「場所と修行と」(VOL.364 2009.02.02)

|

「場所と修行と」

 

荷物を車に積み込んで、京都市内から
綾部の実家に戻ったのは

1999年1月末、33歳のことでした。

27号線の美しい雪景色のなかをゆっくり走りながら
まるでスキーへ行くみたいと思ったものです。

わくわくとどきどき。

これから始まる綾部生活はそんな感じでした。

 

先哲は「場所が決まれば、修行が始まる」
といったそうです。

綾部という場所が決まったことで
ぼくの修行は始まったのですね。

これからはますます

この「場所×修行(仕事、人生プロジェクト)」というものが
大事になってくる時代がやってきそうな気がしています。


綾部に帰ることで「場所」が決まったぼくは
どんな「修行」が始まったのかというと・・・

まず用意されていたのは

母校である旧豊里西小学校の閉校(99年3月)でした。

旧校舎を活かした
グリーンツーリズム事業構想と

2000年の綾部市制施行50周年に向けての
市民企画の募集事業です。

市民企画を市が応募し、
応募したことがきっかけとなり、

里山ねっと・あやべのスタッフとなることができました。

応募していなかったら
いまこうしてウィークリーメッセージを
書いていることはないとは
不思議なことですね。

英語で「10年」を「decade」というそうですが

綾部にUターンして早いもので
まる10年が経ちました。

2009年7月、里山ねっと・あやべにとって
10年目がスタートします。

それにしても10年って
ほんとうにあっとう間ですね。

場所と修行と。

まだまだ修業は続きます・・・。

(文・塩見 直紀)

このブログ記事について

このページは、ayabeが2009年2月 2日 16:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「確率としての生をいきること (VOL.363 2009.01.27)」です。

次のブログ記事は「中村禮子さんを偲ぶ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0