いのちの饗宴in綾部2010

|

Celebration of Oneness 2010 いのちの響宴 in 綾部

自然素材の服のデザインを手がけるうさとのさとううさぶろう氏が「平和の祈り」、「自然への感謝」をわかちあうイベントして企画した「いのちの饗宴」が綾部で行われます。

「いのちの饗宴」は21回目を迎え、前夜祭ではドキュメンタリー映画「Celebration of Oneness いのちの響宴」の上映会があるほか、11月21日は豪華ゲストのコンサートやトークショーが行われます。概要は以下の通りです。

2010いのちの饗宴in綾部パンフレット(pdf)

Celebration of Oneness 2010 いのちの響宴 in 綾部

日時
2010年11月20日(土) ~21日(日)
会場
里山ねっと・あやべ(京都府綾部市鍛冶屋町茅倉9番地)

プログラム

20日(土)

17:30~ 第1部 ドキュメンタリー映画「Celebration of Oneness いのちの響宴」上映会

それは、ひとつの服づくりから始まった。想いが紡がれ、心が結ばれ、そして願いが形となっていく。
いのちに感謝し、すべてがひとつに結ばれるお祭り「Celebration of Oneness いのちの響宴」
提唱者は一人の服飾デザイナーだった。
自然の豊かなタイで、いのちあふれる服づくりを行う さとううさぶろう
患者の生きる力を引き出すサポートに徹する医師 船戸崇史
土と共に生きることを選んだ歌手 Yae
どうして彼らはその道を選んだのか。彼らが語る「生きる」「働く」「いのち」「大地」へのメッセージは、観る人一人ひとりへの力強い励ましとなることでしょう。

21日(日)

13:00~ 第2部  和力+稲葉美和コンサート

出演:和力(加藤木朗・踊り、太鼓、木村俊介・笛、三味線、小野越郎・津軽三味線)、稲葉美和・筝

2007年以来の2度目の出演となる民俗芸能ユニット和力。メンバーの笛、三味線演奏家の木村俊介さんは5年連続のセレワン出演で、テーマソング「あいをよる おもいをつむぐ」を作 詞作曲者です。筝奏者の稲葉美和さんは、映画音楽の演奏、収録に参加して下さいました。セレワンは初出演。

14:00~ 第3部  スペシャルトーク

出演:塩見直紀、Yae、さとううさぶろう

自分らしいライフスタイルを目指し、農業を志す若者の間では、メッカとして知られる「東の鴨川、西の綾部」その鴨川在住で映画の出演者であるYaeさんは、最近、半農半歌手という肩書で知られるようになりました。

それは「半農半X」というコンセプトを提唱する綾部在住の塩見直紀さんとの出会いから生まれました。農のあるくらしと共に、自分の天職を生きるサポートをする塩見さん、その暮らしを体現するYaeさん、迷いなく自分の天職を生きるさとううさぶろうが、生きる、働くをテーマに語り合います。

16:00~ 第4部  Yaeコンサート

出演:Yae、越田太郎丸

「種まき大作戦」として土と共に生きる喜びを伝え続ける半農半歌手Yaeが半農半Xのコンセプトが生まれた街・綾部で初のコンサート。

お問い合わせ

いのちの響宴実行委員会 うさとジャパン内
Tel. 075-213-4517
Fax. 075-213-4518
E-mail: info@usaato.com

同時開催

21日(日)10:00~16:00 三日市(さんにちいち)&うさと展

綾部の仲間たちのいろんなブースが出展されます。

また、会場内では、タイの天然素材の草木染め、手織りの布を使ったさとううさぶろうデザインの「うさとの服」展示会も行われます。

参加費:感動金

観客が感動の度合いによって参加費を決める実験的な試みです。

お金に込められた感動のエネルギーが循環します。

追記

11月21日に開かれる手作り市「三日市」の出店者を募集しています。

このブログ記事について

このページは、ayabeが2010年10月14日 12:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「綾部里山交流大学2010年10月講座「大好きなまち(むら)で、仕事を創る!」開催風景」です。

次のブログ記事は「2010年10月の注目情報(1)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0