「あやべ里山再生プロジェクト~再び松茸の出る山を目指して」で立命館大学生たちが小畑の山を整備し松の苗を植えました。

|

6月12日(土)~13日(日)、立命館大学の学生14名が綾部市小畑地区を訪れ、地元の村上吉行様が松茸山再生にとりくむ山林の現場で、将来の松茸山再生を目標として里山整備活動にとりくみました。

村上様をはじめ、ご協力いただいた皆様ありがとうございました。

京都府中丹広域振興局の今海さん、間伐材研究所の幹田さん、六渡さんは村上様とともに、現場で倒木整理の技術指導、安全指導にあたってくださいました。

京都新聞2010年6月17日記事「マツタケ山復活で地域活性を 綾部市小畑地区」でも紹介されています。
http://www.kyoto-np.co.jp/tango/article/20100617000062

これは立命館大学ボランティアセンター主催の「ボランティア体験プログラム」の一環で、府内各地のフィールドで学生たちがボランティア活動にとりくむプログラムのなかのひとつです。

綾部では里山ねっと・あやべが受入窓口となり、学生たちは里山ねっと・あやべが管理する綾部市里山交流研修センター(綾部市鍛治屋町)に宿泊(一泊二日)しつつ同小畑町で作業にとりくみました。

今回の受入れ先は小畑町で松茸山再生にとりくむ村上吉行様で、詳細はブログ「小畑 マツタケ 義勇軍」で見ることができます。

現在は雑木林を伐採して松林にするための準備作業中で、学生達は伐採された雑木の片付け作業や、松の苗を植える作業を行ないました。

立命館大学ボランティアセンターと里山ねっと・あやべでは今後も、綾部市内の農村での学生ボランティア実習実施を計画しています。

■村上吉行様ブログ「小畑マツタケ義勇軍」
http://blog.goo.ne.jp/kanzan_kippou

松茸山再生をめざして地域活性化ボランティア(立命館大学)
京都府中丹振興局・今海さんが里山と松について解説

松茸山再生をめざして地域活性化ボランティア(立命館大学)
今回の受入れ先・村上吉行様(撮影:立命館大学 井上泰夫様)

松茸山再生をめざして地域活性化ボランティア(立命館大学)
6月12日(晴)まず雑木の枝の片付けからです

松茸山再生をめざして地域活性化ボランティア(立命館大学)

松茸山再生をめざして地域活性化ボランティア(立命館大学)

松茸山再生をめざして地域活性化ボランティア(立命館大学)

松茸山再生をめざして地域活性化ボランティア(立命館大学)

松茸山再生をめざして地域活性化ボランティア(立命館大学)
松の苗を植えましょう

松茸山再生をめざして地域活性化ボランティア(立命館大学)

松茸山再生をめざして地域活性化ボランティア(立命館大学)

松茸山再生をめざして地域活性化ボランティア(立命館大学)
6月13日(雨)松の苗を植えます

松茸山再生をめざして地域活性化ボランティア(立命館大学)

松茸山再生をめざして地域活性化ボランティア(立命館大学)

松茸山再生をめざして地域活性化ボランティア(立命館大学)
竹竿で支えをします

松茸山再生をめざして地域活性化ボランティア(立命館大学)
「あやバス」で帰宅

このブログ記事について

このページは、ayabeが2010年6月21日 13:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2010年7月のご案内」です。

次のブログ記事は「里山ねっと・あやべ10周年記念シンポジウムの開催風景と配付資料です」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0