ayabe: 2008年5月アーカイブ

綾部市里山交流研修センターは2008年6月から(初回は6月3日火曜)火曜日が休館日となります。

それに伴って里山ねっと・あやべは火曜日を定休日とさせて頂きます。

里山ねっと事務局も火曜日はお休みとなります(扉が閉まっています)。

事務局の事務処理についても、火曜日は停止しますので、電話・FAX・メールいずれについても対応が一日遅れます。

年末年始は従来通り休館とします。

ご宿泊、飲食、体験事業など(パン焼きその他)のまとまったご利用については火曜日も対応可能ですのでまずご相談ください。

いずれのご利用も要予約です。あらかじめお問い合わせください。

※この「TOPIX」をふくむWEBページや、メールマガジン、パンフレット、ちらしなどで平日・休日とも開館との表現が残っている場合がありますがこのお知らせが優先します。

・別冊宝島1397『地球の真実』(2007年3月発行)でボランティア団体のひとつとして紹介されました。

・山崎慎次事務局長(当時)があやべ市民新聞2007/4/18で紹介されました。

・石窯パン焼き教室と里山交流大学があやべ市民新聞2007/4/25で紹介されました。

・『大人のウォーカー』2007年5月号で「国内のセカンドライフ問い合わせ先」として里山ねっとが紹介されました。

・石窯パン焼き教室が読売新聞2007/5/14で紹介されました。

・石窯パン焼き教室が京都新聞2007/5/14で紹介されました。

・米作り塾があやべ市民新聞2007/5/14で紹介されました。

・『日経Kids+』2007年6月18日号で上林での農家民泊が紹介されました。

・web「MSN環境特集」2007年6月

・2007年7月、綾部里山交流大学が京都新聞で紹介されました。

・綾部里山交流大学があやべ市民新聞2007/8/3で紹介されました。

・雑誌「ソトコト」2007年8月5日発売号

・web「ベーグル・ネット」2007年8月

・「日本農業新聞」2007/8/27で綾部里山交流大学が紹介されました。

・綾部里山交流大学があやべ市民新聞2007/8/27で紹介されました。

・『KANSAI 1週間』2007年9月11日号で紹介されました。

・福知山地域の地域情報誌『ラサンカ』2007年9月号

・2007/11/6のNHK京都「京いちにち」の「府北部キャラバン」は里山ねっと・あやべを拠点とした生中継で、里山ねっとや綾部市の特色が紹介されました。

・web「日経関西コンシェルジュ」2007/12/10

・持続可能な農業に関する調査プロジェクト『本来農業への道-持続可能な社会に向けた農業の役割に関する報告および提言書』(2007年12月発行、 http://www.sas2007.jp/download.html )で里山ねっとが紹介されました。

