【終わりました】4回目の「小畑・金谷峠を歩く会」11月11日(日)です!今年は峠のあと鬼ヶ城へ!

|

金谷峠・鬼ヶ城登山会2010年11月7日
金谷峠道(2010年度開催風景)

20091114金谷峠
観音寺(2009年度開催風景)

金谷峠・鬼ヶ城登山会2010年11月7日
鬼ヶ城山頂からの展望(2010年度開催風景)

金谷峠・鬼ヶ城登山会2010年11月7日
鬼ヶ城山頂(2010年度開催風景)

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□
金谷(かなや)峠を歩く会
□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2012年11月11日(日)

里山ねっと・あやべ主催

綾部市小畑町から大江町南山の観音寺へ、地元で整備作業された古道を歩きます。2009年開始の古道ウォーク4回目の今年は「鬼ヶ城」山頂にも立ち寄ります。

2011年11月11日(日曜)

【申込方法】
里山ねっと・あやべ事務局に参加希望のかた全員のお名前と年齢・性別、電話、FAX、ご住所をご連絡ください。

【参加費】
1000円(資料代+保険料+バス代)
※ 集合時に里山ねっと事務局で受け付けます。
※保険はハイキングとしての簡単な保険です。それ以上のご希望がある場合は各自ご加入ください。

【飲食について】
弁当・飲物は主催者提供でなく参加者各自持参とします。弁当のほか、山行きのため水分を充分にご用意ください。

【集合】
綾部市里山交流研修センター(里山ねっと・あやべ)に集合
※綾部市鍛治屋町茅倉9(鍛治屋交差点・あやバス停留所「かじや」)※ただし集合時刻までに到着するバスはありません。バス以外の方法でおいでください。 http://www.satoyama.gr.jp/access.html

【山道ルート】
(往路の里山ねっと⇒小畑町金谷の間は自動車で送迎ないしお客様の自動車)
里山ねっと=(自動車)=綾部市小畑町金谷-金谷峠-尾根道-大江町室尾谷山観音寺-鬼ヶ城-観音寺=(自動車)=里山ねっと

合計7km程度の路程です。取りつきの小畑地区と金谷峠の標高差は150メートルで、比較的低くてなだらかな峠です。金谷峠から尾根道で観音寺に行き、観音寺と鬼ヶ城の標高差は400メートルです。戻りはマイクロバスで里山ねっと・あやべに戻ります。

【持物】
[必須のもの]
・山行きに適した服装
(長袖長ズボン。下着は化繊[木綿不可])
・登山靴もしくは長靴(ズック靴不可)
・リュックサック
・帽子
・軍手
・タオル
・昼食用の弁当ないしパン類
・飲物と水筒
・雨具(折りたたみ傘、雨合羽ないしジャンパー)
・ごみ袋ないしスーパーなどのポリ袋
・ティッシュペーパー
・筆記用具
・救急用具(絆創膏など)
・参加費(一人1000円)と予備のお金
・腕時計
・健康保険証ないしそのコピー
[任意のもの]
・腰掛けシート
・着替え用の下着
・ヘッドランプないし小型懐中電灯、熊鈴、方位磁石、携帯電話、呼び笛、虫よけスプレーなどのあるかたはご持参ください。
・カメラ、双眼鏡や望遠鏡(鬼ヶ城山頂等で使用)
・嗜好品(飴やチョコなど甘いもの)

【その他】
※黒い傾向の色の服装は避けること(ハチ対策)。またズボンの裾を靴下で覆うこと(ヘビ対策)。
※ 山や経由地にゴミをすてないこと。(ゴミ袋持参)
※ 野草、花、きのこ類を取ったり食べたりしないこと。
※ 撮影は自由ですが、お互い肖像権に注意し、撮影データ(顔写真を含む)の利用に際しては参加者相互の合意を尊重してください。
※ 山行きの常識的な装備を守り、引率の指示に従い、単独行動は絶対にしないでください。
※ 雨天のさいの実施計画については前日中または当日朝に判断いたします。不明の場合はご自宅を出発前に事務局に電話でご確認ください。またご連絡をとりやすいよう、受付時に必ずお電話番号をご教示ください。

このブログ記事について

このページは、ayabeが2012年9月24日 21:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2012年10月14日(日)は祭りのため交通規制・駐車制限があります 」です。

次のブログ記事は「綾部里山交流大学1期生(2007年度)の皆様、事務局にご連絡ください」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0