2008年4月アーカイブ

綾部里山交流大学2008マスターコース第1回のご案内【終】

2008年6月7日(土)~8日(日)

================================================
里地ネットワーク事務局長・竹田純一氏に学ぶ「21世紀最先端の地域資源学」
================================================

まちづくりやコミュニティビジネス、社会起業などに活かせ、生涯の財産となる地域資源の発掘法(地元学)を1泊2日の合宿スタイルで第一人者に学びます。里山ねっと・あやべオススメのスペシャルメニューです。

第1回プログラム

6月7日(土) 13:00 アイスブレーキング
自己紹介と地域の情報共有(里山ねっと・あやべ事務局・塩見直紀)
14:00 講義 「地域資源学、地元学とは(1)」
14:30 地元学のフィールド演習準備
15:00 調査方法の説明
15:30 フィールド調査 全員一緒の調査(調査と狩猟採集)
17:30 生還
17:30 食の地元学
18:30 夕食
20:00 一部の方、地域資源カードづくり、
一部の方、フリーディスカッション
22:00 終了
6月8日(日) 07:30 朝食
08:30 地元学 地域資源カード作成
09:30 講義「地元学(2)」
10:00 フィールド調査(2) より細目を調査します

以下、予定テーマです
1.農家の庭先班
2.里山の配置と山菜班
3.食と加工班
4.集落と行事班
5.昔遊びと芸能班

11:15 調査のまとめ
12:00 昼食
12:45 地元学調査の発表会
14:00 発表後のプランニング
14:45 終了
15:00 解散

※現段階でのプログラムです。 多少変更する可能性もあります。ご了承ください。

※参加者と村人とが一緒に村を歩きます。わからないこと、不思議だと思うことをいろいろ尋ねてみてください。土の人(地元の人)と風の人(都市住民)とが出会うことで新しい発見が双方にもたらされます。

 

【竹田純一氏】(財)水と緑の惑星保全機構事務局次長、里地ネットワーク事務局長

http://satochi.net/network_08.html

竹田純一さん
里地ネットワークWEBより

1983年中央大学法学部卒業、金融機関、英国技術開発シンクタンク研究員、 日本リサイクル運動市民の会(らでぃっしゅぼーや)を経て、1998年より現職、(財)水と緑の惑星保全機構事務局次長・里地ネットワーク事務局長。
トキの野生復帰連絡協議会事務局長、自然再生を推進する市民団体連絡会事務局長、田園自然再生コンクール審査委員(農水省)、こどもホタレンジャー審査委員(環境省)、地域活性化伝道師(内閣府)、森づくりコミッション運営委員(林野庁)他。
『森里川海の自然再生』(共著)中央法規出版
『エコシティーみなまたの歩き方』(共著)合同出版
『コミュニティービジネス』(共著)中大出版
『2100年未来の街への旅』(共著)学研
『日本法制の改革:立法と実務の最前線』(共著)日本比較法研究所研究叢書
他多数

 

●綾部里山交流大学「マスターコース」について

2008年度より、一人の師から一科を1泊2日で集中して学ぶ
マスターコース(地域資源学講座、感性学講座など)を設置します。

*会場・フィールドワーク先について

綾部市里山交流研修センター、幸喜山荘、旧豊里西小学校学校区予定(京都府綾部市)

*応募資格:
都市農村交流やコミュニティビジネス、地域づくりに関心がある方、
グリーンツーリズムの実践農家の方、地域づくりのコーディネーター、
自治体のグリーンツーリズムや地域づくりの担当職員、NPOスタッフ等、
また田舎に移住し、地域ビジネス等を試みたいと思われる方
(社会人、学生等)を歓迎いたします。

*募集人数:15名
※最少催行人数は5名とします。

*受講料:18000円(各講座)

※内訳=授業料、実習費用、宿泊費(1泊)、食費(3食)、交流会費など
※会場までの交通費は各自の負担となります。

綾部里山交流大学の全体像や申し込み方法についてはこちら

NPO法人里山ねっと・あやべ 綾部里山交流大学事務局
〒623-0235 京都府綾部市鍛治屋町茅倉9番地
TEL:0773-47-0040(ファクス:47-0084)
メールアドレス: ayabe@satoyama.gr.jp

「企画協力:里山ねっと・あやべ」のツアー旅行です!

廃校といっても、宿泊用に完全改装した里山ねっと・あやべのことなのです。

JR新大阪駅発着。大人17,800円、子供16,800円。

里山ねっとでの里山体験、宿泊や、グンゼ、黒谷和紙工芸館など綾部の名所。

薬膳喫茶や茶寮ゆらり、そして里山ねっとでのパン作りと、味も大満足。

綾部と里山ねっとの魅力を満喫できる夏休み企画です。お早めにお申し込みを!

農協観光
TEL.06-6391-2760
FAX.06-6391-2817
nishinihon-green@ntour.co.jp
http://www.ntour.jp

農協観光・田舎へ行こう

それぞれの工房展 '08

|

綾部近辺に移住され、創作活動をされている
工房・作家の自宅での作品展
「それぞれの工房展」が今年も開催されます!

