2009年2月アーカイブ

書籍『若杉友子の野草料理教室・春~野草が語る未来の生き方~』

 

 

【在庫状況】
・品切れになりました。申し訳ございません。

 

 

若杉友子さんは綾部在住の野草料理研究家です。

若杉さんは石鹸運動を始めとする数々のボランティアや環境活動を行いながら、マクロビオティクの桜沢如一さんに学び、静岡市内で大人気の料理教室を開催。その後自給自足生活を実践するために綾部に移り住み、摘み草と食用料理で日本人の知恵を伝える活動を全国を飛び回りながら精力的に続けておられます。

一般書店では販売されず、料理教室会場などで販売されている書籍(オールカラーの111ページ)です。

※現在発行されているのは、『~・春』で、『~・夏』『~・秋』『~・冬』はありません

※里山ねっと・あやべ
623-0235京都府綾部市鍛治屋町茅倉9番地
電話:0773-47-0040
FAX:0773-47-0084
ayabe@satoyama.gr.jp

------------------------------------------------
購入方法は(1)来館、(2)送付の2通りです。
ご希望の購入方法などをお知らせいただきましたら、在庫の確保をさせていただきます。

(1)来館:来館予定日と希望冊数をお知らせください

(2)送付:送付先と希望冊数などをご連絡下さい。書籍発送時に金額情報(本体+送料)と納金案内、振込用紙を同封いたします。届きましたら同封の納金案内に従って納金下さい。

------------------------------------------------

『若杉友子の野草料理教室・春~野草が語る未来の生き方~』
『若杉友子の野草料理教室・春~野草が語る未来の生き方~』


(関連書籍)若杉友子「ばぁちゃんの囲炉裏端 一の巻」
ばぁちゃんの囲炉裏端 一の巻

綾部里山交流大学2008
2月講座(2009年2月)
「すべての人が社会起業家になる時代に向けて」
http://www.satoyama.gr.jp/topix/2008/11/2008-11.html

開校式
開校式

古野隆雄さん
古野隆雄さん

西辻 一真さん
西辻 一真さん

藤井絢子さん
藤井絢子さん

大江正章さん
大江正章さん

三浦雅之さん
三浦雅之さん

今 一生さん
今 一生さん

「幸風」グループによる郷土料理
「幸風」グループによる郷土料理

竹原友徳さんの手打ちうどん
竹原友徳さんの手打ちうどん

里山ねっとの石窯パン
里山ねっとの石窯パン

参加者によるパフォーマンス
参加者によるパフォーマンス

京都新聞2009.2.21とあやべ市民新聞2009.2.23に掲載されました

あやべ市民新聞2009.2.23記事
あやべ市民新聞2009.2.23記事

2月15日に続きまして、3月15日(日)に安喰さんのそば打ち会を開催します。

  • 第1部10時~(定員に達しました)
  • 第2部13時~

極上のそば粉を使った十割のそば打ちは、なかなか無い企画です。
ぜひこの機会にお申込みください。続きを読む

綾部の人口や農林業の状況についてご質問をいただくことがあります。

基本的なデータについては各年版の「あやべ統計書」に掲載されていますのでご参照ください。

2007年版が公開されています。

http://www.city.ayabe.kyoto.jp/view.rbz?cd=2850

だいこんを干しています。

|

綾部市里山交流研修センターのグラウンド(旧校庭)隅では少し野菜畑を作っています。

大根やねぎを植えておくと、料理サービスで活用できます。

その大根をスタッフが干し大根にしました。

パンを焼く「石がま」の横で、寒風にさらされながら立派な干し大根に変身してくれますように。

だいこんを干しています

綾部里山そば塾2008の開催風景を動画でご報告しています。
http://www.youtube.com/watch?v=DB7F_gFkCCA
http://eyevio.jp/movie/226134

http://www.satoyama.gr.jp/sobajyuku/

■2009年1月、技術評論社から出版された『新農民になろう!~就農計画の設計と実例~』に綾部の米農家・四方英喜さんが巻頭カラーで大きく紹介されています。里山ねっと・あやべのことも載っています。

