[イベント情報]2009年日本海時代の祭典(第40回)「農あるくらし」に日本の希望を見る」

|

(紹介)
2009年日本海時代の祭典(第40回)
テーマ:「農あるくらし」に日本の希望を見る」


祭典日:2009年9月4日(金)~6日(日)

会場・宿泊:綾部市里山交流研修センター(旧 豊里西小学校)

 「日本海時代の祭典」は、1970年の大阪万博に疑問を感じた人々が、日本海は佐渡にて集まりを持ったことに発する信条、性別、年齢にとらわれない自由な集いです。経済優先の風潮の中で見失われがちな問題を、生活者の視点から見つめてきました。参加者からテーマ、開催地を募り、年一回2~3日の日程で開催しています。
 「祭典」では、全国から集まった参加者と開催地参加者が円座になり、互いに話し手、聞き手になりながら、時にはテーマから外れて自由闊達に話を進めます。今年で40回40年目を迎えます。


テ ー マ:「農あるくらし」に日本の希望を見る

第1セッション:
  テーマ:「 水源の里」の取り組みとその後
 講 師: 四方八洲男さん(綾部市長)
就農移住者パネルディスカッション

第2セッション:
 ①テーマ: 「里山ねっと」―綾部から型を出せ
 ②テーマ: 「半農半X」とは? 塩見直紀さんと一緒に語ろう。
  講 師: 塩見直紀さん(半農半X研究所)

第3セッション:
  ①祭典のおわりに <報告、感想、意見交換>
フィールドワーク
 .水源の里を歩く(市職員による過疎集落案内)
  過疎地は自然一杯、山菜・野草を摘めれば素敵~。ム...、考えちゃう.
 .山菜・野草料理に挑戦
  ぬた、おひたし、てんぷら...etc楽しいね~。
 .石窯で手づくりパン&ピザ焼き

主催:2009年日本海時代の祭典 呼びかけ人会

後援:綾部市、京都府

協力: NPO法人里山ねっと・あやべ、きらり上林

参加人員: 80人(予定)

 

参 加 費:                大 人    学生
〔A〕9月4日金~6日日《2泊3日5食付》  19,000円  17,000円
〔B〕9月4日金~5日土《1泊2日2食付》  15,000円  14,000円
〔C〕9月5日土~6日日《1泊2日2食付》  15,000円  14,000円

 ※綾部市・近隣の日帰り市民は参加無料。飲食費実費。1品持ち寄り大歓迎。

申し込み: 参加希望者は8月28日(金)までに下記振替口座にお振込み下さい。

振替用紙の通信欄に必ず参加日(A,B,Cコース別)を記入して下さい。

電話、FAX、Eメールでも承ります。(振替料金はご負担下さい)

※郵便振替 口座番号:00190-7-34714 口座名:日本海時代の祭典

※万一のため簡単な保険をかけます。保険をかけるためには参加者の生年月日が必要です。申込み時、ないし振込み時に、「生年月日」の情報もお願いいたします。

事 務 局:問い合わせ・申し込み先
 〈関西〉 榎本 潔 tel/fax: 075-314-2159 e-mail: k.eno@aioros.ocn.ne.jp
          〒600-8873京都市下京区西七条東久保町22
 〈東京〉 安達 桂 tel/fax: 042-746-7496  e-mail: gah01302@nifty.ne.jp
 〈綾部〉 里山ねっと・あやべ tel: 0773-47-0040 e-mail: ayabe@satoyama.gr.jp
 
日本海時代の祭典 URL http://nihonkai-jidai.ectec.jp
里山ねっと・あやべ URL http://satoyama.gr.jp

このブログ記事について

このページは、ayabeが2009年5月20日 15:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「200905交流大学などのご案内」です。

次のブログ記事は「「つばさがはえるちず」販売再開」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0