みなさまもぜひ里山で至福のときをお過ごしください!

「それぞれの工房展 '08」

日時:2008年5月3・4・5日 10時~17時

会場:以下の4工房(自宅アトリエ)が会場になります。

●「春日工房」=春日 英克(家具製作家)・粧(染色家)
 福知山市大江町尾藤(びとう)山の上846
 電話0773-56-1751
 ※綾部市西坂町から府道西坂・蓼原線へ、目印あります。
http://www.t-craft.com/kasuga/

●「スタジオ・トノノ」=小池 靖(ガラス工芸作家)・由佳子(漆工芸作家)
 綾部市金河内(かねごち)町柏在1
 電話0773-49-1570

●「海老ヶ瀬工房」=海老ヶ瀬 保(陶芸家)・順子(染織家)
 綾部市白道路(はそうじ)町北口57
 電話0773-49-0100
http://www.h7.dion.ne.jp/~ebigase/

●「CANNA」(木工)=今西美咲・山口有美子
 福知山市大江町高津江486
 電話0773-57-0998
http://crsel.jp/canna/

リンク:

概要と地図
http://www.t-craft.com/kasuga/schedule.htm
http://www.t-craft.com/kasuga/08sorezoreMap.pdf

それぞれの工房展 '07
http://www.satoyama.gr.jp/blog/topix/archives/2007/04/post_58.html

 

それぞれの工房展 '08

里山ねっと・あやべは、自然に恵まれた京都府綾部市の「里山力」(豊かな自然、美しい里山的風景、ランドスケープなど)、「ソフト力」(多様な里山文化、経験や知恵、芸術文化など)、そして、個性あふれる「人財力」(夢や想い、志、精神性など)の「3つの力」を活かした活動をおこなっています。

里山・農村部の魅力を市内外にPR、都市農村交流や第二の人生の場としての綾部定住化を促進し、21世紀の綾部の可能性を拓くため、2000年7月発足しました。

綾部ファンが1人でも増え、かつ競争力ある、そして魅力あるオンリーワンのまちづくりをめざしたこれまでの活動を持続可能なものとし、さらに発展していくために、2006年3月に特定非営利活動法人として認証を受けました。

 

特定非営利活動法人 里山ねっと・あやべ定款
定款はこちらをご覧ください

 

正会員・賛助会員を募集します!

里山ねっとの趣旨にご賛同いただける多くの皆様に、会員として活動を支えていただければ幸いです。

(正会員)
年会費として5,000円をお支払いいただき、総会の議決を通して法人運営に関わっていただきます。

(賛助会員) 
年会費として1,000円をお支払いいただき、財政面でのご支援を頂きます。

正会員・賛助会員に限らず、積極的に様々な事業や企画に足をお運びいただくことは大歓迎です。

入会のお申し込みは以下のいずれかのファイルをダウンロードしてください。

入会申込書MicrosoftWORD形式

入会申込書PDF形式

 

里山ねっと・あやべ

そば打ち

 

終了しました。ありがとうございました。

===================
初めてでもつながる!
十割そば打ち体験
===================

本格的な蕎麦打ちから調理して食べるまで

そば打ち人 安喰 健一

2008年4月30日(水)~5月6日(火)の7日間

(コマ)
<1>10時~12時
<2>13時~15時
<3>15時~17時

(コース)
→6人前コース(500g) 1打ち2,500円
→10人前コース(800g) 1打ち4,000円

【場所】綾部市里山交流研修センター(里山ねっと・あやべ)

・予約制。日付、コマ(<1><2><3>の時間帯)、コースをご指定ください。
・上級者の方には、1kg~1.2kg玉の指導も対応いたします。
・複数コマ(<1>,<2>,<3>)の予約も歓迎します。
・各コマ少数で丁寧な指導を行います。
・1本の のし棒で丸く円形に延ばす打ち方。
・エプロン、三角巾、タオルなどをお持ちください。
・生そばを持ち帰る方は、なるべく保冷材、容器をお持ちください。

(安喰 健一)あじき けんいち
 10年前、福井県で蕎麦と出会う。
心を打たれ、鯖江市にある「手打ちそば処だいこん舎」にて約5年間修行。
 その後は店舗を構えずに出張のスタイルで、東京・大阪・千葉・福井などで蕎麦給仕を行う。
 縁あって2008年1月より京都府綾部市に移住。
 農のある暮らしを切り開くことと、そばを接点に対話できる機会を作ってゆくことを目指す。
 1972年 兵庫県神戸市出身。
ひと言...「触れて、ひと手間かけることで得られる"喜び"を分かち合えたら嬉しいです」

【申し込みとお問い合わせ】
NPO法人 里山ねっと・あやべ
〒623-0235京都府綾部市鍛治屋町茅倉9番地
電話:0773-47-0040 FAX:0773-47-0084
http://www.satoyama.gr.jp
ayabe@satoyama.gr.jp

