2009年12月アーカイブ

|

綾部市里山交流研修センターは2009年12月28日(月)~2010年1月4日(月)までが年末年始の休館となります。また2009年1月5日(火)も休館(毎週火曜日)です。従って12/28~1/5が冬休みに該当します。その間、宿泊や食事、貸部屋など、施設利用一般をお休みいたします。事務局も閉まっていますので、問い合せ対応やコピーサービスなどはお休みです。電話・FAX・電子メールへのご対応など、事務処理もそのあいだ停止いたしますので、お返事できるとしても年明けになりますが、あらかじめご了承ください。書籍のご注文・問い合せへのご対応も冬休み中はお休みし、年始の始業以降になります。綾部里山交流大学のお申し込みはWEBフォーム経由でいただければ受付けさせていただきます。

2010年1月10日(日)
「新春・里山食堂のお茶まつり~そばの香り・大地の恵み・甘いしずく~」幸喜山荘で開催します!

2010年1月16日(土)~17日(日)
「田舎の「知恵」「技」が日本を救う!~「野山の達人の知恵伝承」とゲンキな田舎の成功方程式」⇒詳しくみる!

講師=かくまつとむ(鹿熊勤)さん⇒参加を申し込む

2010年2月13日(土)~14日(日)
里山生活デザイン学科・旧正月編「旧暦的生活」⇒詳しくみる!
講師=ハタノワタルさん(和紙アーティスト)、久保田豊和さん(『暦に学ぶ野菜づくりの知恵-畑仕事の十二カ月』著者)
参加を申し込む

2010年3月20日(土)~22日(月・振休)
「すべての人が社会起業家になる時代に向けて」⇒詳しくみる!

講師=木村真樹さん(コミュニティユースバンクmomo)、宮治勇輔さん(農家のこせがれネットワーク)、山本繁さん(コトバノアトリエ)、田中進さん(サラダボウル)、中川誼美さん(吉水)ほか⇒参加を申し込む

⇒綾部里山交流大学(2009)申込み
(WEBフォーム)  http://www.satoyama.or.jp/modules/bmsurvey/survey.php?name=gansyo
(WORDファイル) http://www.satoyama.gr.jp/file/gansyo2009.doc

里山ねっと・あやべの「綾部里山交流大学」で2008年9月23日にお話しいただいた松場登美さんが、2010年2月19日、綾部で講演されます!
http://www.satoyama.gr.jp/topix/2008/07/post-96.html

==============================================
綾部商工会議所「経営塾」

「足下の宝を見つめて暮らしをデザインする」

【講師】松場登美さん
他郷阿部家代表取締役、石見銀山生活文化研究所所長
http://www.takyo-abeke.jp
http://www.gungendo.co.jp
http://takyo-abeke.sblo.jp
http://www.gungendo.co.jp/iwamiginzan/tomi/


2010年2月19日(金)
19~21時
綾部市I・Tビル2階
(綾部市西町1-49-1)

無料(予約優先)

(問合せ・申込)綾部商工会議所
電話0773-42-0701
FAX0773-42-2777

(綾部商工会議所)
http://imedia-cs.net/~acci/

==============================================

※以下は、綾部里山交流大学2008の際にいただいた写真・プロフィールです

松場登美さん
松場登美さん

<松場 登美さん>
1949年:三重県津市芸濃町生まれ
1981年:夫(松場大吉)のふるさと大森町(石見銀山)に帰郷。
    実家・松場呉服屋の片隅で布小物の製造、販売を始める。
1989年:築150年の古民家を修復し、「ブラハウス」をオープン。
    以来、数軒の古民家を修復し、生活文化交流の場として活用。
1993年~2003年:女性による、女性のためのフォーラム「鄙のひなまつり」を10年間主催。
1996年:国土交通省・都市地域整備局より地域アドバイザーに任命される。
1998年:株式会社 石見銀山生活文化研究所を設立。所長就任。
2003年:NPO法人「納川の会」(のうせんのかい)発足。理事就任
    国土交通省・観光カリスマ百選の1員に任命される。
2006年:文部科学省・文化庁より文化審議会専門委員に任命される
2007年:経済産業省・地域中小企業サポーターに任命される
内閣官房・都市整備本部より地域活性化伝道師に任命される

