【終わりました】綾部里山交流大学1/28は熊本大学の徳野貞雄さん!「集落点検と小さな交流事業でムラを元気に!小規模高齢化集落の維持存続について」

|

綾部里山交流大学・ 交流研究所
交流に関する研究会
第2回研究会

1月28日・土曜日、午後2時から、八津合町の綾部市観光センターで、地域活性化の専門家である熊本大学教授・徳野貞雄さんの講演会を開催します。

綾部里山交流大学内に新設しました「交流研究所」では、以下の「交流に関する研究会」をおこないます。第2回目の研究会は、徳野貞雄・熊本大学教授に、小規模高齢化集落の維持存続について、ご講演いただきます。本研究会では地域再生についても、みんなで語り合います。関心のある方はぜひ研究会にご参加ください。

徳野さんは日本全国の農村の現場を回って調べる、実践派の「村おこし」研究家で、村の現状と可能性をさぐるための「T型集落点検」の方法で知られています。

当日は「集落点検と小さな交流事業でムラを元気に!小規模高齢化集落の維持存続について」と題して、元気の出るお話しをしていただきます。

「水源の里」をはじめ、すべての自治会の皆様におすすめの講座です。

参加費は800円で、事前の申し込みは必要ありません。

■とき:2012年1月28日(土)午後2時~

■会場:観光センター(綾部市八津合町)

講師:徳野 貞雄 先生(熊本大学文学部総合人間学科地域社会学教授)

会費:800円(資料代込)

都市農村交流事業等に関心をお持ちの方なら、どなたでもご参加いただけます。

●お問い合わせ
NPO法人 里山ねっと・あやべ内 「綾部里山交流大学」事務局
(京都府綾部市鍛治屋町茅倉9番地)
TEL:0773-47-0040(FAX:0084)メール:ayabe@satoyama.gr.jp

●徳野貞雄先生プロフィール
1949年、大阪府貝塚市生まれ。熊本大学文学部総合人間学科地域社会学教授。食と農の専門家として日本全国の農村に出かけ、フィールドワークをこなす活動派。全国合鴨水稲会世話人。『道の駅』命名者。主な役職として、九州農業・農村デザイン塾々長、九州番頭さんの会主催者、全国合鴨水稲会世話人、国土交通省地域振興アドバイザー。研究分野は農村社会学、農業社会学、地域振興論。農村を軸に地域社会の構造変動や住民の生活構造についての研究(過疎地域論や混住化社会論などを含む)。担い手問題や農業後継者問題および有機農業運動など農業問題における人間の社会的領域に関する研究。関連して現代社会における消費者(国民)の食生活構造など。現代の高度産業社会化の日本における『食と農』に関する研究を農業社会学として提唱している。「マチおこし」「村おこし」のシステム開発や地域活性化集団の運営および農山村型第三セクターに関する研究。社会学の他の領域にもつよい関心がある。(熊本大学徳野貞雄研究室ホームページより)

●綾部里山交流大学について
綾部里山交流大学は、里山ねっと・あやべを中心に、綾部市(観光交流課)、京都府中丹広域振興局、綾部市観光協会、京都大学大学院農学研究科秋津元輝研究室、半農半X研究所の6者が連携しておこなうものです。以下は綾部里山交流大学の2012年3月までの事業です。
*里山学科=1月28日~29日、2月25~26日、3月24~25日(全て土日)
*里山生活デザイン学科=2月11日(土)~12日(日)
*交流デザイン学科=3月18日(日)~20日(祝火)
※本事業は京都府の公共再生プロジェクト交付金を受けています。

このブログ記事について

このページは、ayabeが2012年1月 3日 22:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【終わりました】綾部里山交流大学「交流研究所」交流に関する研究会(12/19)」です。

次のブログ記事は「綾部里山交流大学「あやべ里山100」【募集〆切】」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0