「綾部里山交流大学2009」10月講座(10/10~12)にぜひご参加ください

|

綾部里山交流大学2009プログラム(PDF)
原和男さん、大南信也さん、鹿取悦子さん
勅使河原道子さん、片山佳代子さん、古田偉佐美さん
(鹿取さんと勅使河原さんの写真は書籍『京の田舎暮らし』による)

「綾部里山交流大学2009」10月講座

2泊3日の特別集中コース(講師6名)

・09年10月10日(土)~12日(祝)

「大好きなまち(村)で社会的な仕事を創る!」

講師=
大南信也さん(グリーンバレー......徳島県神山町)
鹿取悦子さん(芦生自然学校......京都府美山町)
勅使河原道子さん(ペンション自給自足......京都府宮津市)
原和男さん(色川百姓養成塾......和歌山県那智勝浦町)
古田偉佐美さん(木の花ファミリー......静岡県富士宮市)
片山佳代子さん(ガンジー研究家......新潟県上越市)

【講義日程】
10/10土曜...片山佳代子さん(新潟)大南信也さん(徳島)
10/11日曜...原和男さん(和歌山)古田偉佐美さん(木の花ファミリー)鹿取悦子さん(美山)
10/12月曜...勅使河原道子さん(宮津)

参加費:25,000円


⇒綾部里山交流大学(2009)申込み

(WEBフォーム)
http://www.satoyama.or.jp/modules/bmsurvey/survey.php?name=gansyo
(WORDファイル)
http://www.satoyama.gr.jp/file/gansyo2009.doc

※願書の提出をもって申込みとします。願書の提出のない方は申込んだことになりません。

※WEBフォームの送信、もしくはWORDファイルに記入してメール添付かFAXで送信の、いずれでも構いません。


【大南信也(おおみなみ しんや)さん】

1953年生まれ

http://www.in-kamiyama.jp

1953年徳島県神山町生まれ。米国スタンフォード大学院修了。帰郷後、仲間とともに「住民主導のまちづくり」を実践する中、1996年ころより「国際芸術家村づくり」に着手。全国初となる道路清掃活動「アドプトプログラム」の実施や、「神山アーティスト・イン・レジデンス」などのアートプロジェクトを相次いで始動。2007年より、神山町の施設指定管理や、神山町移住交流支援センターを受託運営。「人」をコンテンツにした「せかいのかみやま」づくりの推進と、的確な目標に向かって過疎化を進める「創造的過疎」を持論に活動中。

役職:特定非営利活動法人グリーンバレー理事長
神山町国際交流協会会長
アドプト・ア・ハイウェイ神山会議代表

職業:大南コンクリート工業株式会社 代表取締役
(有)大南組 代表取締役

受賞歴(個人):
平成19年 地方自治法施行60周年記念総務大臣表彰(地方自治功労者)
(団体): 平成12年 アドプト・ア・ハイウェイ神山会議
「ふるさとづくりコンクール」内閣総理大臣賞
平成12年 神山町国際交流協会
「世界に開かれたまち」自治大臣表彰
平成21年 アドプト・ア・ハイウェイ神山会議
「地域環境美化功労者」環境大臣表彰

大南信也さん


【古田偉佐美(ふるた いさみ)さん】

1951年岐阜県生まれ、58歳。木の花ファミリー創設者、NPO法人青草の会理事。通称「いさどん」。25歳で建築内装業を起業。30歳でスピリチュアルな出会いと目覚めがあり、業務のかたわら人生相談に乗るようになる。次第に心を学ぶ仲間たちが集まる中、40歳で仕事を辞め、新たな生き方を追求することを宣言。40歳の誕生日に事業を整理、2年の準備期間を経て、1994年春、20人の仲間たちとともに富士山の麓に移住、「木の花農園」を創立。以来、15年以上にわたり、農業や養蜂、大工仕事などに多彩な能力を発揮、頼れるみんなの兄貴分としてファミリーの「大黒柱」をつとめてきた。さまざまな問題や悩みを抱えてファミリーを訪れる人々のアドバイザーとしても活躍中。

