「閉校から10年」(VOL.379 2009.05.19)

| | コメント(0)

「閉校から10年」

 

我が家はいつも周囲と2週間ほど遅れて
田植えをおこないます。

田んぼで代かきの作業をしていたら、
ふとあることを思い出しました。

とっても重要なことです。

ぼくは約10年つとめた会社を
1999年1月に退職し、

同月末、Uターンで綾部に帰ってきました。

 

今年はUターンまる10年の記念の年なのです。

記念の年といえば、

母校である旧豊里西小学校は
同年1999年3月末に統廃合で閉校となっています。

ということは

今年は閉校となって、まる10年なのですね。

閉校の仕方(され方)によっては

封印すべきこと

という地域も悲しいけれど
全国にはあることでしょう。

故人は思い出してあげるだけで
天で喜ばれます

と聞いたことがありますが、

きっと学校もそうでしょう。

ウィークリーメッセージに
閉校してまる10年経ちました

と書いておきたくなりました。

学校に通うはずだった子どもたちも
高校生になったりと、大きくなっています。

閉校して10年。

今年はメモリアルな年なのですね。

(文・塩見 直紀)

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2009年5月20日 05:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ないものねだりはほんとにないものですか」です。

次のブログ記事は「地域の力」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0