「丹波の組み合わせ力」(VOL.403 2009.11.02)

| | コメント(0)

「丹波力」(VOL.403 2009.11.02)


11月1日はぼくが住む村の文化祭でした。

菊の鉢や盆栽、生け花、手芸、彫り物など
村人がそれぞれの作品を
公民館に持参し、並べ、鑑賞します。

お昼は栗ご飯と豚汁の接待。

秋の日、みんなでそろい、おいしくいただきます。


栗ご飯をいただくたびに思うこと。

それはやはり

ご飯のなかに栗を入れたら!

という発想の斬新さ。

いったい誰が発明したのだろうと思います

やはりこれはすごいこと。

日本の組み合わせ史上、

ベスト100に入るかもです。

 

栗×新米=!

綾部は丹波栗で有名ですね。

丹波の国に生まれ育ち、
食せることのしあわせ、です。


組み合わせといえば、
最近、食べたあの味も忘れられません。


我が家の自給農は阪神大震災の翌年から。

今年で14年目となります。

おかげさまで今年もたくさんの
恵みをいただきました。

ようやく新米をいただいたのですが、

先日、玄米の豆ご飯をいただきました。

玄米×丹波の黒豆
(京都ブランドである枝豆用の黒豆「紫ずきん」)

という組み合わせです。

 

小豆もむかごも里芋もいいですね。

新たに入れられる素材を
もう発見することはできないかもしれませんが

それでも里の新たな組み合わせを
探求していかないといけませんね。

 

綾部里山交流大学では、地元素材の

ごはんを食べていただいています。

この秋冬もぜひ丹波・綾部に旅してみてください。

(文・塩見 直紀)

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2009年11月 2日 11:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リタリンと社会起業(No.402/2009.10.25)」です。

次のブログ記事は「社会起業家ブーム」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0