【終わりました】12月13日(木)「里山交流会・綾部編~里山発信力をUPしよう!!」ハタルワタルさん「ハタノ流ローカルデザイン~地域と人々のメッセージをかたちに~」

|

12月13日(木)、綾部市里山交流研修センターにて
京都丹波・丹後ネットワークさんと共同で、以下の
「里山交流会 綾部編 里山発信力をUPしよう!!」
を開催いたします。

ゲストはハタルワタルさん(綾部の「創る和紙職人」)で、参加費無料です。

和紙アートのほかホームページ、パンフレット、ちらしなど
地域に役立つ情報デザインでも活躍しておられるハタノさんに
「ハタノ流ローカルデザイン~地域と人々のメッセージをかたちに~」
としておはなしいただくほか、情報発信に限らず、地域のテーマや夢・課題について
自由に語り合える機会としたいとおもいます。

ぜひおいでください。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

里山交流会~綾部編:里山発信力をUPしよう!!~

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


日 時:12月13日(木)18:00~
会 場:綾部市里山交流研修センター(里山ねっと・あやべ)
     京都府綾部市鍛治屋町茅倉9
     http://www.satoyama.gr.jp/
対 象:里山を愛する人ならどなたでも
参加費:無料


-----------------------------------------
 情報発信・共有の仕組み
-----------------------------------------
みんなで考えてみませんか?

-----------------------------------------
 里山の様々な課題
-----------------------------------------
空き家対策・獣害・活性化など
みんなで共有し
打開策を話し合いませんか?

-----------------------------------------
 当日の内容
-----------------------------------------
●ハタノワタルさんによる講演
 「ハタノ流ローカルデザイン
 ~地域と人々のメッセージをかたちに~」

ハタノさんプロフィール:
1971年、淡路島に生まれる。多摩美術大学絵画科油画専攻卒。
97年、黒谷和紙研修生となる。同年、綾部へ移住。
表現(アート・クラフト・空間・グラフィック)を仕事としていますが、
ホントは黒谷和紙漉き師(15年目)です。和紙を漉きながら感じる昔の
日本の生活に興味あり。表現しています。3.11以降、人が安心できる
モノとはどんなものか?そのようなことを考え、モノつくりをもう一度
見直しています。京もの認定工芸士。http://www.hatanowataru.org/

●里山ねっと・あやべからひと言

●グループワーク

-----------------------------------------
お問い合わせ・お申し込み先:
0773-45-3507(担当:森田)
tantan@kyoto-tantan.net
-----------------------------------------

主 催:NPO法人 京都丹波・丹後ネットワーク
http://www.kyoto-tantan.net

京都府中間支援団体活動支援事業

協 力:NPO法人 里山ねっと・あやべ
http://www.satoyama.gr.jp

このブログ記事について

このページは、ayabeが2012年12月 3日 12:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【終了】2013/3/9-10 綾部里山交流大学 里山学科「森の智慧を未来に伝える」-「映画「森聞き」の吉野奈保子さん(共存の森ネットワーク)」です。

次のブログ記事は「【終わりました】12月15日(土) 現代 「竹取物語」 農の巻」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0