ayabe: 2011年10月アーカイブ

【あやべ峠フォーラム、おこないます!】里山的生活メールニュース@京都・綾部「霜降」(2011.10.24/vol.229)

ご縁をいただいたみなさまにお送りしています。

いつもありがとうございます。
里山ねっと・あやべの塩見直紀です。

10月24日は、二十四節気の
「霜降」(霜結んで厳霜白し)です。

「里山的生活」メールニュース
「229号」をお届けします。

今日も明日も平穏な1日でありますように。

★容量制限のためこのメールニュースの下部が欠落した場合は、
以下のアドレスに全文を掲載しておりますのでご参照ください。
http://www.satoyama.gr.jp/mt/newsblog/

----------------------------------------------------------------
+-------------------------------------------------------------+
 二十四節気の日に配信(since2002)
「里山的生活メールニュース」
 ~ほんとうの21世紀の生き方、暮らし方をもとめて~
 VOL.229/2011.10.24/霜降
+-------------------------------------------------------------+
 発行:NPO法人 里山ねっと・あやべ@京都・綾部
 http://www.satoyama.gr.jp   ayabe@satoyama.gr.jp
+-------------------------------------------------------------+
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ CONTENTS ○
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ ちいさな里の ちいさなくらし(227)「精神」
■2■ あやべ上林 風土祭り2011(10月)
■3■ 木と紙と土展-やさしい形(11月)
■4■ 綾部里山交流大学「里山学科」(11月)
■5■ 「里山学科」特別企画「あやべ峠フォーラム」(11月)
■6■ 綾部里山交流大学「ローカル社会起業学科」(12月)
■7■ 綾部里山交流大学「ローカル情報発信学科」(12月)
■8■ 廃校、ときどき、とよさとカフェ(11月)
■9■ 米作り塾、次回は稲刈りです!(里山農業塾「米作りコース」)
■10■ あやべ里山そば塾~育て・収穫し・手打ちする(10月)
■11■ 安喰健一さんの里山そば打ち教室「すみか」、好評です!
■12■ 週末は森の中へ(森林ボランティア/11月)
■13■ 里山で石窯パンを焼こう(とよさと石窯ゆめ工房/11月)
■14■ まゆまろ花アート 鑑賞会と文化講演会(空山花グループ/10月)
■15■ 小さな学校に泊まろう!(里山交流研修センター施設案内)
■16■ 里山ねっと・あやべのスケジュール(10月~11月)
■17■ 人気移住地・志賀郷の手づくり「三土市」!
■18■ 国民文化祭「シンポジウム里山」(11月)
■19■ 綾部の秋の一大イベント「あやべ産業まつり」(11月)
■20■ 第11回 あやべ観光写真コンテストのご案内(作品募集)
■21■ 農家民泊のススメ(綾部)
■22■ 空家紹介制度について(綾部)
■23■ 黒谷和紙工芸の里で紙漉きをしよう(綾部)
■24■ 『水の源』第14号発刊!(全国水源の里連絡協議会)
■25■ 若杉友子さんのブックレット『ばぁちゃんの囲炉裏端 一の巻』
■26■ 京都府立農業大学校 次年度学生募集(綾部)
■27■ 未来をひらく 里山系の ことばたち(229)「努力」
■28■ 里山ねっと・あやべについて動画でもご案内しています
■29■ 里山ねっと公式パンフレットについて
■30■ 里山ねっと・あやべ百貨店、オープン!
■31■ NPO法人里山ねっと・あやべ会員募集について
■32■ 「あやべ特別市民」の会員になってください
■33■ 綾部市里山交流研修センターの火曜休館について
■34■ 里山交流研修センターまでの市営バス利用(時刻変更)について
■35■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

少し前のお話。
先月、テレビで宮崎県椎葉村のドキュメンタリーを放送していた。
登場する「おばば」と呼ばれている女性は、30年ごとに場所を変え、焼畑を行っている。
30年で森が再生していく。命の営みの凄さを改めて感じた。「おばば」の凄さも。
以前、樹液の流れる音が聞きたくて、木に耳を当ててみたことがあるけれど、
私には分からなかった。


テレビに映った切り株から伸びる新芽を見て頭に浮かんだのは、
昨年伐採された里山ねっと・あやべ施設内の一本の木のことだった。
伐採されることになった経緯は知らないが、なんとなく寂しくなったのを覚えている。

切り倒されてからしばらくして見に行ったら、切り株から細いけれどしっかりと新芽が出ていた。
あの時なぜか、とても嬉しかった。
里山ねっとにある石窯横の樫の木は、治療が始まって約2年経つ。
樹医さんが言っていたのを思い出した。「こっちが頑張れって励ましたら、木も頑張ってくれるんですよ。」
逆にこちらが励まされている気もするけれど、
この木のことを大事に思う人がいる限り、きっと大丈夫なんだろうなと思う。
変な話だけれど、木がしゃべってくれたらなぁとときどき思うことがある。
見守ってきた地域の移り変わりや思うことを聞いてみたいと。。。


IMG_0498.jpgのサムネール画像
久しぶりに、切り株を見に行った。
このまま大きくなったら、30年後またあんなに大きくなるのかな。



本当は畑にこんな看板が立ったので、その写真を撮りに来たのでした。
だいぶ脱線したけれど、まゆまろの花アートを見に来てくださいね☆

こちらも合わせてご覧ください。
http://www.satoyama.gr.jp/mt/weekly/2011/07/post-68.html

(な)                               

IMG_0496.jpgのサムネール画像                          

このアーカイブについて

このページには、ayabe2011年10月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはayabe: 2011年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0