[紹介]戦国時代の遠見番所「釈杖ヶ岳」登山会(2010/1/17→1月31日に延期になりました。

|
雪のため1月31日に変更します。

釈杖ヶ岳山頂から眺める夕陽
クリックでちらしPDFを表示

---------------------------------------------------
戦国時代の遠見番所「釈杖ヶ岳」
-福知山盆地を眼下に一望
---------------------------------------------------

 釈杖ヶ岳は、西原町と味方町の間にある小高い山です。

 戦国時代には遠見番所があった釈杖ヶ岳の西方には、その眺めをさえぎるものが全くありません。眼下には綾部から福知山に広がる東西約14km、南北約1.5kmの福知山盆地が、さらに彼方の山並みの中には、やや北側に一際高くそびえる三岳山(839m)、その北側の大江山(千丈ヶ岳833m)が眺望できます。

東側のふもとには西原町が、由良川の対岸には和木町が箱庭のように広がります。

最近、西原町ではこの釈杖ヶ岳の頂上を含み刈り払い整備されました。

皆様方には、この機会に多数参加していただきますようご案内致します。

【日時】
平成22年1月17日1月31日(日)小雨決行、雨天の時24日(土)

【集合・出発】
午後1時30分

【集合場所】
 西原町 正光神社

【駐車場】
西原町山村広場東側(熊野神社西側)駐車場

※駐車場が狭いため、自家用車は乗り合わせで参加して下さい。

【行程】
正光神社から釈杖ヶ岳頂上までを徒歩で往復、上り約40分

【同行解説者】
郷土史家 川端二三三郎氏

【服装・持ち物】
必要に応じて 水筒、杖、雨具

【参加費】
無料(傷害補償等は一切ありません。御了承ください。)

【主催】
山家今昔写真の会

【共催】
西原町自治会

【問合せ先】
山家公民館 綾部市鷹栖町豊後田32 電話 0773-46-0345,46-0012

 

釈杖ヶ岳山頂から西の展望(朝霧)

釈杖ヶ岳山頂から西の展望(青空)

釈杖ヶ岳山頂から南の展望(和木)

釈杖ヶ岳と由良川の流れ(小貝から)

釈杖ヶ岳山頂から眺める夕陽

このブログ記事について

このページは、ayabeが2009年12月20日 12:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「綾部市里山交流研修センター(里山ねっと・あやべ)年末年始の休館予定は2009/12/28~2010/1/5です」です。

次のブログ記事は「新春・里山食堂のお茶まつり~そばの香り・大地の恵み・甘いしずく~(2010/1/10)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0