見いだされた道

|

綾部市里山交流研修センターの前身は豊里西小学校。

豊里西小学校は近所に「茶畑」を持っていました。

長い年月を経て篠竹に埋め尽くされた「茶畑」。

里山ねっと・あやべボランティアの植田さんが少しずつ篠竹を刈っていただいています。

そのなかで、今まで道があるとは明確に意識されていなかった場所に、植田さんはスロープ状の道を見いだしました。

ここから茶畑に上がり降りする場合もあったのでしょう。

ないと思っていたところに、道がある。

時々、そういうことってありますね。

(あさくら)

このブログ記事について

このページは、ayabeが2011年3月28日 15:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「 月火水木金土日」です。

次のブログ記事は「大国も小国もなし」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0