開催趣旨

里山ねっと・あやべでは、お茶を使ったオリジナルレシピを募集します。

募集内容

日本茶を使用したメニューのレシピ(料理・お菓子・デザートなど)

*本コンテストにおけるお茶とは、日本茶に限定いたします。

応募資格

  • 年齢、性別、国籍は問いません。
  • オリジナルのものに限ります。
  • 共同作品でもO.K.です。
  • 一人何通でも、かまいません。
  • 申し込み方法

    以下の申込フォームからのご応募または、申込書をダウンロード頂きメール、FAX、郵便等でご応募ください。

    締切

    2010年1月24日(日)必着

    コンテスト

    2010年2月7日(日)に試食によって審査を行います。応募者も審査員になっていただけます。

    備考

    • 応募者には、2010年1月末頃までにコンテスト当日のご案内をいたします。
    • 応募者多数の場合は、厳正な書類選考にてコンテスト出場作品を事務局で決めさせていただきます。
    • コンテスト当日はレシピにもとづいて実際に調理していただきます。この時の材料費は負担いたします。
    • 受賞作品は、綾部市里山交流研修センターで行うレストランのメニューとして今後提供する予定です。
    • コンテスト当日の都合が悪いなどお越しいただけない場合は、里山ねっとスタッフによる調理も可能です。
    • 応募書類などは、返却いたしません。
    • 提出作品のレシピやデザインなどはNPO里山ねっと・あやべの活動に自由に使わせていただくものとします。
    • 応募に関する費用は、自己負担となります。

    • 最優秀賞一名
    • 優秀賞一名入賞者には、賞状と副賞を贈呈します。
    • 特別賞若干名(副賞は現在、検討中です。)

    審査基準

    味・独創性・バランス・見栄え・手軽さ・ネーミングなど

    個人情報について

    • 応募いただいた個人情報は厳格に管理しますが、当法人の事業の連絡などに使用させていただくことがあります。
    • なお、入賞者のお名前、居住地(市町村)、レシピは、当法人のホームページなどで発表いたします。匿名希望の方は応募の際にニックネームをご記入ください。

    お問い合せ先・お申し込み先

    NPO法人里山ねっと・あやべ
    電話:0773‐47‐0040
    FAX:0773‐47‐0084
    京都府綾部市鍛治屋町茅倉9番地
    綾部市里山交流研修センター内
    mailto:lfn(アットマーク)satoyama.or.jp

============================
新春・里山食堂のお茶まつり
~そばの香り・大地の恵み・甘いしずく~
============================

★京都府緊急経済・雇用対策事業プロジェクト
※この「里山食堂」は里山ねっと・あやべが京都府緊急経済・雇用対策事業補助金を受けて雇用を行ない実施するものです。

2010年1月10日(日)

於 幸喜山荘(綾部市里山交流研修センター)

 

新しい一年のはじまりに あったかくて おいしい時間を過ごしませんか?

お茶をテーマにした1日限りの食堂。おいしい日本茶の入れ方教室もあります!

春を待つ 里山からの おさそいです。


予約不要

・お茶タイム 午前10時~午後4時
・食事タイム 午前11時~午後2時

■日本茶インストラクターが、その場で上級の玉露を入れます。

■雑穀や野菜のうまみを、存分に引き出した料理が並びます。

■特別コース料理もあります。

■十割そばの単品メニューもあり。

■和菓子・スイーツが、お茶を盛り立てます。

■いちごなどを使ったフレッシュジュースもあります。

■お茶にまつわる展示・販売ブースも併設。出展者募集中

■綾部茶を活用するレシピのコンテストも予定しています!

(料金・数量など変更することがあります)

 

★メニューは以下のプロが提供します!★

 

■日本茶インストラクター・四方英幹(綾部市小西町)

「日本茶インストラクター」は日本茶の全てにわたる知識及び技術をもつ指導者として、NPO法人日本茶インストラクター協会が認定した資格。
日本茶教室などを通じて綾部のお茶を多くの人に知ってもらいたいと活動している。


■穀物菜食料理研究家・宮園ナオミ(綾部市八津合町)

自然食品・自然雑貨のお店『粒々屋 五彩』(つぶつぶや ごさい)を展開中。2009年3月に綾部に移住。自然がまだ多く残る綾部で、自然と調和しながら、自然のリズムで暮らすことを目指している。

■蕎麦打ち人・安喰健一(綾部市西方町)