古田偉佐美さん


【片山佳代子(かたやま かよこ)さん】

岡山県生まれ。1993~94年に夫の海外赴任に同行して、インドで暮らす。その時にガンジーの糸紡ぎの思想に出会い、以後これを伝えることをライフワークにする。現在は、棉を育て、糸に紡ぎ、機織りをしながら、ブログ等でガンジーの思想を紹介している。ピースネット誌 http://www.jca.apc.org/peacenet にも、ガンジー思想を紹介するエッセイを50回に渡って連載。近く本にして出版する予定。糸紡ぎ講習会も開催中。訳書『ガンジー・自立の思想』(地湧社)『ガンジーの教育論』(ブイツーソリューション発行・星雲社発売)
ホームページ http://homepage1.nifty.com/kayoko (ガンジー思想と私)
ブログ http://mkgandhi.cocolog-nifty.com/blog/ (ガンジーの言葉の窓)

片山佳代子さん


【原和男(はら かずお)さん】

色川地域振興推進委員会会長、百姓養成塾代表。
1955年、兵庫県明石市出身。京都府立大学農学部卒。3年間のサラリーマン生活の後、1981年那智勝浦町色川地区に移住。有機農業と平飼い養鶏で生計を立てる。子供に同級生がいなかったことをきっかけに地域の問題に関心を高め、1991年頃より本格的に地域活性化活動に取り組む。2006年より色川地域振興推進委員会会長。2007年には百姓養成塾を立ち上げ、むらを受け継ぐ若い担い手の育成、人と人・人と自然がしっかりとつながりあい各地のむらが守られる社会の雰囲気づくりを目指して活動している。

原和男さん

 

 

10月10日・土曜日

12:40

集合・受付 ※あやバス(12:36)等で到着

13:00~

13:50

10月講座・始業式

学長挨拶 武田 盛治(京都府人事委員会委員長、元京都府教育長)

顧問挨拶 四方 八洲男(綾部市長)

学科長挨拶 新山 陽子(里山ねっと・あやべ理事長、綾部里山交流大学交流デザイン

学科長、京都大学大学院農学研究科教授)

受講心得 秋津 元輝(同副学科長、京都大学大学院農学研究科准教授) 

受講生自己紹介

14:00~

16:00

講義・ディスカッション①「感性学」 (※講義90分+質疑30分)

演題「ガンジーに学ぶ暮らすということ、働くということ」(仮)

片山 佳代子(ガンジー研究家、『ガンジー 自立の思想』訳者/新潟)

コーディネーター:秋津元輝(綾部里山交流大学交流デザイン学科副学科長、京都大学大学院農学研究科准教授) 以下同

16:15~

18:15

講義・ディスカッション②「交流デザイン学」(※講義90分+質疑30分)

演題「『せかいのかみやま』~人をコンテンツにした創造地域づくり~」

大南 信也(NPO法人グリーンバレー理事長/徳島・神山)

18:30~

20:00

交流会(夕食、自己紹介など) 

食事「幸風グループ」(地元素材による田舎料理)

 

10月11日・日曜日

06:00~

村散歩(旧豊里西小学校がある鍛治屋町内)

07:20

朝食(07:30~08:20)

08:20~

10:20

講義・ディスカッション③「交流デザイン学」(※講義90分+質疑30分)

演題「Iターン受入れ35年の歴史から見える危機的集落再生の可能性」(仮)

原 和男(色川百姓養成塾代表、色川地域振興推進委員会会長/和歌山・色川)

10:40~

12:40

講義・ディスカッション④「感性学」(※講義90分+質疑30分)

演題「今なぜエコビレッジなのか-木の花ファミリーの暮らし」

古田 偉佐美(木の花ファミリー創設者/静岡・富士宮)

12:40~

昼食(12:40~13:40)

13:40~

15:40

講義・ディスカッション⑤「価値創出学」(※講義90分+質疑30分)

演題「エコビレッジの可能性-木の花ファミリーとみろくビレッジ」

古田 偉佐美(木の花ファミリー創設者/静岡・富士宮)

16:00~

18:00

講義・ディスカッション⑥「地域資源学」(※講義90分+質疑30分)

演題「美山に暮らすということ、美山で仕事をするということ」(仮)

鹿取 悦子(NPO法人芦生自然学校理事、江和ランド職員/京都・美山)

18:00~

夕食「幸風グループ」(地元素材による田舎料理)

