里山100へのご投稿ありがとうございました(投稿一覧)

|

あやべ里山100

ご投稿ありがとうございました。投稿者の皆様には、整理したものを印刷し郵送させていただく予定ですが、少しお時間をいただきます。

里山100PDF版(写真はこのPDFに含まれています)

以下、投稿順

1

七百石から見る弥仙山

細野隆史さま(舞鶴市)

七百石のかんちゃん農園にあるため池の土手から見る弥仙山は素敵です。水面を手前 に弥仙山が見えるのは唯一ここだけだと思います。

2

(山家の風景)

四方格さま(綾部市寺町)

市内上原町の山家駅に降り立てば、南側に岩根山が真向かいに眺められる。頂には行者堂があり、春、秋に祭があり、市外からの人たちも見えて賑わう。中腹でたたずめば山家城址、ピンクの山家橋、由良川の流れと見事な光景が広がる。府道綾部・和知広野線から山への入口には昔の常夜灯が移築されている。府道に沿って桜並木が大きくなりつつあり楽しみだ。我がふるさとでもある。

3

八津合町瀬尾谷

井上昭司さま(綾部市八津合町)

1)里山、田、畑、上林川、民家、府道などの風景がパノラマ的に見られる。
2)ここからの眺めは、地域に住んでいるものはもちろん、大阪・東京・京都などからの来訪者からも異口同音に素晴らしいと言っている。
3)この場所から見られる主な公共施設として
ア 城山(上林山荘)イ 観光センター ウ 松寿苑 エ 上林小学校 オ 上林中学校 カ  いきいきセンター キ 上林禅寺 などが一望できる。      4)道路は市道で、地域の人たちのウォーキングコースやあやべ温泉まで車で約5分の距離にある。
5)広範囲に見渡せる場所なので近くには地デジの電波塔が建てられている。
6)道路には車が数台以上駐車できるスペースがある。
☆ エピソード: 父(98歳)によると上林には里山風景が良く見える場所が3か所  り、その中で最も良い場所だと言われていると言っている。

4

坂尾呂の里(桜井さま)

睦寄町坂尾呂の里から見える秋の風景(吉川さま)

桜井克彦さま(綾部市睦寄町) 

坂尾呂神社の前にある小高い丘からの眺めは素晴らしい。春には桜、秋にはモミジが楽しめる場所として、鳥垣自治会が整備しています。

吉川嘉代子さま(綾部市睦寄町) 会長様はじめ、有志の方々、またみんなの一致団結の心
古墳に佇ちて
「鳥垣のニュースが広がっています」の記事を読み胸がわくわくうれしくなりました。 平成22年5月、整備完成し半世紀ぶりに蘇った坂尾呂の里、古墳その土に触れたくて  杖をつきながらなだらかな坂を登りました。古墳のあちこちには、緑豊かなお茶の葉 っぱが生き生きとし、白い小さな花を咲かせていました。古墳のやさしい土の感触を足 裏に感じながら西の方を見渡すと一望にして眼下が開け、黄金色の稲が輝き、まるで貼 り絵の様でした。遙か彼方の山間に君尾山が見えその下にあやべ温泉が見えます。今後、 鳥垣渓谷、シデの山への整備、滝、魅力いっぱいの鳥垣坂尾呂の里です。さらに古墳に は、あずまやという休憩所もあります。皆様是非一度来てください。

5

黒谷和紙の里

市場さと枝さま(大阪府吹田市)

綾部を出て40数年、学生でいたときにあまり意識していなかったのですが、黒谷和 紙の優秀さに屈指の存在感を感じています。その後黒谷の里にはその面影はなく、冬場 に「こうぞ」を干す姿や手ぬぐいかぶりのおばさんが川で洗い物をしている様は昔の様 子を彷彿とさせます。でも、黒谷和紙の原点を大切にしたいと推薦します。

6

物部町 早間池

植田壽良さま(綾部市物部町)