鯖江市にある「手打ちそば処だいこん舎」にて5年間修行。
2008年1月より綾部市に移住。農のある暮らしを切り開くことと、そばを接点に対話できる機会を作ってゆくことを目指す。

***************************************

<お問い合わせ・開催場所>
NPO法人里山ねっと・あやべ 電話:0773-47-0040
京都府綾部市鍛治屋町茅倉9番地 綾部市里山交流研修センター
http://www.satoyama.gr.jp    mailto ayabe@satoyama.gr.jp

***************************************

雪のため1月31日に変更します。

釈杖ヶ岳山頂から眺める夕陽
クリックでちらしPDFを表示

---------------------------------------------------
戦国時代の遠見番所「釈杖ヶ岳」
-福知山盆地を眼下に一望
---------------------------------------------------

 釈杖ヶ岳は、西原町と味方町の間にある小高い山です。

 戦国時代には遠見番所があった釈杖ヶ岳の西方には、その眺めをさえぎるものが全くありません。眼下には綾部から福知山に広がる東西約14km、南北約1.5kmの福知山盆地が、さらに彼方の山並みの中には、やや北側に一際高くそびえる三岳山(839m)、その北側の大江山(千丈ヶ岳833m)が眺望できます。

東側のふもとには西原町が、由良川の対岸には和木町が箱庭のように広がります。

最近、西原町ではこの釈杖ヶ岳の頂上を含み刈り払い整備されました。

皆様方には、この機会に多数参加していただきますようご案内致します。

【日時】
平成22年1月17日1月31日(日)小雨決行、雨天の時24日(土)

【集合・出発】
午後1時30分

【集合場所】
 西原町 正光神社

【駐車場】
西原町山村広場東側(熊野神社西側)駐車場

※駐車場が狭いため、自家用車は乗り合わせで参加して下さい。

【行程】
正光神社から釈杖ヶ岳頂上までを徒歩で往復、上り約40分

【同行解説者】
郷土史家 川端二三三郎氏

【服装・持ち物】
必要に応じて 水筒、杖、雨具

【参加費】
無料(傷害補償等は一切ありません。御了承ください。)

【主催】
山家今昔写真の会

【共催】
西原町自治会

【問合せ先】
山家公民館 綾部市鷹栖町豊後田32 電話 0773-46-0345,46-0012

 

釈杖ヶ岳山頂から西の展望(朝霧)

釈杖ヶ岳山頂から西の展望(青空)

釈杖ヶ岳山頂から南の展望(和木)

釈杖ヶ岳と由良川の流れ(小貝から)

釈杖ヶ岳山頂から眺める夕陽

綾部市里山交流研修センターは2009年12月28日(月)~2010年1月4日(月)までが年末年始の休館となります。また2009年1月5日(火)も休館(毎週火曜日)です。]

従って12/28~1/5が冬休みに該当します。

その間、宿泊や食事、貸部屋など、施設利用一般をお休みいたします。

事務局も閉まっていますので、問い合せ対応やコピーサービスなどはお休みです。

電話・FAX・電子メールへのご対応など、事務処理もそのあいだ停止いたしますので、お返事できるとしても年明けになりますが、あらかじめご了承ください。

志賀郷サンタパレード(2009/12/23-24)
(志賀郷サンタパレード実行委員会)

(詳細はこちら)
http://blog.livedoor.jp/farming0704/?blog_id=2183925

<引用--------------------->
志賀郷サンタパレード実行委員会は、農閑期に於いて老いも若きも楽しめて、喜べる事を何かを行いたいと思った、農業関係者を始めとする有志が集まり、所有する道具(農家は農機具・会社勤めする人は知恵と体力、技術等や、廻りにある材料・商材)をフル動員させ、地域参加(小学校PTA、地元有志等)で過疎が進むこの地域に光明を持たせたいと云う考えの基、地域の発展を目指すことを目的として、雪が降ろうが雨になろうが12月24日のクリスマスイブの夜にサンタパレードなる催しを行っています。

その内容は、ほんとに真っ暗な田舎道23㎞を、10台の電飾で飾ったトレーラーを、トラクターで引くまさに音と光のページェントでして、道路通行許可も取ってのパレードです。

パレード途中のイベントは、各町内会のポイント毎に停車して、サンタの衣装に包まれた志賀小学6年生が行うハンドベル演奏があり、天使に扮した子供達からのささやかながらのプレゼントが配られたりと、ほんとに地域上げてのイベントです。