・京都新聞2008/2/24「週末おでかけナビ」で紹介されました。

・綾部里山交流大学があやべ市民新聞2008/2/11で紹介されました。

・2008年3月、eo光チャンネル「ぷらっと旅気分」で里山ねっとと農家民泊が紹介されました。

・京都新聞2008/3/14「出会いスケッチまち歩き」で里山ねっとが紹介されました。

・SUBARUカード会員情報誌『サエラ』24号(2008.5)で、全国グリーンツーリズムおすすめスポットのひとつとして里山ねっと・あやべが紹介されました。

・米作り塾の予定が毎日新聞2008/4/18で紹介されました。

・「十割そば打ち体験」があやべ市民新聞2008/5/1で紹介されました。

・茶摘み体験の予定が京都新聞2008/5/12で紹介されました。

・茶摘み体験の予定が2008/5/12のNHK京都TVで紹介されました。

・茶摘み体験の予定がTown Town 2008/5/14で紹介されました。

・茶摘み体験の開催結果が毎日新聞2008/5/18で掲載されました。

・綾部里山交流大学2008の予定が毎日新聞2008/5/17で紹介されました。

・雑誌『エココロ』(ecocolo)No.28(2008年6月)の"More About Short Trip"に里山ねっとと農家民泊が紹介されました。

・岩波書店『世界』2008年8月号の「ルポ「限界集落」の挑戦-中山間地に息づく「地域の力」-」(大江正章氏)で里山ねっと・あやべが紹介されました。

・あやべ市民新聞2008年7月11日(金)「最先端の"農的感性学"学ぶ」で綾部里山交流大学2008マスターコース宇根豊クラスの開催が記事になりました。

・月刊『田舎暮らしの本』(宝島社) http://tkj.jp/inaka/ 2008年9月号の記事「京都府綾部市:役場がNPOと協力し、空家情報を発信中!」で里山ねっと・あやべが紹介されました。

・あやべ市民新聞2008年8月4日(月)で里山そば塾が紹介されました。

・あやべ市民新聞2008年8月6日(水)で綾部里山交流大学2008の9月講座が紹介されました。

・『田舎暮らしのススメ[3]-交流居住の先進自治体事例集』(2008年8月、過疎地域問題調査会)に綾部市と里山ねっと・あやべが紹介されました。 http://kouryu-kyoju.net

・FMいかる( http://www.fmikaru.jp )に定期的に里山ねっと・あやべが出演しています。

全国水源の里全国協議会から『水の源』が創刊されました。

全国水源の里全国協議会『水の源』創刊号......300円

里山ねっと・あやべ事務局でも頒布しています。

志賀郷のコ宝ネットからイベントの情報をいただきましたのでご紹介します。

===========================================
志賀郷の未来を考える交流会(2008年5月18日)
===========================================

志賀郷の未来を考える交流会
Vol.1
主催:コ宝ネット

ずっと昔から志賀郷に住んでいる人達と
新しく志賀郷に移り住んでいる人たちとの交流会

平成20年5月18日(日)
第1部 午前11:00~午後3:00
第2部 午後3:00~午後5:00

送迎あり

場所 綾部市・志賀郷公民館多目的ホール

会費 大人2000円 18歳以下無料

過去10年あまりで志賀郷に移り住んだ人達、その数なんと30家族!
交流会で志賀郷の魅力とその可能性を見つけ出します。

☆飲み放題・食べ放題の大交流会☆
唐揚げ、たこ焼き、五穀米のおにぎり、
山菜料理、サンドイッチ、うどん......他
お酒各種!!
持ち込み歓迎!自慢の料理、お酒持ってきてください。

申し込み:お問い合わせ
志賀郷公民館
0773-49-0201

(コ宝ネットとは......)18年4月結成
目的はお借りできる空家があれば、志賀郷に移り住みたい人達に紹介したり、移り住んでくれた人達が地元の人達や習慣、文化にスムーズになじんでいただけるようお世話させていただこうと思う団体で、移り住んだ人達と地元の人達で組織しています。5年間がんばろうと決意しました。


各位
 若葉の候を迎え、皆様ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
さて、別紙の通り交流会を開催致します。目的は志賀郷が元気になる事です。ご承知のように、各町区は急速に高齢化が進み、志賀小学校は複式学級が目前であります。志賀郷が元気になる条件は若い人達が住む、これ一点です。これが解決の糸口です。志賀郷に住む若い人達に志賀郷で家庭を持ってもらう、農地に住宅を容易に建てる事が出来るようにする、空家へ若い夫婦に住んで頂く、この三点が大きなポイントと考えます。
今回の交流会は「借りられる空家があれば若い夫婦がやって来る!」をテーマに交流します。志賀郷にはここ約十年で街から移り住まわれた家族は三十組を超えます。志賀小学校児童の十五%はその方々の子供達です。今回は志賀郷に移り住まわれた人達と志賀郷の自治会の方々、そして街から田舎に住みたいと希望している人達、三者の交流会を企画しました。まずは顔を合わせ、話をする事が大切な過程と考えております。
私達は「借りられる空家があれば志賀郷が元気になる。」と確信しています。
公私とも御多忙の中とはぞんじますが、当日 五月十八日の交流会にはぜひ参加して頂きたくお願い申し上げます。

コ宝ネット 代表 井上吉夫