「1工程多い季節」(VOL.382 2009.06.09)

| | コメント(0)

「1工程多い季節」

 

祖母や父がその昔、こう教えてくれたものです。

靴や長靴を履くとき、服を着るときは、
いきなり履いたり、着たりしないこと、と。

田舎ではもしかしたら
なかにムカデがいるかもしれないのです。

田舎の夏は、

入った小石を出すように靴を逆さまにしたり、
シャツなどの服も念のために、はたいたり・・・

着用するまでに1工程多いのですね。

農家民泊「素のまんま」の芝原さん宅に
うかがったとき、

旅人にそう教えられているのを聴き、
いまも変わらないのだなあと思いました。

昔は先輩世代から孫子へ伝えられたことが
グリーンツーリズムの時代は
都会からの旅人にも伝承されるのですね。


ムカデを観察していて、思うのは

ムカデの足はしっかりつかむという
特徴を持っていないので助かるってことです。

はたいても落ちないなら手ごわいですので。(笑)

冬はムカデもいないので安心ですが、

なんとかかまれずに今夏を過ごしたいと思っています。

(文・塩見 直紀)

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2009年6月 9日 12:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「虫の知らせと根拠のない自信」です。

次のブログ記事は「建設」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0