そのサンタパレードも今年で14年目となり、更に3年前からはJAにの国、何北(かほく)支店前の広場をお借りしての前夜祭も行う様になり、そこではサンタのコスチュームに変身した有志のみんなが、今回も特製カレー・本場讃岐うどん・唐揚げ・たこ焼き・手作りクッキー・ココア・チャイ・ショートケーキ等の食べ物、飲み物やプレゼント・志賀小学6年生のハンドベル演奏・セミプロマジシャンのマジック・ビンゴゲーム等を用意して皆様をお迎えし、一層賑やかな地域に根ざしたイベントなんです。

このお祭りは、遙か遠くからお出で頂きましても一見の価値以上の価値が、十二分にあります!

詳細・浄財の寄付(ははっ!)等に付きましては、どうぞ遠慮無くお問い合せ下さい。

前夜祭 12月23日(火、天皇誕生日) PM17:00~PM20:00  JAにの国 何北(かほく)支店前にて、◎5時に点火式、その後、志賀小学6年生のハンドベル演奏・セミプロマジシャンのマジック・ビンゴゲーム等行いま~す。

サンタパレード 12月24日 
JAにの国 何北(かほく)支店前に、パレードはPM19:30頃に到着予定

サンタ一同で皆様のお越しを、心よりお待ち申し上げております。
<---------------------引用>

綾部里山交流大学2009年12月講座【終】の開催風景です。
http://www.satoyama.gr.jp/topix/2009/06/post-158.html

 

★参加者のひとり、koyamakaoriさんがブログで12月講座の参加記録を紹介してくださいました!
http://koyamakaori.blog.shinobi.jp/Entry/66/
http://koyamakaori.blog.shinobi.jp/Entry/67/

20091205-06綾部里山交流大学「里山生活デザイン学科・冬編」
皆さんの志に感じて天も晴れました

20091205-06綾部里山交流大学「里山生活デザイン学科・冬編」
「紅葉公園」を散歩

20091205-06綾部里山交流大学「里山生活デザイン学科・冬編」
翌日の干し大根作りのため大根をとりました

20091205-06綾部里山交流大学「里山生活デザイン学科・冬編」
山仕事の心がけをきいて

20091205-06綾部里山交流大学「里山生活デザイン学科・冬編」
不要な倒木を処理

20091205-06綾部里山交流大学「里山生活デザイン学科・冬編」
柴の束ができました

20091205-06綾部里山交流大学「里山生活デザイン学科・冬編」
繁殖しやすい竹を刈り取ります

20091205-06綾部里山交流大学「里山生活デザイン学科・冬編」
「山椒の木」を記念植樹

20091205-06綾部里山交流大学「里山生活デザイン学科・冬編」
薪割り体験で薪が割れた瞬間

20091205-06綾部里山交流大学「里山生活デザイン学科・冬編」
松村苗未さんの調理実習

20091205-06綾部里山交流大学「里山生活デザイン学科・冬編」
見るだけで、そして食べるだけで元気になれるような夕食

20091205-06綾部里山交流大学「里山生活デザイン学科・冬編」
松村苗未さんの講義

20091205-06綾部里山交流大学「里山生活デザイン学科・冬編」

20091205-06綾部里山交流大学「里山生活デザイン学科・冬編」
丁寧に大根を切って......

20091205-06綾部里山交流大学「里山生活デザイン学科・冬編」
干します

20091205-06綾部里山交流大学「里山生活デザイン学科・冬編」
臼で大豆をつぶして味噌づくり

20091205-06綾部里山交流大学「里山生活デザイン学科・冬編」
チョッパーも活用します

20091205-06綾部里山交流大学「里山生活デザイン学科・冬編」

20091205-06綾部里山交流大学「里山生活デザイン学科・冬編」
指導は綾部市和木町の和久眞佐代さん

20091205-06綾部里山交流大学「里山生活デザイン学科・冬編」
壷につめます

20091205-06綾部里山交流大学「里山生活デザイン学科・冬編」
出来上がったらお土産としてお送りします!

