綾部里山交流大学2010年5月の里山生活デザイン学科は「初夏の里山編」です!(5/15-16)【終】

|

=======================
お陰様で終了しました。

■開催風景写真
http://www.satoyama.gr.jp/topix/2010/05/post-195.html

■塩見直紀によるブログレポート
http://plaza.rakuten.co.jp/simpleandmission/diary/201005150000/
http://plaza.rakuten.co.jp/simpleandmission/diary/201005160000/
=======================

綾部里山交流大学2010年5月の里山生活デザイン学科は「初夏の里山編」です!

 豊かな里山の地・綾部を舞台に、綾部の農的実践者(先達)、カリスマ農家、田舎暮らし先駆者等から、土に根ざし、創造的に生きるための技術やヒントを講座や実習等で学んでいただく里山生活デザイン学科(=1泊2日の実技系講座)を5月15日(土)~16日(日)に開催します。

 夏編、冬編、旧正月編に続いて、4回目となる今回は、「初夏の里山編」とし、「田植えのある生活」をテーマにおこないます。

「初夏の里山編」
2010年5月15日~16日 1万8千円(1泊3食込)

【こちらの申込フォームからお申し込みください】
http://www.satoyama.or.jp/modules/bmsurvey/survey.php?name=gansyo

内容は盛りだくさん(予定です)

■里山ねっと・あやべの近くにある静かな人気散策地「お地蔵様と一本檜」そばでの田植え体験
■綾部の人気移住地で始まった「志賀郷 田舎手作り三土市」訪問(綾部のUIターンの代表的な人に会え、交流できます)

■中村明弘さん(土恋処農園)のトーク
■初夏の里山をテーマにした自然食料理
■山ブキ・水ブキ採りと佃煮づくり
■綾部に移住されたアーティストのお宅訪問(草木染作家 森口靖彦さん・雪枝さん)

などの内容を予定しています。

**********************************

★土曜に調理実習・日曜に田植えの予定でしたが、天候の関係から両者をさしかえ、土曜に田植え・日曜に調理実習とさせていただきます。


綾部里山交流大学「初夏の里山編」

(5月15日土曜)

12:30 綾部駅集合 綾部の人気移住地・志賀郷(しがさと)へ移動

移動の車中、開講式(挨拶、自己紹介など)

13:00~14:30
志賀郷手作り市「三土市」見学(地元のカリスマ農家、移住されたアーティストなど

綾部のキーマンに一同に会えます。)案内:塩見直紀(半農半X研究所)

14:30~15:30
移動・着替え

15:30~17:30
「田舎暮らしの基本 「田植え」入門(指導:あやべ里山米づくり塾長・山下市郎氏ほか)

17:30~18:30
お風呂

18:30~19:30
夕食:里山自然食料理(プロデュース:トヨサト食堂ネットワーク)

19:30~21:00
志賀郷地域に移住された若い世代による里山暮らしトーク
ゲスト:中村明弘さん(土恋処農園)

21:00~
懇親会

(5月16日 日曜日)

7:30
朝食(プロデュース:トヨサト食堂ネットワーク)

8:10~9:00
村を歩こう......「村散歩」(案内:塩見直紀(半農半X研究所)

9:00~9:30
里山の食の学校・採取編 里山での「フキ採り」(ミズブキ、ヤマブキ)

(指導:里山ねっと・あやべ・四方久野、塩見直紀)

9:30~12:00
里山の食の学校・料理編 「フキ料理」(佃煮づくりなど5品ほど)

(指導:里山ねっと・あやべ:田中仲江・四方久野)

12:00~13:00
昼食(プロデュース:トヨサト食堂ネットワーク)

13:00~15:00
綾部に移住されたアーティスト宅訪問と話:
草木染作家 森口靖彦さん・雪枝さん

15:00~16:00 閉校式

★終了後、綾部駅までお送りいたします。駅まで車で20分くらいですので、16:30頃には綾部駅ご到着、16:59綾部駅発の特急にお乗りになれることは確実です。16:59の特急のあとは17:15発の鈍行、17:41発の急行と続きます。(京都方面を想定)

**

京都府綾部市志賀郷町 
土恋処農園 
中村明弘さん・千恵さん

「土恋処(どっこいしょ)農園」の農園主・中村明弘さん(38)は大阪府豊中市の出身です。

幼いころから両親と家庭菜園を楽しみ、玄米を食してきたそうです。

高校卒業後、4年近くをかけて沖縄から北海道まで自転車で巡る旅をしました。
サトウキビ畑や牧場など、旅先で働きながら現地の人々の暮らしにふれました。
さらにピースボートの世界一周の旅にも出発。
旅を通じて、北海道のアイヌの人々の自然に対する考え方や思想、
ハワイの先住民の生き方、自然と一体の暮らしぶりに大きな影響を受けました。
20代半ば、「日本に帰って百姓になりたい!」という夢が生まれました。
旅先で千恵さんと知り合り、結婚。就農した先輩のつてを頼って兵庫県豊岡市(旧但東町)で就農したのは26歳のときでした。
3人の子宝(みんな男の子!)に恵まれた中村夫妻。
旧但東町では畑2反、田んぼ3反で四季折々の作物を作り、
個人を中心に宅配、また小売店やレストラン、助産所に野菜や加工品を届けてきました。
手作りの暮らしの中から生まれるものを通じて、おいしさと幸せを共有していきたい。
暮らしが仕事であり、仕事が暮らしであることを知ってほしい。
そんな思いから農園の品々(大地の恵みであるお米、旬の野菜、田畑でとれた素材を活かした農産加工品、心と体にやさしいナチュラルスイーツなど)は
「暮らしの中から生まれるものたち=MADE IN LIFE」と名付けています。
Iターンで兵庫・豊岡で10年余り過ごした中村さん一家。
その後、縁あって、綾部の志賀郷に2009年春、再移住されました。
たくさんの仲間に支えられながら「農をベースにした手づくりの暮らし」を目指し、
新たな土地・綾部で「志賀郷(しがさと)生活」を楽しんでおられます。

**

----------------------

「綾部里山交流大学」2010年度

【交流デザイン学科】日程調整中

・2泊3日コース(2万5千円)
・1泊2日コース(1万8千円)

【里山生活デザイン学科】日程調整中

・1泊2日コース(1万8千円)

このブログ記事について

このページは、ayabeが2010年3月23日 13:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「(紹介)志賀郷田舎手作り三土市(2010年4月17日~毎月第三土曜日)」です。

次のブログ記事は「」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0