塩見直紀: 2005年8月アーカイブ

tsuru.JPG

綾部発のメッセージ力、情報発信力を高めるべく、

事務局長以下、スタッフ4名が、それぞれのブログの運営者となる
以下のような「スタッフブログ」に
チャレンジして、1か月が経ちました。

・高倉 武夫(事務局長)・・・「あぜみち日記」
http://www.satoyama.gr.jp/blog/azemichi/

・塩見 勝洋・・・「森の妖精」
http://www.satoyama.gr.jp/blog/sylvan/

・安達 智代・・・「デジカメ初心者のさとやま日記」
http://www.satoyama.gr.jp/blog/wind/

・塩見 直紀・・・「BLISSFUL CITY」
http://www.satoyama.gr.jp/blog/con/


いまもブログの修行中なのですが、みなさま、どのような感想をお持ちでしょうか?

途中、サーバーダウンというアクシデントがあり、
こころもダウンしてしまいましたが・・・、
いまではすっかり回復しています。

※せっかくコメントいただきましたのに
ダウンとともに消えてしまいましたこと、
心よりお詫び申し上げます・・・。

写真を活かしたブログを初めてスタッフはどう変ったのか。

・シャッターチャンスに敏感になった
・PR力、情報発信力が高まった
・コミュニケーションが深まった

など、いろんな効果が出ています。

そして、何より、

毎日が以前に増して楽しくなっているようです。

ブログのチカラ。

すごいですね!

1つのメディアがこんなに人を変えるなんて。

市民農園で収穫された大きなきゅうりの写真のように
(森の妖精 http://www.satoyama.gr.jp/blog/sylvan/)
カメラを構えて、みなさまのお越しをお待ちしています。

ブログによって、綾部発のメッセージ力がどんどん高まり、
コミュニケーションが生まれ、「新しい風」が吹くといいなと思います。

みなさま、今後ともご声援のほどよろしくお願いします!
(文・塩見 直紀)

202.jpg 

10年目の米作り。収穫の日がだんだん近づいてきています。
 
今年のみ面積を半分以下の1反(50×20m)にしました。
昔ながらの縦横1尺(約30cm)間隔。
植えた苗の株数を数えてみると約6000本でした。
 
6000株がいったい何キロのお米になるのかな。
とっても楽しみにしていたのですが・・・
 
8月の初め、イノシシ親子が田んぼで戯れ、いや大暴れしていました。
 
田んぼには「V」のサイン入り。
 
里山ねっと・あやべ主催の「あやべ里山米作り塾」の田んぼはというと・・・
 
塾生制作の12体の「案山子」のお陰か、無事だったようです。
 
「案山子力(かかし・りょく)」、すごいですね!
 
塾の田んぼがある鍛治屋町民による「案山子の人気投票」。
 
こどもからお年寄りまでたくさん投票いただき、
投票結果がでています。
制作者(塾生)への発表は次回の稲刈りの日(9月10日予定)です。
 
「あやべ里山米作り塾」の田んぼは
お世話をいただいた地元・山下竹次さんの陰日向のご努力もあって、
周囲の方も驚かれるほどの豊作となっています。
 
塾生のみなさま、新米、楽しみですね!
 
(文・塩見 直紀)

このアーカイブについて

このページには、2005年8月以降に書かれたブログ記事のうち塩見直紀カテゴリに属しているものが含まれています。

次のアーカイブは塩見直紀: 2005年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0