20091205-06綾部里山交流大学「里山生活デザイン学科・冬編」
次は田中仲江さんの指導のもとパン作りです

20091205-06綾部里山交流大学「里山生活デザイン学科・冬編」

20091205-06綾部里山交流大学「里山生活デザイン学科・冬編」

20091205-06綾部里山交流大学「里山生活デザイン学科・冬編」
地元の小豆であんパンです

20091205-06綾部里山交流大学「里山生活デザイン学科・冬編」
ピザ完成!

20091205-06綾部里山交流大学「里山生活デザイン学科・冬編」

20091205-06綾部里山交流大学「里山生活デザイン学科・冬編」
そば職人・安喰健一さんからそばの差し入れも頂きました

20091205-06綾部里山交流大学「里山生活デザイン学科・冬編」
洋画家の関輝夫・範子夫妻(夢旅人舎)を訪問

20091205-06綾部里山交流大学「里山生活デザイン学科・冬編」

20091205-06綾部里山交流大学「里山生活デザイン学科・冬編」

20091205-06綾部里山交流大学「里山生活デザイン学科・冬編」
2010年1月開催のかくまつとむさんの講座もよろしくお願いいたします!

================================
綾部里山交流大学2010年2月講座
里山生活デザイン学科「旧正月編」

================================

2010年2月13日(土)~14日(日)

豊かな里山の地・綾部を舞台に、綾部の農的実践者(先達)、カリスマ農家、田舎暮らし先駆者等から、土に根ざし、創造的に生きるための技術やヒントを講座や実習等で学んでいただく里山生活デザイン学科(=1泊2日の実技系講座)を2月13日(土)~14日(日)に開催します。

夏編、冬編に続いて、3回目となる今回は開催がちょうど、2月14日が「旧正月」であるため、「旧正月編」とし、「旧暦的生活」をテーマにおこないます。

内容は、綾部の無形文化財である黒谷和紙の紙漉き体験、ハタノワタルさんによる和紙を使ったワークショップ、雑穀料理研究家・松村苗未さんによる旧正月をテーマにした創作料理、もちつきやかきもちづくり、こんにゃくづくり体験、綾部に移住された方のお宅訪問(古民家探訪)、旧暦研究家・久保田豊和さんによる講演など盛りだくさんの内容を予定しています。

2日目の講師である久保田豊和さんは花や昆虫、気象など自然現象から読み取る農作業時期の目安、日本各地に昔から伝わる農書から知る栽培技術、太陰暦や二十四節気といった旧暦との係わりなど、自然と対話しながら、畑や植物に向き合うスローな畑ライフ、暦にそった野菜づくりを提案されています。旧暦で暮らすことのシンプルさや、知識ではない知恵の大切さ、農的暮らしがなぜ幸せなのかなどについてお話しいただきます。

参加費:18,000円

================================================

⇒綾部里山交流大学(2009)申込み

(WEBフォーム)
http://www.satoyama.or.jp/modules/bmsurvey/survey.php?name=gansyo
(WORDファイル)
http://www.satoyama.gr.jp/file/gansyo2009.doc

※願書の提出をもって申込みとします。願書の提出のない方は申込んだことになりません。

※WEBフォームの送信、もしくはWORDファイルに記入してメール添付かFAXで送信の、いずれでも構いません。

========================================
一泊二日の日程のうち、

2月14日13時からの久保田豊和さん(『暦に学ぶ野菜づくりの知恵~畑仕事の十二ヵ月』著者)の講演
「旧暦暮らしと農書の知恵」
は一般公開講座(一泊二日でなくこのクラスだけの受講が有料で可能)です。

このクラスのみの受講は1000円とさせていただきます。

人数把握や事務連絡のため、一泊二日全体と同様、要申込みです。

里山ねっと・あやべ事務局に希望クラス、お名前、ご連絡先などをメール(ayabe@satoyama.gr.jp)、電話(0773-47-0040)、fax(0773-47-0084)などでご連絡ください。

もしくは以下のWEBフォームから、希望クラス、お名前、ご連絡先を送信してください。
http://www.satoyama.or.jp/modules/contact/

========================================

【ハタノワタルさん】
http://blogs.yahoo.co.jp/aaawtaaa/
http://www.hatanowataru.org

'71  淡路島に生まれる

'95  多摩美術大学絵画科油画専攻卒

'97  黒谷和紙研修生となる

'98  ベトナムに紙漉き職人として派遣

'98  黒谷和紙協同組合青年会を立ち上げる

    ベトナムに紙漉き職人として派遣
'99  第3回久美浜アートクラフト展出展(以後第10回まで毎回出展)
'00  瓢鰻亭(福岡)にて個展
'02    サラサ(京都)にて個展
'04   綾部ファインアートグラデーション(AFaG)を立ち上げる。
      ライブペイント、パフォーマンス等の活動を開始