■「ブルータス」2009年2月15日号で里山ねっと・あやべも紹介いただいています(70頁)。

■「あやべ市民新聞」2009年2月5日に、記事「鍛治屋町の市里山交流研修センター、幸喜山荘に薪ストーブ、施設に合った暖房器具として設置」が掲載されました。

■「京都新聞」2009年2月5日記事「北部発 レッツスタート!新ふるさとライフ」で「NPO「里山ねっと・あやべ」都市と農村の懸け橋に」として記事になりました。

■綾部里山交流大学2008年度2月講座の開催が京都新聞2009.2.21およびあやべ市民新聞2009.2.23に掲載されました。

■台湾からの訪問者受入れに関する記事が、京都新聞2009年3月2日記事「「半農半X」実践したい-台湾の離島住民、理想の生き方に共感」、あやべ市民新聞2009年3月4日記事「台湾から「半農半X」の視察団」に掲載されました。
http://city-news.ayabe.ne.jp/simen/0903/090304/090304.htm

■京都府北部地域へのU・Iターン情報誌『Utopia』(京都府発行、2009年3月)に綾部里山交流大学のことが紹介されました。

■『田舎暮らしの本』(2009年5月号)特集「田舎家を手に入れる」(綾部市・篠塚健二さん)で、里山ねっと・あやべのWEBアドレスが紹介されています。

■綾部市里山交流研修センターは2008年度、立命館大学の地域活性化ボランティア・プログラムの受け入れ先のひとつとなりました。立命館大学ボランティアセンター・ニューズレター『River』第07号(2009.3.30)で、2008年度プログラムに参加された学生の方が「地域資源活用、交流デザイン、情報発信で農山村の活性化に挑む」として里山ねっと・あやべ及び綾部市内各地での体験に関する感想を寄稿しておられます。
http://www.ritsumei.jp/vc/vc04_j.html

■あやべ市民新聞2009年4月29日記事「里山ねっとの活動を全国に紹介」で、2009年4月30日のNHK第一ラジオ「ここはふるさと旅するラジオ」の放送予定が紹介されました。

■2009年4月30日、NHK第一ラジオ「ここはふるさと旅するラジオ」が綾部市里山交流研修センターを拠点に全国放送され、里山ねっと・あやべスタッフなどが出演しました。

■京都新聞2009年5月6日で「山菜まつりや茶摘み参加募る」として、里山ねっと・あやべの「里山山菜まつり」(2009/5/10)、「里山茶摘み体験」(2009/5/17)が紹介されました。

■2009年5月10日に開催した「里山山菜まつり」が、綾部市民新聞2009年5月13日記事「小畑町で初の「山菜まつり」里山ねっと 都市住民が採取体験」で紹介されました。
http://city-news.ayabe.ne.jp/simen/0905/090513/090513.htm

■Japan for SustainabilityのWEBサイト( http://www.japanfs.org )のJFS Eco Mapで、綾部市/里山ねっと・あやべ/半農半X研究所が紹介されました。この地図はinteresting spots in Japan where you can visit innovative sites and/or see advanced and ambitious initiativesを紹介しています。
http://www.japanfs.org/en/map/
http://www.japanfs.org/en/pages/029042.html

■季刊『自休自足』2009夏号(Vol.26)のコラム「農のイベント・学校に行こう」で、里山ねっと・あやべと綾部里山交流大学が紹介されました。
http://www.jikyu-mag.com

■あやべ市民新聞2009.6.8記事「「里山そば塾」参加者を募集-一連の作業を体験」で、あやべ里山そば塾の開催計画が紹介されました。

■2009年6月13日に幸喜山荘で開催された「イチオシカフェ」(あやべ・まゆクラフト工房主催、里山ねっと・あやべなど協力)のことが、あやべ市民新聞2009年6月15日記事「楽しい!桑の実摘みやジャム作り」で掲載されました。

■里山ねっと・あやべが民泊を仲介している民泊農家のひとつ、「ひとみ」さんが京都新聞2009年6月25日記事「農家民泊-都会と田舎の交流の場に」(北部発レッツスタート!新ふるさとライフ)で紹介されました。

■雑誌『ノジュール』2009年7月号の「Catch up!-注目のニュースと旬のイベント・旅情報」に「京都府綾部の里山風景の中でそばを育て、食す」として綾部里山そば塾が紹介されました。

■京都新聞2009年7月12日記事「田んぼで草取り-綾部で里山交流大学」で、綾部里山交流大学2009「里山生活デザイン学科」7月講座(2009/7/11~12)が紹介されました。

