(紹介)大餅喰い(市原峠)を越えて、三土市へ行こう!(2011/10/15)

|

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
大餅喰い(市原峠)を越えて、三土市へ行こう!
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

丹波丹後の国ざかい、まぼろしの峠を、歩くことによって再発見しよう。

峠歩きにふさわしい足元、杖などご用意ください。

大江町・市原谷←→綾部市西方町
全行程8キロ、初めての広域・峠ウォーキング

餅食い合戦の民話にちなむ地元の呼び名です。峠のモチをプレゼント!

後援: 綾部市・第26回国民文化祭京都府実行委員会

元禄15年、最後の忠臣蔵とよばれる47番目の義士寺坂吉右衛門が、討ち入りの直後密命を受けひとり江戸を離れ、豊岡までの途中に立ち寄ったと、伝承の残る市原谷の芦田家。当主は大石内蔵助の妻リクの実弟であった。真相報告のためひそかに志賀郷の峠を越えていった寺坂吉右衛門。市原峠は忠臣蔵の面影の残る山の道です。

◎寛政の古地図の上の市原峠は十七丁(1.8キロ)

◎「志賀郷の九つの峠を歩いて調べる会」が先導します

◎志賀郷手作り三土市まで街道を一里半(6キロ)

◎笑顔優しい「三土市」をお楽しみください。

◎途中、藤波神社では、旧暦元旦に白い藤の花の咲く藤の宮の物語を、七不思議ガイドがご案内


 
参加希望者は下記まで氏名、連絡方法を添えて申し込んでください。 9月末日締め切り

参加費500円。昼食、飲み物は各自準備のこと。中学生は保護者と共に参加できます。予定人数40名

<申し込み先>電話&FAX (0773)49-0331(広沢)
E-メール naoko.the.second@zeus.eonet.ne.jp

<開催日時>2011年10月15日(土)
荒天は11月19日(土)に順延の予定

市原谷行きのバスが下記2ヶ所から出ます。ご利用下さい (市原谷に乗用車駐車場はありません)

①午前8時綾部市役所前集合→綾部駅前経由⇒市原谷へ
②午前8時半・KTR大江駅前集合⇒市原谷へ

9時峠越え出発→10時半西方町奥→11時藤波神社→12時志賀郷公民館三土市会場着(2時ごろ解散)

☆三土市会場近くから公営「あやバス」が毎時,JR綾部駅前まで運行しています。KTR大江駅まで福知山経由で戻れます。

主催:<ふしぎの国いかるがの里へようこそ>志賀郷連続自由講座運営委員会
協賛:福知山観光協会大江支部 ・志賀郷手作り三土市実行委員会 ・志賀郷の九つの峠を歩いて調べる会
協力:里山ねっと・あやべ ・加佐ふるさと塾(舞鶴市)

このブログ記事について

このページは、ayabeが2011年9月24日 20:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「(紹介)心にひびく感動を― 有道佐一回顧展[2011/11/1~11/6]」です。

次のブログ記事は「(紹介)半農半Xツアーin京都・綾部(11/19-20)+由良川の源流を訪ねる旅2日間(11/4~5) 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0