'05  ダリ(舞鶴)にて「ライン展」(個展)
    ダリ(舞鶴)にて「自画像展」(AFaG)

'06  かりん(京丹波市)にて「7cmのアート展」(AFaG)
     扇屋懐古亭(綾部)にて「風景展」(個展)
'07  「クラフトフェアーまつもと」出展(以後毎年)
    インスピブロ(京都)「ハタノワタルの仕事展」(個展)
    宇沙戯舎(和田山)にて「ワカバン展」(ハタノワタル・ユキ)
    西村屋ホテル招月庭にて「紙の素展」(グループ展・企画)
      綾部にて自然と環境を考えるイベント「つなぐ」を自主企画運営
       NUSHISA(埼玉)にて「紙からかばん展」(ハタノワタル・ユキ)

    「工房からの風」(千葉)出展
'08  城崎温泉木屋町小路20m×5mの外壁面、施工
    環境・食を考えるイベント「くにうみまつり」チラシ、ポスター制作  
     扇屋懐古亭にてとても静かな風景展(個展)
'09  恵文社(京都)にて「和の紙です。展」(個展)
    えころ(福知山)にて「頂きます。展」(個展)

    ミルクギャラリー(東京)にて「静かに教えてくれた事展」(個展)
     クラフトステーション(長野)にて「2と5展」(グループ展)
    「木と石と紙展」(3人展)を地元で行う。企画運営
     宇沙戯舎(和田山)にて紙の音展(ハタノワタル・ユキ)

「創る和紙職人」ハタノワタルさん

========================================

【久保田 豊和(くぼた とよかず)さん】
1965年静岡県生まれ。静岡大学農学部卒業。現在、静岡県立田方農業高等学校教諭。80年代後半に農書に出会い、農事暦および旧暦の研究に取り組む。農業教諭としてライフデザイン科セラピーコース(園芸福祉)を担当する。地域やNPOと連携し、子どもや高齢者、障害者とともに植物を栽培する交流授業に取り組む。そのわかりやすい解説は定評があり、中学校「技術・家庭」の教科書で栽培の執筆を務める。プライベートでは田畑を耕し、旧暦暮らしを実践。(『畑仕事の十二カ月』掲載の略歴)


『暦に学ぶ野菜づくりの知恵~畑仕事の十二ヵ月』著者・久保田豊和さん

===================================================

宮園ナオミ(みやぞの なおみ/松村苗未)さん
http://gosai.blog.eonet.jp

自然食、雑穀を取り入れた穀物菜食料理研究家。
自然食品・自然雑貨のお店『粒々屋 五彩』(つぶつぶや ごさい)を展開中。

米留学中に、現代栄養学を学ぶ。ファーストフードとサプリメント社会の世の中を見て、数値合わせの現代栄養学に違和感と疑問を抱くようになる。そんな中、『マクロビオティック』に興味を持ち学び始め、「食とは、食物の生命力(エネルギー)を取り入れること」だと気付かされる。「断食」や「半断食」を経験しながら、身体と自然との関係を体験し、「穀物菜食」(精進)を日々続けることで、これからの生き方や世の中の視点の向け方を少しでも学び、それを広める活動をしている。
2009年3月に、生まれ育った大阪(池田市)を離れ、綾部(上林地区)に移住。自然がまだ多く残る綾部で、自然と調和しながら、自然のリズムで暮らすことを目指している。現在は「農家民泊」も受け入れ、街に住む人たちにも自然の良さや農作業を体験していただき、これからの新しい暮らしの提案をしている。その他、「穀菜食クッキング」(料理教室)も開催。大阪方面を中心に活動中。今後は、地元である綾部にても料理教室の展開を目指している。

松村苗未さん

========================================

安喰 健一(あじき けんいち)さん

  10年前、福井県で蕎麦と出会う。
心を打たれ、鯖江市にある「手打ちそば処だいこん舎」にて約5年間修行。
  その後は店舗を構えずに出張のスタイルで、東京・大阪・千葉・福井などで蕎麦給仕を行う。
  縁あって2008年1月より京都府綾部市に移住。
  農のある暮らしを切り開くことと、そばを接点に対話できる機会を作ってゆくことを目指す。
  1972年 兵庫県神戸市出身。
ひと言...「触れて、ひと手間かけることで得られる"喜び"を分かち合えたら嬉しいです」

