「とあるバス停にて」(VOL.388 2009.07.20)

| | コメント(0)

「とあるバス停にて]

 

日本のある村でのことです。

20代前半の青年が1日5便のバス停で
バスを待っていました。

そこを通りがかった
村の70代のおばさんが青年を見て尋ねました。

「テクテク旅にでも出るんか?」

 

青年はこう答えました。

「いえ、もうしてきたところです」と。

 

青年は直感があったのか村人に
思い切って尋ねました。

「田舎で小さな農をしながら、したいことがあるのです。
離れでもいいので、どこか空いている家はないですか?」

むうすぐバスがやってくる時刻です。

青年は小さな紙に自分の名前、連絡先などを
書いて、村人に手渡しました。

青年を乗せたバスは市街地方面へと消えていきました。

いまどきの若い人にしてはいいじゃないの。

青年のことが気になった村人は
心当たりの家をあたってみました。

 

人のこころを動かすってすごいことですね。

 

空家を探すときは人の心をも動かすこと。

 

それにしても

(いまは暑いけれど、)

テクテク旅って、いいですね。

(文・塩見 直紀)

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2009年7月22日 22:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「存在を指し示すこと」です。

次のブログ記事は「日食」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0