マニフェスト

| | コメント(0)

今日第45回衆議院議員総選挙が公示されました。各党のマニフェストが公開されているのでざっと見ましたが、2005年に比べて、ビジュアル的に見やすくなったということは分りました。

民間でマニフェストを評価するところがいくつかありますが、どこも評価方法を明示したうえで採点を行い、どの政党も100点満点で半分とれていないというような状況です。

図表1-1:個別政策評価項目
① what:政策として何を行うかが書いてあるか
② why:その政策を行う理由や背景が書いてあるか
③ when:その政策の実現に向けて具体的な期限を設定しているか
④ how:政策実現へのプロセスや方法を示しているか
⑤ appeal:有権者の関心を引き付けるものであるか
図表1-2:個別政策評価の基準
1点: 書かれてなく、わからない
2点: 書かれてあるが、よくわからない
3点: 書かれていないが、わかる
4点: 書かれてあり、わかる
5点: 書かれてあり、よくわかる
(PHPマニフェスト検証委員会)

このような評価方法を見ると、シンプルなことに思えるのですが、いざ自分が提案をするときには難しいものです。

政党マニフェスト
自由民主党 自民党の政策「みなさんとの約束」
公明党 '09 重点政策から(PDFファイル)
民主党 民主党の政権政策マニフェスト2009
社会民主党 衆議院選挙公約2009・概要版 Manifesto(第一次案)
国民新党 国民新党の政権政策
日本共産党 「国民が主人公」の新しい日本を――日本共産党の総選挙政策
新党日本 日本「改国」宣言(PDFファイル)
改革クラブ マニフェスト全文版(PDFファイル)
みんなの党 選挙公約 みんなの党「マニフェスト2009」

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2009年8月18日 23:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「ともへ」(VOL.391 2009.08.11)」です。

次のブログ記事は「ガソリンタンクのたとえを使わないで」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0