安喰 健一(あじき けんいち)さん

================================================

里山生活デザイン科(旧正月編)
2010年2月13日(土)~14日(日)

今回のテーマ:「旧暦的生活」

プログラム(予定)


(2010年2月13日 土曜日)=旧暦の大晦日
内容 場所
集合 12時頃綾部駅集合になる可能性がありますが申込み後にご案内します  
13:00~13:30 開校式(事務局長挨拶、自己紹介など) 綾部市黒谷町
13:30~15:00(90分) 黒谷和紙 紙すきの話と紙すき体験
旧暦の大晦日、新しき年への思いをこめて、和紙を漉く
指導:ハタノワタルさん(創る和紙/和紙職人、アーティスト※綾部にIターン)
綾部市黒谷町
15:15~16:45(90分)

和紙を使ったワークショップとトーク「ぼくの選んだ道~綾部に暮らし、紙を漉き、作品をつくる」
指導とお話:ハタノワタルさん

綾部市篠田町
17:00~18:00(60分)
夕食
(穀物菜食研究家 宮園ナオミ(松村苗未)さんによる"旧正月"お祝い創作料理)
里山ねっと
18:00~19:30(90分)

「新しい春に向けての夢フォーラム」
ハタノワタルさん、宮園ナオミ(松村苗未)さん、安喰健一さん

里山ねっと
19:30~20:30 お風呂 里山ねっと
20:30~22:00(90分)

旧大みそか交流会「夢を語る会」
司会=塩見直紀

里山ねっと
22:00~ 年越し[旧暦]そば
そば職人安喰健一さん(大阪から綾部にIターン)
里山ねっと
(2010年2月14日 日曜日)=旧正月(新月)    
7:00~8:00 朝食(里山ねっと・あやべ的・旧正月料理) 里山ねっと
8:00~12:00(240分=4時間)

里山の食づくりをマスターしよう
手仕事、手作り、手塩にかける、を継承する

・こんにゃくづくりをマスターする
・もちつきをマスターする
・かき餅づくりをマスターする
・甘酒のつくりかた
(予定)

里山ねっと
12:00~13:00(60分) 昼食+記念撮影 里山ねっと
13:00~15:00(120分)


旧正月特別講演「旧暦暮らしと農書の知恵」
......旧暦で暮らすことのシンプルさ
......知識ではない知恵の大切さ
......農的暮らしがなぜ幸せなのか

※この13:00~15:00のクラスは一般公開講座(1000円)として個別受講も可能です(要申込み)

『暦に学ぶ野菜づくりの知恵~畑仕事の十二ヵ月』(家の光協会、2008)著者で、旧暦に詳しい久保田豊和さんの講演。

※花や昆虫、気象など自然現象から読み取る農作業時期の目安、日本各地に昔から伝わる農書から知る栽培技術、太陰暦や二十四節気といった旧暦との係わりなど、自然と対話しながら、畑や植物に向き合うスローな畑ライフ、暦にそった野菜づくりを久保田さんは提案されています。旧暦で暮らすことのシンプルさや、知識ではない知恵の大切さ、農的暮らしがなぜ幸せなのかなどについてお話しいただきます。

里山ねっと
15:00~15:30 古民家(リフォーム中)探訪
......里山的暮らし ECO TASK TEAM 代表多田正俊さん(兵庫から綾部に移住)宅
多田正俊さん宅
15:30 閉校式(ひとこと感想のシェアリング) 里山ねっと
  終了後解散 ※往路電車でこられた方は職員が駅へ送迎します。17時前の電車にはお乗りいただける見込みです。  

★予定です。変更・調整もありえます。 最新の情報はWEB上で更新しますのでそちらをご参照ください。

 

【綾部里山交流大学2009募集要領概要】========================

(割引について)
・学生割引
......参加費1割引(学生証の提示が必要です)

