仕事を創る

| | コメント(0)

今月、里山ねっとでは求人を始め、先週は雇用・能力開発機構の方の積極的なお話を聞く機会がありました。来月は今一生さんの「社会起業家」育成講座を開きます。先週官邸では

政府は16日午前の閣議で、雇用情勢の悪化に対応する緊急雇用対策本部の設置を決定した。(2009.10.16産経)

昨年来肌で感じていた、状況がグラフで顕著に示されました。

雇用・失業情勢

総理大臣指示
  1. 完全失業率が過去最高水準で推移するなど、雇用情勢は一段と厳しさを増している。
  2. 鳩山政権が目指す「国民一人ひとりが安全と安心、生きがいを実感できる社会」を実現する上で最も重要な基盤となるのは雇用の確保である。国民が抱える不安に対応し、政府を挙げて雇用の確保に取り組んでいくことが必要である。
  3. このため、今月23日に開催する当本部の第2回会合において「緊急雇用対策」を策定する。各大臣は、以下の方針で早急に検討いただきたい。
    1. 基本的視点は、
      1. 情勢に即応して「機動的」に対応すること、
      2. 「貧困・困窮者、新卒者への支援」を最優先すること、
      3. 「雇用創造」に本格的に取り組むこと、の3点とする。
    2. 緊急雇用対策の柱は、
      1. 求職中の貧困・困窮者支援、新卒者支援、企業の雇用維持努力への支援や中小企業支援などの「緊急的な支援措置」、
      2. 介護やグリーン雇用など重点分野ごとの雇用戦略などの「緊急雇用創造プログラム」、の2本とする。
    3. 今回の対策の実施は、既存の施策・予算の運用改善によって対応し、新たな予算措置は講じない。
第1回緊急雇用対策本部議事次第

(マエダ)

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2009年10月20日 11:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「他者時計」(VOL.400 2009.10.13)」です。

次のブログ記事は「リタリンと社会起業(No.402/2009.10.25)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0