リタリンと社会起業(No.402/2009.10.25)

|

■2009年11月21~22日にライターの今一生さんに綾部で「社会起業家育成講座」を行なっていただくわけですが、
http://www.satoyama.gr.jp/topix/2009/07/200911.html
http://createmedia2007.blog88.fc2.com/blog-entry-80.html
http://createmedia2007.blog88.fc2.com/blog-entry-81.html

今一生さんといえば自殺や虐待、若者論のかたでしたので、さいきん社会起業にも注目されていることが興味深いと感じていました。

■2007年に放送されたドキュメンタリー番組では、リタリンという、覚醒剤に近いような薬物への依存について検討しており、今一生さんも登場していました。

その番組に出てくる今一生さんは数々の若者の死について知っていました。

■『親より稼ぐネオニート』の冒頭にも次のような例が紹介されています。

「自叙伝の出版を機に作家になろうと励んでいた20代の女性を知っている。彼女は「お前など作家になれるわけがない。普通に会社に入って働け」と何度も両親に否定された。普通科の公立高校に行かされ、大学受験一辺倒の空気の中、職業技術を身につけることには目覚めず、高卒では正社員として雇用されることも難しかった。そして、食を転々とするフリーター生活を続けた末に鬱病になり、精神科で買わされた向精神薬を処方量以上に摂取すること(=オーバードーズ)がやめられなくなった。彼女は探していた。自分はどんなことにときめいたり、どんな仕事ならワクワクして取り組めるのか。しかし、彼女の親はそんな娘の気持ちには一切関心を払わず、ただ「ちゃんと働いて生きているなら心配ない」と言い続けるだけだった。やがて娘は薬の副作用による倦怠感で働くこともおぼつかなくなり、生活保護の受給者になった末、向精神薬の大量摂取による心臓発作で亡くなった。そんな話は腐るほどある。」(4ページ)

■実際に社会起業と位置づけられる仕事を起こして実績をあげている人々があり、一方で社会起業を論ずる社会起業論者も増え、関連書籍も数多く出版されるようになるなかで、今一生さんの特色は、以上のような取材経験にもとづき、若者や死者の哀しみの感覚を基盤として、社会起業について語っていることだろうと感じています。

■つまり、基本にあるのは「切実さの感覚」だろうと思います。

ペダルファーブックスのWEBに今一生さんへのインタビューがあり、「今は自殺から社会起業家に向かっていますが、今さんの中でどのような変化があったのでしょうか」という質問がなされています。
http://www.pedalfarbooks.com/series_author/vol02.html

今さんは
「10年以上、死ぬだの死なないだのという人たちと会って、話を聞いてきました」
とのことですが、そのことで今さん自身が経済的にも消耗する。

そのように
「社会的に意義のあることをやっている人でも、やればやるほど貧乏になるというのは商売の仕組みがおかしいんだなと気づいたわけです」。

「死にたいです、でもなんとか救われたいです、救ってください」
という人々の話を聞くという作業を消耗戦にならず持続可能なかたちで行なうには、何らかのビジネスモデルが必要であり、
「社会起業家というのは、まさに社会的な課題を解決するためにビジネスの手法を使っている人たち」
なのだという点がひとつ。

すなわち
「彼ら(「死にたいです、でもなんとか救われたいです、救ってください」という人々)を支援するには、自分たちの生活が守れる程度には、ちゃんとお金が回っていく仕組み、すなわちビジネスモデルを考えないと続かないんです」
ということです。

■もうひとつは、誰が「負け犬」なのかという問題提起です。

「生き方として、みんな自分の生活を守りすぎてるような気がして。変化を怖がりすぎているというか。そういう社会のムードを払拭したい」。

変化の激しい時代です。立派になろうというような古典的すぎる世界観を持ち、従来の流儀の延長線上に物事を考える者は「たけき者もつひには滅びぬ ひとへに風の前の塵に同じ」(平家物語)のように、盛者必衰の運命をたどる可能性があります。

「人並みやハイレベルな暮らしを求めるよりも、「負け犬」から立ち上がれなくなっている社会的弱者を誰が作り出してきたのか、果たして自分がそこに加担していないと言い切れるのか、そういうことを真剣に考えながら社会的課題のソリューションを見つける仕事が社会起業にはあると知ってほしいんです」。

上記の
「普通に会社に入って働け」「「ちゃんと働いて生きているなら心配ない」と言い続けるだけ」
というのも、時代の変化への感受性がなかった例でしょう。

ですから社会起業というのは何か一旗あげて錦を飾ろうというような話なのではなくて、切実な社会的課題への対処というのが根底にある。

■「傍から見るとマイナスだと思われる経験は、「同じ問題に悩み苦しむ人に解決策を与えられる重要な情報」になりうる」。「切実であればあるほど豊かな知恵が生まれてくる」。

以上のような哀しみと切実さを背景に感じながら、2009年11月の綾部里山交流大学「今一生さんの社会起業家養成講座」を皆さんとともに開催できたらと考えています。

「自分はどんなことにときめいたり、どんな仕事ならワクワクして取り組めるのか。」オーバードーズの果てに心臓発作で亡くなった上記の「彼女」がどうしてもたどり着けなかった答え、彼女の見果てぬ夢を私たちが見つけよう。(あさくら)

このブログ記事について

このページは、ayabeが2009年10月25日 23:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「仕事を創る」です。

次のブログ記事は「「丹波の組み合わせ力」(VOL.403 2009.11.02)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0