ayabe: 2008年8月アーカイブ

そばの芽にそばの花咲く

|

里山そば塾2008で8月上旬にまいた種から芽が伸びて、8月下旬には花が咲き始めました。

雑草も増えてきているので、9月15日に草取りを行います。

里山そば塾2008、まだ参加申込み可能です。お問い合わせは里山ねっと・あやべ事務局へ。(0773-47-0040)

そばの花

綾部里山交流大学2008の11月講座は、
「あるもので、ないものを創る!」をテーマに
11月22日~24日に開催します。

講師にはNPO法人えがおつなげて代表理事の曽根原久司氏アンビエックス代表・天然住宅代表で建築家の相根昭典氏NPO法人シブヤ大学学長・左京泰明氏、美山町の田歌舎代表・藤原誉氏など、多彩な講師陣を予定しております。

■綾部里山交流大学2008の2月講座(2009年2月)は、
「すべての人が社会起業家になる時代に向けて」をテーマに、
2009年2月20日(金)~22日(日)に開催します。

講師は合鴨家族古野農場古野隆雄氏をはじめ、多彩な講師陣を予定しております。

●2月20日(金)
(講義1)古野 隆雄 氏(合鴨家族 古野農場)=福岡
(講義2)古野 隆雄 氏

●2月21日(土)
(講義3)西辻 一真 氏(マイファーム代表)=京都
(講義4)藤井 絢子氏(NPO法人菜の花プロジェクトネットワーク代表、滋賀県環境生活協同組合理事長)=滋賀
(講義5)大江 正章 氏(『地域の力~食・農・まちづくり~』著者、ジャーナリスト、コモンズ代表)=東京
(講義6)三浦 雅之 氏(「清澄の村」代表幹事、大和野菜レストラン「粟」経営)=奈良

●2月22日(日)
(講義7)今 一生 氏(『社会起業家に学べ!』著者、フリーライター&エディター)=千葉
(発表1)受講生によるプレゼンテーション
(発表2)気づきと想いのシェアリング・・・午後

※2月講座で予定していた元ソフト化経済センター理事長、『社会起業家』著者 町田洋次様の講義は中止となりました。申し訳ございません。

今後も情報が具体化できましたらアップデートしていきます。


【お申し込みはこちら】

願書(WORD)
ちらし+願書(PDF)
WEBフォームから申し込む

里山交流大学2008
クリックでPDF表示


【曽根原久司(そねはら ひさし)さん】
NPO法人えがおつなげて代表理事
山梨大学客員准教授

プロフィール
銀行などの経営指導を通して日本の未来に危機を感じ、その救済モデルを創造すべく、東京から山梨の農山村地域へと移住。
農業・林業をしながら"村・人・時代づくり"をコンセプトに都市農村交流の実現を目指すNPO活動を展開。
「第一回オーライ! ニッポン大賞ライフスタイル賞」受賞や、内閣官房都市再生本部が選定する「地域活性化伝道師」235人中の1人にも選ばれる。

曽根原久司氏


【相根 昭典(さがね・あきのり)さん】
一級建築士、(株)アンビエックス・代表取締役

1954年1月1日  京都府 生まれ。
住宅での化学物質汚染に危機感をもち、東西医学・民間療法等を幅広く研究し、健康住宅の設計・監理業務に加え、安全な建材の研究・開発、コンサルティングを行う。多くの団体と協力して政策提言をしたり、環境保全型農作物の有機基準や森林認証システムの運用を目的とするNPO法人ASACの理事を務める。現在、循環型社会と健康にかかわる様々な活動を展開し、天然住宅プロジェクトを立上げ、「循環型集落」の具現化に重点を置いて活動している。

著書:「健康な住まいを手に入れる本」(共著・コモンズ発行)

