法人 里山ねっと・あやべ

金融機関:郵便貯金
口座番号:14470-31754361
口座名義:特定非営利活動法人 里山ねっと・あやべ

------------------------------------------------

【郵便局口座への振り込みがうまくいかない場合】

原因は不明ですが、郵便局口座への振り込みがうまくいかない場合があるとのご報告を受けております。

仮に自動支払機(ATM)でうまくいかなかった場合、郵便局備付けの振り込み用紙を使い、窓口で試してみてくださいますでしょうか。

それでもうまくいかない場合、郵貯以外の業者から当方の郵貯口座へのお振込みをご検討いただくか(下記※ご参照)、郵貯口座以外へのお振込み、すなわち京都北都信用金庫かイーバンク銀行へのお振込みをご検討いただくことになります。

(※)
他行(=郵貯以外)から当方の郵貯口座にお振込みいただく場合は、
次の内容をご指定いただいております。
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448  【預金種目】普通預金
【口座番号】3175436(この場合、31754361でなく3175436です)

------------------------------------------------

【綾部里山交流大学2009募集要領概要】========================

(割引について)
・学生割引
......参加費1割引(学生証の提示が必要です)

・地元割引(綾部市民ないし里山ねっと・あやべのNPO会員)
......参加費1割引

※割引については、いったん通常価格を事前振込み後、開催当日に返金する形式とします。

(宿泊について)
交流大学参加者は、綾部市里山交流研修センターに1泊宿泊できます。すなわち申し込んだ講座の前後いずれかの日に綾部市里山交流研修センターに宿泊できますので、遠方からの参加者のかたはご活用ください。ただし売店や食堂などは充分にありませんので、宿泊時のお食事はパンなどを各々ご用意ください。交流大学としてのお食事の提供は開始日の夜からです。

(「交流大学会員」制度について)
綾部里山交流大学は「交流大学会員」制度を設置します。

会費は1年あたり2万円です。

交流大学の参加費2割引。(返金形式)

「交流大学会員」は、綾部里山交流大学の各講座に参加する際、参加費が2割引になります。

※年会費2万円を参加費に充当する制度でありません。参加回数の多少にかかわらず年会費は返金しません。

以上、複数の割引の重複適用はありません。

遅刻や早退などにより各講座のうち一部分を欠席した場合や、自宅で宿泊・食事をすることで綾部里山交流大学の提供する宿泊・食事を利用しなかった場合も、返金はありません。

========================

日程変更のお知らせ

|

・2009年5月の森林ボランティア

5月16日から
5月23日に変更させていただきます。

・2009年7月の綾部里山交流大学

7月4・5日から
7月11・12日に変更させていただきます。

山菜と米作りのご案内

|

以下、イベント情報の紹介です
--------------------------
2009春
奥山・登尾峠でお花見会を開きます


2009春


志賀郷・奥山の桜の名所づくり16年目の春です。
植樹は現在も進行中ですが、このたび、 初めて、公開のお花見会を開くことになりました。大勢の皆様のご来訪をお待ちしています。


主催: 志賀・郷和会 /志賀郷に桜を育てる会

協賛: 志賀郷地区自治会連合会 / 志賀郷公民館

奥山お花見会

日時:4月19日(日)午前10時~12時 (雨天中止)

場所:内久井町<奥山>の府道沿線 

参加費は無料です。4月16日までに申し込みいただきましたら、
全員に志賀郷のおいしいお米で作ったおにぎりの軽食をご用意します。


参加申し込み先:志賀郷公民館TEL(0773)49-0201
又は、里山ねっと・あやべTEL(0773)47-0040

申し込みなしの当日のご参加も、もちろん歓迎します。

うどんその他販売しますのでご利用下さい。

余興:太鼓・楽器演奏・詩吟など

雨天中止の時は、農協何北支店前で、うどんを販売し、おにぎりを配りますので、おいでください。
 

奥山の入口で、お車の誘導、管理をいたしますので
なるべく、10時までにおいで下さい。
奥山の府道の安全通行のために、ご協力をお願いします。

このアーカイブについて

このページには、ayabe2009年4月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはayabe: 2009年3月です。

次のアーカイブはayabe: 2009年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0