■あやべ市民新聞2009年7月15日記事「草取りや調理実習など座学中心から体験型へ-綾部里山交流大学」で、綾部里山交流大学2009「里山生活デザイン学科」7月講座(2009/7/11~12)が紹介されました。

■京都新聞2009年8月20日記事「そばを通し人の輪を」(安喰健一さん紹介記事)で「里山ねっと・あやべ」と「そば塾」も言及されました。

■「asahi family」2009年9月11日「豊かな自然の中でスローライフを満喫」で綾部市と里山ねっと・あやべが紹介されました。

■京都新聞2009年9月24日「立命大生、住民とイモ掘り体験-地域活性化ボランティア始まる」で、里山ねっと・あやべが受入窓口をしている立命館大学「地域活性化ボランティア」実習のことが紹介されました。

■京都新聞2009年9月27日「わがまち元気宣言・綾部市」で、里山ねっと・あやべと事務局長が紹介されました。

■あやべ市民新聞2009年10月16日記事「全国からの18人が受講-「里山交流大学」特別集中コース」で、綾部里山交流大学2009年10月講座の開催が掲載されました。

■『サンデー毎日』2009年10月18日号「News Navi」コーナー記事「都会人が知らぬ「最先端大学」田舎町の廃校で学ぶ「起業術」」(執筆・今一生)で、綾部里山交流大学のことが紹介されました。

■2009年11月7日朝、フジテレビ系列「にじいろジーン」( http://ktv.jp/niji/ )の「じぃちゃん!ばぁちゃん!唯が行ぐがらな~」で、里山ねっと・あやべ調理担当・田中仲江が紹介され、里山ねっと・あやべの石窯でのパン焼きについても紹介されました。( http://ktv.jp/niji/index.html#a2009117

■あやべ市民新聞2009年11月9日記事「「歴史街道」歩きませんか?」で、里山ねっと主催「金谷峠を歩く会」(2009年11月14日)の開催予定が紹介されました。

■京都新聞2009年11月11日記事「金谷峠を歩こう-綾部で14日」で、里山ねっと主催「金谷峠を歩く会」(2009年11月14日)の開催予定が紹介されました。

■あやべ市民新聞2009年11月16日記事「丹波丹後歴史街道を散策-里山ねっと「金谷峠を歩く会」催す」で、2009年11月14日に開催した「金谷峠を歩く会」が紹介されました。

■あやべ市民新聞2009年11月16日「1泊2日の「社会起業家養成講座」受講生を募集-里山ねっと・あやべ」で、綾部里山交流大学2009年11月講座の開催予定が紹介されました。

■朝日新聞2009年11月22日京都面記事「綾部で社会起業家育成講座、問われるのは共感」で、綾部里山交流大学2009年11月「今一生さんの「社会起業家」育成講座」の開催が紹介されました。

■みずほ総研の広報誌『FOLE』2009年12月号の記事「まちづくり仕掛け人奮闘記-田舎に住んでいても、希望がある「半農半X」の明るい農村づくり」で、塩見直紀(半農半X研究所)が紹介されるとともに、里山ねっと・あやべと綾部里山交流大学が言及されました。

■『いなかスイッチ』2010年冬号で和紙アートのハタノワタルさんと民泊「素のまんま」の芝原キヌ枝さんが紹介され、関連して民泊体験の申込先として里山ねっと・あやべが紹介されました。

■読売新聞2010年1月4日記事「京都府(みやこ)の器<3>農業」で、里山ねっと・あやべの農家民泊事業と民泊農家「粒々屋五彩」さんが紹介されました。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kyoto/news/20100104-OYT8T00046.htm

■京都新聞2010年1月16日記事「明日の綾部へ(下)」で、里山ねっと・あやべと綾部里山交流大学のことが紹介されました。

■"The Japan Journal"January, 2010に里山ねっと・あやべのことが掲載されました。

■あやべ市民新聞2010年2月17日「「旧暦的生活」テーマに「里山交流大学」開催-NPO法人里山ねっと・あやべ」で、綾部里山交流大学2010年2月講座とその中での久保田豊和さんの講演「旧暦暮らしと農書の知恵」が紹介されました。