早間池は、昔から地域農業にとって欠かすことのできない綾部市で一番大きなため池 です。特に米作りにとって、夏場を乗り切る命の水でもあります。先人が築いて来た池 を守ることは、農を守ることにつながり、地域活性化の土台と考えています。将来は、 池の周囲に散歩道を作ることが夢です。

7

綾部市五泉町市志にある集落風景

坂田薫さま(綾部市五泉町)

水源の里市志集落は由良川の上流に位置し、谷間を流れる市志川と長谷川の合流点を中心に川を挟むように20戸の家が並ぶ。田畑は集落の手前と奥にと集落からは想像できないほどの広がりを見せ、「住居は谷間に農地は陽当たりのよい所に」と農耕民族の知恵を覗わせる。当地の尋ね人は集落を城崎に来たよう・・・?と云う。

8

別所町橋の辺りから見える篠田町の風景

土田澪子さま(鎌倉市)

篠田町出身の私は小中学校の通学路が片道4キロ。下校時この三叉路に帰り着くとほ っとした。足許の清らかな流れと木の橋、四季によって色を変える山々。秋祭りや「筍 さん」でお参りする篠田神社の森が左手に。篠田町の民家がちらほら見え、当時は水車 も回っていた。その辺りは菜種の箒で蛍を追いかけた所。ふるさとを思うとき、真っ先に浮 かぶ風景です。

9

睦寄町念道から見える麦わら屋根の風景

秋山登さま(福知山市)

綾部温泉からの帰途いつも立ち止まって見る。現在は全てトタンのようなもので覆わ れている姿が美しい。これだけ集まっているのは珍しい。
10 鍛治屋町茶畑にある池に映る杉の木林の風景 秋山登さま(福知山市)  

11

高津町宮の段にある高津八幡宮境内石段の風景

塩見有紀さま(綾部市高津町)

荒々しい木々の中に延々と続く石段を見上げていると自然と人がつながっていること を実感できる。自然と人工物が調和した風景である。

12

岡安町横田の丘の上から見る風景

四方魁子さま(綾部市岡安町)

丘の上から見る風景はいろんな表情をします。これは節分の頃です。秋の夕日は特別 きれいで空全体が紫色になります。向かって左の木は梨の古木で、桜の花が終わった後 に白い花をつけ楽しませてくれます。秋の終わりには実を鳥がついばむのを見て自然の 移ろいを感じます。右の木は実生から大きくなった若い栗の木です。秋には若木ながら 実をつけ栗拾いを楽しませてくれる。古木と若木の間に沈む夕日をいいお天気の日には うっとり眺めます。夕日だけでなく、朝日も夜の星空もお月さんも素晴らしい丘の上の 里山です。(時代の流れで遠くには夜に工業団地のヘリポートのライトも見えそれはそ れで素敵です。)
舞鶴の川や海を見て大きくなった私が結婚してきたところは山ばかりの小高い丘の上でした。川や海を見るとホッとできるので、辛いとき海を見に出かけもしました。しかし、夕日の素晴らしいこの地、岡安町横田の丘の上がなんとも言えない安らぎと今日への感謝の気持ちも明日への希望を抱かせる地となりました。この写真は節分の頃ですが、秋には空全体が茜色に染められてそれはそれは素敵です。夕日だけでなく、朝日も夜の星もお月さんもとても近くに見える丘の上の里山の景色です。
岡安町横田の丘の上の夕日です。近くには上宮神社、岡安神社、お稲荷さん、薬師さんがあり、心洗われる地です。城山と呼ばれる山の上に平らな地のある場所もあります。以前は素晴らしかったけれど、今では木々に覆われてしまいました。しかし道だけは頑張って守ろうとしています。講神さんと呼ばれる社も守られ、納経塚であろうかと思われる所もお花が供えられています。工業団地がやって来て変わった所もありますが、この夕日の様に今も変わらず田畑が人々によって懸命に守られています。

このブログ記事について

このページは、ayabeが2012年3月21日 23:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【終わりました】4/14(土)小畑の「ミツバツツジの尾根」を古道整備ボランティア登山しよう!」です。

次のブログ記事は「(紹介)山家にぐるま市(毎月第二日曜日・山家公民館)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0