「石も積もれば」(VOL.394 2009.09.01)

| | コメント(0)

道を歩いていたら、

畑の片隅に小石がたくさん積み上げられている
畑と出合いました。

篤農家の老夫婦が畑の作業中、こつこつ拾い、
外に出していったのでしょう。

石も積もれば、といいますが、
すごいものですね。


14年目の田んぼ(=米づくり)ですが

今年も手での田草取りを素足でおこないました。

素足だと小さな石や土質など
とっても敏感になります。

小石でも踏むと痛く感じることもあり、
また、稲の生育に影響があるかもと思うと

思わず、泥のなかに手を入れて
取り出してしまいます。

見つけては、野道に投げることもありましたが、

今年からは小袋を携帯しています。

気をつけないと、

小石くらいあってもいいじゃない!

と感じなくなってしまうかもしれません。

そうなることは僕はこわいと思うのでした。

この考えは
他者に押し付けようとは思いません。

自分が大事にしていきたいことの1つなのです。

田んぼや畑の小石を拾いだし、
積んでいくこと。

小農といっても広い土地。

まだ出合っていない石も
たくさんあることでしょう。

石との巡り合いも楽しみながら
こつこつ拾って、積んでいきましょう。

脱出を、救済されることを

夢見ている石もあるかもです。

(文・塩見 直紀)


 

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2009年9月 1日 09:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ガソリンタンクのたとえを使わないで」です。

次のブログ記事は「どこの神社で祭りがありましたか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0