相根昭典氏


【左京泰明(さきょう やすあき)さん】
Yasuaki Sakyo
特定非営利活動法人シブヤ大学 学長

1979年生まれ。福岡県出身。早稲田大学第二文学部卒。在学中は体育会ラグビー蹴球部に所属。4年次は主将を務める。卒業後、住友商事に入社。経理部にて、会計・税務コンサルティングを担当する。2005年、退社。特定非営利活動法人グリーンバード副代表に就任(2006年3月退任)。2006年9月、地域密着型の新しい教育学習システムの構築を目的とした特定非営利活動法人シブヤ大学を設立。2007年度、グッドデザイン賞受賞(新領域デザイン部門)。関連書籍に、「シブヤ大学の教科書」(シブヤ大学 編、講談社)、「ビジョンは実現する~12人のトップが語る成功実践のノウハウ~」(インタビュー掲載)(マイクロソフト経革広場 編、アスキー)。
シブヤ大学公式ホームページ; http://www.shibuya-univ.net/
学長日記(ブログ);http://shibuya-univ.net/blog/

<略歴>
2006年4月~  ;特定非営利活動法人シブヤ大学 学長
2005年11月~2006年3月;特定非営利活動法人グリーンバード 副代表
2003年4月~2005年10月;住友商事株式会社 機電情報産業経理部
1998年4月~2003年3月;早稲田大学 第二文学部
1994年4月~1997年3月;福岡県立東筑高校

左京泰明氏


【ハタノワタルさん】

'71 淡路島に生まれる
'95 多摩美術大学絵画科油画専攻卒
'96 黒谷和紙研修生となる
'98 黒谷和紙漉き師となる
'08 京都府指定伝統工芸師

>ハタノワタル氏


【藤原 誉(ふじわら ほまる)さん】

1972年生まれ 36歳 大阪府枚方市出身
大学卒業後まもなく美山町に移住しこの秋で15年目になる。都会的な生活に疑問をもち、金は無くとも自給的な暮らしをしようと田舎に飛び込んできたが、農業、建築、狩猟、そしてアウトドアガイドなど自然の中ならではの仕事にすっかり魅せられ、休日の無い多忙な20代を過ごす。約6年前、自然の中のいろいろな仕事をひとつのポリシーの中で発信していくイメージがまとまってきてスローフードとアウトドアのお店「田歌舎」をスタートする。現在、田歌舎運営のほか、NPO法人芦生自然学校事務局長、知井地区鹿有効利用プロジェクト理事などを兼務する。

>藤原誉氏


【村上正(むらかみ まさし)さん】

酪農家、空山の里代表、里山ねっと・あやべ理事
●1957年より綾部市内において酪農を始める。綾部酪農組合理事長などを歴任。1992年、永井記念財団より、永井賞受賞。同年、大日本農会長賞受賞。JA撤退で村に小売店舗がなくなることを憂い、住民出資のコミュニティショップ「空山の里」をつくるべく尽力、開店させ、代表となる。 

 

11月講座プログラム(予定=変更もありえます)


 ●2008年11月22日(土)
12:30 受付(昼食はこれまでに各自お済ませください)
13:00~14:00 開校式(学長等挨拶、自己紹介など)
14:00~16:00

講義1感性学「あるもので、ないものを創る~えがおつなげてがめざすもの~」(仮題)
(NPO法人 えがおつなげて代表理事:曽根原 久司 氏/山梨・北杜)

16:15~18:15 講義2 価値創出学「あるもので、ないものを創る~エコビレッジ・天然住宅づくりの観点から~」(仮題)
(アンビエックス代表・天然住宅代表・建築家:相根 昭典 氏/東京)
18:30~20:30 夕食・交流会
●11月23日(日・祝)
07:30~08:20 朝食
08:20~10:20

講義3  綾部型学「あるもので、ないものを創る~「アンネのバラ」普及活動の観点から~」(仮題)
(「アンネのバラ」育苗家:山室 建治 氏/綾部)

10:35~13:00 村散策と講義4 地域資源学「あるもので、ないものを創る~旧小畑村の地域資源と空山の里~」(仮題)
(酪農家・「空山の里」代表・里山ねっと・あやべ理事:村上 正/綾部)
※里山ねっとの「つばさがはえるちず」を持って散策します
13:00~14:00 昼食
14:00~16:00 講義5 価値創出学「あるもので、ないものを創る~黒谷和紙の魅力と価値創出」(仮題)
(和紙職人:ハタノ ワタル氏/綾部)
16:15~18:15