・地元割引(綾部市民ないし里山ねっと・あやべのNPO会員)
......参加費1割引

※割引については、いったん通常価格を事前振込み後、開催当日に返金する形式とします。

(宿泊について)
交流大学参加者は、綾部市里山交流研修センターに1泊宿泊できます。すなわち申し込んだ講座の前後いずれかの日に綾部市里山交流研修センターに宿泊できますので、遠方からの参加者のかたはご活用ください。ただし売店や食堂などは充分にありませんので、宿泊時のお食事はパンなどを各々ご用意ください。交流大学としてのお食事の提供は開始日の夜からです。

(「交流大学会員」制度について)
綾部里山交流大学は「交流大学会員」制度を設置します。

会費は1年あたり2万円です。

交流大学の参加費2割引。(返金形式)

「交流大学会員」は、綾部里山交流大学の各講座に参加する際、参加費が2割引になります。

※年会費2万円を参加費に充当する制度でありません。参加回数の多少にかかわらず年会費は返金しません。

以上、複数の割引の重複適用はありません。

遅刻や早退などにより各講座のうち一部分を欠席した場合や、自宅で宿泊・食事をすることで綾部里山交流大学の提供する宿泊・食事を利用しなかった場合も、返金はありません。

========================


綾部里山交流大学参加費
振込先

金融機関:イーバンク銀行 ジャズ支店201
口座番号:普通 7015969
口座名義:特定非営利活動法人 里山ねっと・あやべ

金融機関:京都北都信用金庫 中筋支店
口座番号:普通 0467041
口座名義:特定非営利活動法人 里山ねっと・あやべ

金融機関:郵便貯金
口座番号:14470-31754361
口座名義:特定非営利活動法人 里山ねっと・あやべ

------------------------------------------------

【郵便局口座への振り込みがうまくいかない場合】

原因は不明ですが、郵便局口座への振り込みがうまくいかない場合があるとのご報告を受けております。

仮に自動支払機(ATM)でうまくいかなかった場合、郵便局備付けの振り込み用紙を使い、窓口で試してみてくださいますでしょうか。

それでもうまくいかない場合、郵貯以外の業者から当方の郵貯口座へのお振込みをご検討いただくか(下記※ご参照)、郵貯口座以外へのお振込み、すなわち京都北都信用金庫かイーバンク銀行へのお振込みをご検討いただくことになります。

(※)
他行(=郵貯以外)から当方の郵貯口座にお振込みいただく場合は、
次の内容をご指定いただいております。
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448  【預金種目】普通預金
【口座番号】3175436(この場合、31754361でなく3175436です)

------------------------------------------------

|

綾部市里山交流研修センターは2009年12月28日(月)~2010年1月4日(月)までが年末年始の休館となります。また2009年1月5日(火)も休館(毎週火曜日)です。

従って12/28~1/5が冬休みに該当します。

その間、宿泊や食事、貸部屋など、施設利用一般をお休みいたします。

事務局も閉まっていますので、問い合せ対応やコピーサービスなどはお休みです。

電話・FAX・電子メールへのご対応など、事務処理もそのあいだ停止いたしますので、お返事できるとしても年明けになりますが、あらかじめご了承ください。書籍のご注文・問い合せへのご対応も冬休み中はお休みし、年始の始業以降になります。綾部里山交流大学のお申し込みはWEBフォーム経由でいただければ受付けさせていただきます。

2010年1月16日(土)~17日(日)
「野山の達人、おじいちゃん・おばあちゃんの知恵伝承」講座⇒詳しくみる!

講師=かくまつとむ(鹿熊勤)さん⇒参加を申し込む

2010年2月13日(土)~14日(日)
里山生活デザイン学科・旧正月編「旧暦的生活」⇒詳しくみる!
講師=ハタノワタルさん(和紙アーティスト)、久保田豊和さん(『暦に学ぶ野菜づくりの知恵-畑仕事の十二カ月』著者)
参加を申し込む

2010年3月20日(土)~22日(月・振休)
「すべての人が社会起業家になる時代に向けて」⇒詳しくみる!

講師=木村真樹さん(コミュニティユースバンクmomo)、宮治勇輔さん(農家のこせがれネットワーク)、山本繁さん(コトバノアトリエ)、田中進さん(サラダボウル)、中川誼美さん(吉水)ほか⇒参加を申し込む

⇒綾部里山交流大学(2009)申込み
(WEBフォーム)  http://www.satoyama.or.jp/modules/bmsurvey/survey.php?name=gansyo
(WORDファイル) http://www.satoyama.gr.jp/file/gansyo2009.doc