「いまカメに出合えるということ」(VOL.397 2009.09.21)

| | コメント(0)

綾部にUターンして、今年で丸10年となります。

帰郷してまもないころ、
こどもと自転車で「散歩」していたら、

川沿いの田んぼでカメと出合いました。

すごく尊い生き物と出合ったようで、
二人で手を合わせたいような気になったことを思い出します。

子どもは数年前、つれあいの運転する車で帰宅するとき、
道路を横断中のカメと出合ったとのことでした。

ひかれては危ないので
川のそばまで運んだとのこと。

いま12歳ですが、人生で2度、

自然なカタチで身近なところで
カメと遭遇して、印象深かったようでした。

カメは千年

ということで

カメは時間を超越したような
特別な存在なのでしょうか。

田んぼにシマヘビがいるだけで
家のそばに沢ガニがいるだけで

生きてくれていたのか!

と叫びたくなるような
時代となってしまっています。

人間以外の友たちも
「安心・安全」に生きられますように。

(文・塩見 直紀)

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2009年9月21日 05:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「どこの神社で祭りがありましたか」です。

次のブログ記事は「色の匂い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0