講義6 交流デザイン学「あるもので、ないものを創る~シブヤ大学がめざすもの~」
(NPO法人 シブヤ大学学長:左京 泰明 氏/東京)

18:30~19:30 夕食
●11月24日(月・休)
07:30~08:20 朝食
08:20~10:20

講義7 地域資源学 「あるもので、ないものを創る~田歌舎がめざすもの~」(仮題)
(田歌舎代表:藤原 誉 氏/京都・美山)

10:30~12:30 受講生による「あるもので、ないものを創る」企画発表会
12:30~13:30 昼食(石窯ピザ&パン)
13:30~15:00 発表の続き、ならびに、気づきと想いのシェアリング
15:00 終了(閉校式)

 

*会場:綾部市里山交流研修センター、幸喜山荘ほか(京都府綾部市)

*参加条件は特にありません。はじめての方も歓迎です。

グリーンツーリズムの実践農家の方、地域づくりのコーディネーター、
自治体のグリーンツーリズムや地域づくりの担当職員、NPOスタッフ等、
また田舎に移住し、地域ビジネス等を試みたいと思われる方
(社会人、学生等)なども歓迎です。

*募集人数:30名

*受講料:
1回(2泊3日)あたり25000円
(2泊3日の講座を年3回。全3回参加の場合6万円)。

※学生割引あり(要学生証)......1回(2泊3日)あたり22000円

綾部市など地元の方で宿泊・朝食が不要の場合は、
一回あたり20,000円、全3回参加の場合48,000円

※内訳=授業料、実習費用、宿泊費(2泊)、食費(2泊3日で計6食)

※会場までの交通費は各自の負担となります。

*応募方法:指定の入学願書に記入の上、事務局まで
郵送またはファクス、メールで送付のこと。詳細は事務局までお問合せください。

里山そば塾2008では8月上旬、参加者の皆様に種まきをしていただきました。

里山ねっとの地元鍛治屋町の休耕田です。

雨は少ないのですが、少しずつ芽が出て伸びてきました。

次回は9月15日に草取りです。その後の収穫を経て12月頃にはそばの手打ちです。

成長が楽しみですね。

里山そば塾2008、まだ参加申込み可能です。お問い合わせは里山ねっと・あやべ事務局へ。(0773-47-0040)

そばの芽

京の田舎ぐらし・ふるさとセンター編
『京の田舎ぐらし~18の新しいライフスタイル』

京都新聞出版センター

2008/9/20発売予定

第1章 晴耕雨調
第2章 晴耕雨創
第3章 晴耕雨食
第4章 晴耕雨想

http://www.agr-k.or.jp/~kyoto-j/presents/2008/0808.htm

伊藤志歩さんの著書『畑のある生活』(朝日出版社)は2008年7月発売。

巻末の付録「畑のある生活を始めるための問合せリスト」
で里山ねっと・あやべもご紹介いただきました。

ありがとうございます。

伊藤志歩さんは株式会社アグリチュールで
しあわせ野菜のセレクトショップ「やさい暮らし」
を運営されています。
http://www.yasai-gurashi.com

『畑のある生活』
http://www.asahipress.com/bookdetail_norm/9784255004419/

第一章 新しい農家の時代
第二章 農家は今、こうなっている
第三章 新世代の農家たち
第四章 自給自足的な農家の新しい価値観
第五章 あなたにも始められる、畑のある生活
巻末付録 畑のある生活を始めるための問合せリスト

 ~「京の田舎ぐらし」をはじめませんか~
「京の田舎ぐらし講座・交流会」の参加者募集について

http://www.agr-k.or.jp/~kyoto-j/eventcale/page/08072801.html

アクションプラン「農のあるライフスタイル実現プロジェクト」の一環として、
京の田舎ぐらし・ふるさとセンターと連携し、府内農山村で暮らしたいと考
えている方を対象に、田舎暮らしの始め方や楽しさと厳しさを学び、現地
情報を知ることができる「京の田舎ぐらし講座・交流会」を下記のとおり開
催し、受講者を募集しますので、お知らせします。

