ayabe: 2006年1月アーカイブ

yukijizou.JPG

「何もないからこそ、書こう」


毎年、春前になるとこの話題を書いている気がしますが・・・

このウィークリーメッセージもあと15回重ねていくと、

年52週×5年=260号
ということで、丸5年の記念日を迎えます。

sorayuki.JPG

古今東西の先人のことばには、21世紀の生き方、暮らし方の
ヒントがあります。持続可能で多様性にあふれる新世紀のみんなの
知恵にしたく、現在、ホームページでは約300のことばを公開中です!

こころをこめて、未来をひらく里山系のことばを新しく15個、贈ります。

遠くて綾部に来られない方も訪れて元気になれる、希望のホームページに
なれたらうれしいです。

里山系の言葉が、みんなの心の財産になるよう、シェア(共有)して
いきましょう!すてきな言葉が見つかったら、ぜひお教えください。
「1000」のことばが目標です。

●「みんなをすきに」 詩・金子みすゞ

わたしはすきになりたいな、
何でもかんでもみいんな。

ねぎも、トマトも、おさかなも、
のこらずすきになりたいな。

うちのおかずは、みいんな、
かあさまがおつくりになったもの。

わたしはすきになりたいな、
だれでもかれでもみいんな。

お医者さんでも、からすでも、
のこらずすきになりたいな。

世界のものはみィんな、
神さまがおつくりになったもの。

(金子みすゞ童謡集「わたしと小鳥とすずと」JULA出版局)

sna.JPG

「雪かき棒」

都市部でなら、わかるのですが、
この綾部でも売り切れが続出しました。

yukiyama.JPG

「ポスト今森さん」

雪の風景写真を撮っておられる旅人風の
中高年男性を村の中で見かけました。

よく見ると

yukinanten.JPG

「力をあわせるしごと」

古今東西の先人のことばには、21世紀の生き方、暮らし方の
ヒントがあります。持続可能で多様性にあふれる新世紀のみんなの
知恵にしたく、現在、ホームページでは約300のことばを公開中です!

こころをこめて、未来をひらく里山系のことばを新しく15個、贈ります。

遠くて綾部に来られない方も訪れて元気になれる、希望のホームページに
なれたらうれしいです。

里山系の言葉が、みんなの心の財産になるよう、シェア(共有)して
いきましょう!すてきな言葉が見つかったら、ぜひお教えください。
「1000」のことばが目標です。


●米作りとは、力をあわせるしごとでした(富山和子さんのことば『お米は生きている』講談社・1995より/※水路づくりや水路そうじ、見回り・・・。水とつきあうということは共同作業の社会だいうことでした)

このアーカイブについて

このページには、ayabe2006年1月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはayabe: 2005年12月です。

次のアーカイブはayabe: 2006年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0