(民泊農家紹介)『粒粒屋 五彩』松村苗未さん

|

里山ねっと・あやべは農家民泊体験の仲介をしています。
http://www.satoyama.gr.jp/minpaku/

新規に以下の民泊農家のご協力をいただけることになりました。

上林の西屋(にしや)にある粒粒屋 五彩(つぶつぶや ごさい)松村苗未(まつむらなおみ)さんです。

以下、ご本人による紹介です。

#######################################################

松村 苗未 (まつむら なおみ)さんプロフィール

自然食、雑穀を取り入れた穀物菜食料理研究家。
自然食品・自然雑貨のお店『粒々屋 五彩』(つぶつぶや ごさい)を展開中。

米留学中に、現代栄養学を学ぶ。ファーストフードとサプリメント社会の世の中を見て、数値合わせの現代栄養学に違和感と疑問を抱くようになる。そんな中、『マクロビオティック』に興味を持ち学び始め、「食とは、食物の生命力(エネルギー)を取り入れること」だと気付かされる。「断食」や「半断食」を経験しながら、身体と自然との関係を体験し、「穀物菜食」(精進)を日々続けることで、これからの生き方や世の中の視点の向け方を少しでも学び、それを広める活動をしている。
2009年3月に、生まれ育った大阪(池田市)を離れ、綾部(上林地区)に移住。自然がまだ多く残る綾部で、自然と調和しながら、自然のリズムで暮らすことを目指している。現在は「農家民泊」も受け入れ、街に住む人たちにも自然の良さや農作業を体験していただき、これからの新しい暮らしの提案をしている。その他、「穀菜食クッキング」(料理教室)も開催。大阪方面を中心に活動中。今後は、地元である綾部にても料理教室の展開を目指している。

松村苗未さん

#######################################################

今春に大阪府池田市より綾部(上林地区)に移住。池田市では、穀物菜食の小さなお店「粒粒屋 五彩」を開いていました。「食」を通じて、「環境」「暮らし」を考えるようになり、自然の豊かな場所へ移ってきたばかりです。少しずつですが、「農」を取り入れた生活を目指していきます。「つぶつぶ」=雑穀やゴマ、エゴマなど、小さな命の粒を意味します。

*基本の毎日の食事は「穀物菜食」(マクロビオティック)になります。
*風呂は薪炊きになります。
*2階の2室と1階1室は、客室として用意しています。
*冬は、薪ストーブ生活です。
*夜はアナログレコード(LP)音楽を楽しむこともできます。

お気軽にご利用ください。のんびり田舎体験をしたい方、穀物菜食に興味のある方などなど、ご利用ください。雑穀と季節野菜の「穀菜食クッキング」料理教室も開催可能です。(お一人2000円・但し4名以上)

お申し込みは「農家民泊について」から

粒粒屋 五彩
松村苗未さんのブログ
http://gosai.blog.eonet.jp/

このブログ記事について

このページは、ayabeが2009年6月22日 11:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「(書籍)若杉友子「ばぁちゃんの囲炉裏端 一の巻」」です。

次のブログ記事は「「綾部里山交流大学2009里山生活デザイン学科」12月講座のご案内」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0