1 日 時 平成20年8月24日(日) 13:30~17:00

2 会 場 キャンパスプラザ京都(京都市下京区西洞院通塩小路下る)

3 主 催 京都府
京の田舎ぐらし・ふるさとセンター(事務局:京都府農業会議)

4 内 容 (1) 基調講演(第1部)
「'土=先住者'と'風=来住者'の協働による地域再生」
     講 師 京都大学大学院農学研究科 准教授 秋津 元輝氏
(2) 現地情報説明会・交流会(第2部)
 (※)京の田舎ぐらしナビゲーターによる農山村の現地情報
の紹介と田舎暮らしを希望されている方との交流会

    ※京の田舎ぐらしナビゲーター
田舎暮らしに関する相談などに対して、説明や助言ができ、農山村の振興
に積極的に取り組んでいる方で、市町村からの推薦に基づき本府が認定。
現在、9市町村(京丹後市、舞鶴市、宮津市、福知山市、綾部市、伊根町、
京丹波町、南丹市、南山城村)で29名。

<特 徴>
「現地情報説明会・交流会」では、「京の田舎ぐらしナビゲーター」から直接現地
の情報を聴き、田舎暮らしの相談をすることができます。

5 募集人数 40名(先着順) ※参加費:無料

6 申込方法 氏名、住所、電話番号、メールアドレスを記入の上、電話、FAX又は
電子メールで京の田舎ぐらし・ふるさとセンターまでお申し込みください。

7 申込締切 平成20年8月22日(金)

8 申し込み先 京の田舎ぐらし・ふるさとセンター(事務局:京都府農業会議)
 TEL:075-441-6624 FAX:075-441-5742
   E-mail:f-center@agr-k.or.jp

そば塾2008
http://www.satoyama.gr.jp/sobajyuku/
では8月3日、最初の種まきを行ないました。

希望者には8月10日にも種まきをしていただけるよう準備中です。

8月3日は里山ねっとの地元・鍛治屋町の畑に害獣防止の電柵をはり、そばの種をまきました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

次回(草取り)は9月15日の予定です。

あやべ市民新聞(2008.8.4)に当日の様子が掲載されています。
http://city-news.ayabe.ne.jp/simen/0808/080804/080804.htm

そば塾2008

月刊『田舎暮らしの本』(宝島社)2008年9月号の記事「京都府綾部市:役場がNPOと協力し、空家情報を発信中!」で里山ねっと・あやべが紹介されました。

http://tkj.jp/inaka/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
都市農村交流イベント2008(9月・大阪池田)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
綾部市では、都市部のみなさまに綾部の魅力をPRすべく、
4回目のイベントを開催いたします。

テーマは「人生を変える農業・農村~ステージは綾部~」。

とき:9月28日(日)11:00~15:00
ところ:大阪府池田市(市民文化会館、豊島野公園)

内容:農村の魅力などについてのフォーラムと
安心安全新鮮な綾部産の野菜の販売、京野菜鍋、ぜんざいの無料提供など。

フォーラムでは、綾部に移住し、新規就農された方などが
綾部での田舎暮らしについて、熱く語ります。

コーディネーター:
井上吉夫さん(コ宝ネット代表、米農家)

パネリスト:
安喰健一さん(そば職人が綾部で米作りに出会う)
小松廣士さん(農業に転職、農業が天職)
櫻井善仁さん(お茶の生産農家を目指して実習中)
水田さかえさん(安心安全な食べ物を作る)

フォーラム参加者に抽選で温泉宿泊券や丹波栗などプレゼント。

田舎暮らしや新規就農などの相談コーナーもあります。
里山ねっと・あやべのスタッフも参加します。
お声をおかけください!

詳細は綾部市役所商工観光課まで 電話:0773-42-3280