あやべ里山米づくり塾の米を、東北被災地支援に活用いただきました

|

「原発事故で被害に遭った福島の子どもたちに、
安全・安心なお米をー。」

綾部ひまわり共同保育園と同PTAの皆様が、
あやべ里山米作り塾の成果である米を、
東北の被災地支援に活用いただきました。

あやべ里山米作り塾の米60kg(30kg×2袋)で、
綾部市鍛治屋町の山水で育ち、
手植え、手刈り、天日干しした米です。
他の300kgの米とともに12月15日、
園児による絵やメッセージとともに、
福島県南相馬市にある保育園に贈るため
発送いただきました。
ありがとうございました。

米塾

米塾

米塾

米塾

写真=綾部ひまわり共同保育園提供

このブログ記事について

このページは、ayabeが2012年12月21日 10:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【終わりました】12月23日(日) 門松作り体験」です。

次のブログ記事は「里山ねっと・あやべニュースレター2012年10月号」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0