そば打ち
クリックでPDF表示

【2008年度は終了しました。ありがとうございました。】

 五月晴れの里山で、茶摘みを体験しませんか?
 里山の丘陵部に拡がる茶畑から「茶摘み歌」が聞こえてきそう。あなたの手で緑茶を仕上げる簡単製茶「かまいり茶」が楽しめます。
 例年好評の茶つみ体験。1年で1回だけのイベントです。皆さんで摘まれたお茶は、各自製茶してお持ち帰りいただけます。

【日時】
2008年5月18日(日)

集合時間......当日午前10:30 里山ねっと・あやべ

【募集定員】
お陰様で多数のお申し込みをいただき受付を〆切りました。ありがとうございます 
30名(定員になり次第締め切らせて頂きます

【応募方法 】
 参加者氏名、住所、連絡先を記入し郵送、もしくはFAXで
 お申し込み下さい *電話での申し込みも受け付けます。

【会費】
 2000円(開催当日払い)

※地元産「煎茶」ご注文承ります(100gあたり500円)。5月16日までにお申し込み頂ければお持ち帰り出来ます。

(その他)
・活動日は簡単な昼食を準備いたします。
・会場までの交通費は参加者の自己負担となります。
・着替え(作業衣、タオル、日除け帽子、作業靴)をお持ちください。
・公共交通機関利用の方は事前に事務局までご相談下さい。
・集合場所、時間などはお申し込み後にご案内させていただきます。ご不明の点は事務局までお尋ね下さい。(平日、休日とも8:30~17:15開館しております)

――――――――――――――――――
 かまいり茶はお茶の伝来時からの製法ですが、1738年に永谷宗円が蒸して手もみをする現在の製茶法を創案し、宇治製煎茶の名を高めました。お茶漬けで有名な永谷園のルーツです。
 多数の茶園があった丹波何鹿郡(現在の綾部市)上林郷を支配していた豪族上林家が室町時代に宇治に移り住み、代々上林家は宇治茶業界を代表する茶師を輩出。桃山時代には豊臣秀吉に重用され、江戸時代は徳川将軍家御用の茶師として仕えました。
 現代も綾部は宇治茶の生産地のひとつであり、綾部茶ブランドとしても農林水産省の品評会で表彰を受けています。
 朝霧に包まれる丹波特有の茶作りに最適な気候風土で栽培される綾部茶。まろやかな味、鮮やかな色合い、そして豊かな香りが特徴です。

かまいり茶
(かまいり茶)

――――――――――――――――――

特定非営利活動法人
里山ねっと・あやべ
〒623-0235京都府綾部市鍛治屋町茅倉9番地
TEL:0773-47-0040
FAX:0773-47-0084
http://www.satoyama.gr.jp
ayabe@satoyama.gr.jp

茶つみ2008
クリックでPDF表示

米作り塾

http://www.satoyama.gr.jp/komejyuku/

里山ねっと・あやべでは、農家の協力を得て、
第4回目の「あやべ里山米作り塾」をおこなう運びになりました。

今回はこれまで使用させていただいていた鍛治屋町の田んぼが
圃場整備で使用できないため白道路町という地域で行います。

2008年5月17日(土)と18日(日)に田植え(先達指導による手植え、
機械植え体験)をおこなう予定にしています。

里山の原風景に浸りながらの米作りを始めてみませんか?

活動日程:5月17日・18日(コシヒカリ苗の田植え)
      ※希望日選択(両日ないし片方)
     6月22日(畦の草刈りなど)
     7月20日(中干し作業や案山子づくり、草刈作業など)
     9月14日(稲刈り)
    10月下旬(収穫祭)
     ※6~10月の各回は二日間でなく一日間

募集定員:30名(ただし定員になり次第、締め切らせていただきます)
※お陰様でほぼ定員になりました

応募方法:電話、FAX、郵便、メールなど
    (参加者氏名、電話、住所をお知らせください)

応募締切:2008年5月15日(木)

会  費:10,000円(家族で参加の場合は2人目から
     1人3,000円)※当日は簡単な昼食を準備いたします。
     現地までの交通費は各自ご負担ください。

会員特典:作業参加1回につき、収穫米1kgを収穫祭の日にお持ち帰り
     いただけます。家族で参加の場合の2人目以降の方には参加1回につき500gとなります。
    例:三人でご参加の場合、一人目1kg、二人目500g三人目500gで計2kgとなります。
     
詳細をお知りになりたい方は募集チラシがございますので、
里山ねっと・あやべ事務局までお問い合わせください。

電話0773-47-0040、または ayabe@satoyama.gr.jp まで。

※また田植え体験のみも募集しています。
募集定員は30名、会費は3,000円(家族での参加は2人目から
1人1,500円となります)、収穫米のお土産付(収穫後)です。

当日は簡単な昼食をご用意いたします。
希望日(5月17日・18日)をどちらか選択ください。
応募締切は米作り塾と同じです。

米作り塾2008
クリックでPDF表示