「土を拾う」(VOL.385 2009.06.30)

| | コメント(0)

「土を拾う」

 

今年も好きな光景に出会うことができました。

近所の70代の女性が
道に落ちた土を拾う光景です。

 

トラクターなどの機械に土がつき、
帰路の途中、土が道路に落ちたりします。

昔から、鍬や長靴などについた土は
大事にされ、田畑に返されました。

鍬が大型機械になっても
こころは同じ。

その方々のうしろ姿を見て、ぼくはそう思うのです。

 

土が本来あるべきところに返します。

土の神さまの存在を感じ、もとの位置に返っていただきます。

大事にしない人は不作となるかもしれません。

 

土を拾う。

それはとっても美しい行為です。

ぼくもいつまでもそのこころをなくしませんように。

(文・塩見 直紀)

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2009年6月30日 15:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「後で2倍の投資より今2割の投資」です。

次のブログ記事は「交流」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0