「既視感」(VOL.409 2009.12.15)

| | コメント(0)

「既視感」

 

綾部里山交流大学の実技編である
里山生活デザイン科(冬編)では

プログラムの1つとして、
「みそづくり」をおこないました。

 

杵と臼で大豆をつぶして、

甕は熱湯消毒をしたり、焼酎で消毒をしたりと

みそづくりの達人である先生と
事前の打ち合わせをしていたら、

その昔、友人の別荘でおこなった
みそづくり教室を思い出しました。

そう、場所は滋賀県でした。

 

なぜ、達人でもないぼくたち夫妻が
みそづくりを教えたのかは?ですが、

仲間より早く、みそを仕込んだ
先駆者だったから、頼まれたのでしょう。

時は、たしか、
ぼくらが嵐山に住んでいたころ。

ということは

1993~1995年ころ。

 

96年に田んぼや畑を始めのだけど、

自給農より先におこなったのが
そういえば、みそづくりでした。

 

みそづくりの段取りを打ち合わせていたら


ふとこぼれてきた

我が家の講師デビューの日の思い出。

 

家の間取りとか駅までの道のりとか
いろんなこと、覚えているものですね。

あのときのみんな、

みそはいまも作っているかな。

 

(文・塩見 直紀)

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2009年12月15日 18:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「社会起業家、サイバーネティックス」です。

次のブログ記事は「「たしかにすっぱいけれど」(Weekly Message VOL.410...2009/12/29)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0