「20年」(VOL.355 2008.12.02)

| | コメント(0)

「20年」

 

バブルの頂点の年といわれる1989年、

会社に就職したぼくは、9年10か月、在籍し、
1999年1月20日、会社を卒業しました。

Uターン時の年齢は33歳。

若かったです・・・。

月日は流れは早いもので

 

 

綾部にUターンして、
いまちょうど9年10か月。

あと2か月弱で、まる10年を迎えます。

会社勤め、約10年と
Uターンして、約10年と。

いまぼくはちょうどそんな節目にいるようです。

フェリシモという会社と
NPO法人里山ねっと・あやべと
自分の個人的な活動である半農半X研究所と。

この20年を簡単にいえば、
これらの3つです。

誕生から大学卒業まで。

そして、そのあとの約20年。

これからぼくはどんなふうに歩んでいくのか、

師走の忙しいときですが、

これまでの道をしっかり振り返り、
歩むべき道を思索していきたいと思っています。
 
(文・塩見 直紀)

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2008年12月 2日 11:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「山も里もブローデルの海。 (VOL.354 2008.11.23)」です。

次のブログ記事は「相反するもののバランス(VOL.356 2008.12.09)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0