■毎日テレビ「知っとこ!」(2010年3月13日放送)で、農家民泊「素のまんま」と里山ねっと・あやべ)が紹介されました。

■雑誌『女性自身』2010年3月30日・4月6日合併号で、農家民泊「素のまんま」(問い合わせ先:里山ねっと・あやべ)が紹介されました。

■杉山光信「有機農業と地域おこし-南仏コラン村と里山ねっと・あやべのばあい-」(『明治大学人文科学研究所紀要』第66冊=2010年3月)で、里山ねっと・あやべと綾部里山交流大学が紹介されました。

貸自転車を数台用意しています。

綾部市里山交流研修センターにおいでいただいたあと、周辺の散策に、ぜひご利用ください。

里山レンタサイクル

「二人展」

株正博(風景写真・陶芸作品)
株由美子(水彩画・パッチワーク他)
(綾部市在住)

会場
大庄屋上野家(舞鶴市西方寺285)
http://www.uenoke.com
TEL/FAX 0773-83-1300

2月1日(日)~2月27日(金)

10~16時(水曜日は休館)

株夫妻「二人展」

安喰さんのそば打ち会(2009/2/15)【終】

2009年2月15日(日曜)

第1部10時~(第1部は定員に達し締め切りました

第2部13時~

・要予約。第1部、第2部とも定員は数名の募集です。
第1部は定員に達し締め切りました

・メニュー

......二八そば(そば粉8割に2割の小麦を混ぜます。)一打ち2,000円
......十割そば(福井産そば)一打ち3,000円

・使用する粉も異なりますので、予約時に二八か十割かをご選択ください。

・ご自分で打った蕎麦をゆでて、試食される場合は、お一人500円加算してください。薬味などをご用意いたします。

・一打ちは500gで、およそ5人前のそばが打てます。

・例えばご家族4人で二八そば一打ちして、4名で試食する場合は、2000円+500円×4名=4000円になります。

・エプロン、バンダナや三角巾など頭を覆うもの、お持ち帰り用の入れ物をご用意ください。
 

(安喰 健一)あじき けんいち

 10年前、福井県で蕎麦と出会う。
心を打たれ、鯖江市にある「手打ちそば処だいこん舎」にて5年間修行。
 その後は店舗を構えずに出張のスタイルで、東京・大阪・千葉・福井などで蕎麦給仕を行う。
 縁あって2008年1月より京都府綾部市に移住。
 農のある暮らしを切り開くことと、そばを接点に対話できる機会を作ってゆくことを目指す。
 1972年 兵庫県神戸市出身
ひと言...「そば粉と水が合わさる時が一番良い香りがするのです。触れた人にしかわからない喜びのひとつですね。そばはつながります。初めての方でも安心してご参加くださいね。」


【申し込みとお問い合わせ】
NPO法人 里山ねっと・あやべ
〒623-0235綾部市鍛治屋町茅倉9番地
    電話:0773-47-0040
FAX:0773-47-0084
http://www.satoyama.gr.jp
Mail: ayabe@satoyama.gr.jp

終了しました......以下、当日の開催風景です
安喰そば打ち20090215開催風景

さすらいの手打ちうどん職人・竹原友徳さんは綾部出身です。
http://blog.goo.ne.jp/sasurai-udon/

里山ねっと・あやべの「綾部里山交流大学」2月講座は宿泊・食事つきですが、竹原さんに手打ちうどんを提供いただくことを予定しています。

 

そのため竹原さんに綾部市里山交流研修センターの厨房を下見いただきました。

その意味でも皆様、綾部里山交流大学へのご参加をご検討ください^^

竹原さんは「扇屋懐估亭」でも定期的にうどんを提供しておられますが、歯ごたえがあり凝縮された力のあるうどんです。

さすらいの手打ちうどん職人・竹原友徳さん


綾部里山交流大学2月講座が終わりました。
http://www.satoyama.gr.jp/topix/2009/02/2008-14.html

以下、竹原さんのうどん料理風景です。

竹原友徳さんのうどん定食

竹原友徳さんのうどん定食

竹原友徳さんのうどん定食

竹原友徳さんのうどん定食

竹原友徳さんのうどん定食

竹原友徳さんのうどん定食

竹原友徳さんのうどん定食

このアーカイブについて

このページには、2009年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年1月です。

次のアーカイブは2009年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0