19:30~

個別プレゼンテーション準備作業(個人によるまとめ作業、翌朝発表)

テーマ「大好きなまち・むらで自分の仕事を創る」(仮)

 

10月12日・月曜日・祝

07:20~

起床、朝食(07:20~08:20)

08:20~

10:20

講義・ディスカッション⑦「価値創出学」(※講義90分+質疑30分)

演題「みんなで楽しく自給自足」

勅使河原 道子(ペンション自給自足経営/京都・宮津)

10:40~

12:00

綾部里山交流大学・2009年度10月講座 修了プレゼンテーション

全員による修了プレゼンテーション(1人3分・模造紙)

感想(学長、学科長ほか)と意見交換

12:00~

昼食(石窯ピザ&パン 秋バージョン)&記念写真撮影

13:00~

15:00 

まとめ・シェアリング コーディネーター:秋津 元輝 

修了式 学長、学科長ほか挨拶

2009年度秋冬の綾部里山交流大学について(11月~3月講座)

15:00

終了・解散 ※あやバス出発時間(15:09)

※プログラムは多少変更する可能性もございます。
2009年9月17日現在(敬称略)


綾部里山交流大学参加費
振込先

金融機関:イーバンク銀行 ジャズ支店201
口座番号:普通 7015969
口座名義:特定非営利活動法人 里山ねっと・あやべ

金融機関:京都北都信用金庫 中筋支店
口座番号:普通 0467041
口座名義:特定非営利活動法人 里山ねっと・あやべ

金融機関:郵便貯金
口座番号:14470-31754361
口座名義:特定非営利活動法人 里山ねっと・あやべ

------------------------------------------------

【郵便局口座への振り込みがうまくいかない場合】

原因は不明ですが、郵便局口座への振り込みがうまくいかない場合があるとのご報告を受けております。

仮に自動支払機(ATM)でうまくいかなかった場合、郵便局備付けの振り込み用紙を使い、窓口で試してみてくださいますでしょうか。

それでもうまくいかない場合、郵貯以外の業者から当方の郵貯口座へのお振込みをご検討いただくか(下記※ご参照)、郵貯口座以外へのお振込み、すなわち京都北都信用金庫かイーバンク銀行へのお振込みをご検討いただくことになります。

(※)
他行(=郵貯以外)から当方の郵貯口座にお振込みいただく場合は、
次の内容をご指定いただいております。
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448  【預金種目】普通預金
【口座番号】3175436(この場合、31754361でなく3175436です)

------------------------------------------------

【綾部里山交流大学2009募集要領概要】========================

(割引について)
・学生割引
......参加費1割引(学生証の提示が必要です)

・地元割引(綾部市民ないし里山ねっと・あやべのNPO会員)
......参加費1割引

※割引については、いったん通常価格を事前振込み後、開催当日に返金する形式とします。

(宿泊について)
交流大学参加者は、綾部市里山交流研修センターに1泊宿泊できます。すなわち申し込んだ講座の前後いずれかの日に綾部市里山交流研修センターに宿泊できますので、遠方からの参加者のかたはご活用ください。ただし売店や食堂などは充分にありませんので、宿泊時のお食事はパンなどを各々ご用意ください。交流大学としてのお食事の提供は開始日の夜からです。

(「交流大学会員」制度について)
綾部里山交流大学は「交流大学会員」制度を設置します。

会費は1年あたり2万円です。

交流大学の参加費2割引。(返金形式)

「交流大学会員」は、綾部里山交流大学の各講座に参加する際、参加費が2割引になります。

※年会費2万円を参加費に充当する制度でありません。参加回数の多少にかかわらず年会費は返金しません。

以上、複数の割引の重複適用はありません。

遅刻や早退などにより各講座のうち一部分を欠席した場合や、自宅で宿泊・食事をすることで綾部里山交流大学の提供する宿泊・食事を利用しなかった場合も、返金はありません。

========================

このブログ記事について

このページは、ayabeが2009年7月16日 16:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「(紹介)自然公園ふれあい全国大会(2009/9/12-13)」です。

次のブログ記事は「「綾部里山交流大学2009」11月講座(今一生さんの「社会起業家」育成講座)にご参加を!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0