「チャレンジング」(VOL.353 2008.11.17)

| | コメント(0)

「チャレンジング」(VOL.353 2008.11.17)

 

「今年は、子(ね)年だから動き出したら!」

そんな声を10月の終わりに聞きました。

団塊世代くらいの男性から
20代青年へのアドバイスです。

ぼくもそう思っているので
うれしくなりました。

新しい12年の始まりの年が、2008年の今年です。

金融も企業も大変な時期だから
動かずじっとしていなさい

という人もあるかもしれませんが

ぼくはあえて始動すべきだと思っています。

ソフォクレスはこんなことばを残しています。

神は行動せざる者をけっして助けず、と。

今年、里山ねっと・あやべでは
何を始めることができたのか。

いろいろ生まれたものはあったと思いますが、

担当者としては、
6~7月に初めておこなった

綾部里山交流大学のマスターコースに
可能性を感じました。

里地ネットワーク事務局長・竹田純一さんによる
地域資源学講座と

農と自然の研究所代表・宇根豊さんによる
農的感性学講座です。

スタンダードコースは
たくさんの講師(1講座7~8名)から
2泊3日で学ぶことができ、

マスターコースは1泊2日で
1師から、となっています。

今年も残り1か月半です。

それぞれの舞台で動き出せたらと思っています。

12月6~7日、とってもチャレンジングな
マスターコース「情報発信学」をおこないます。

これをおこなうことによって、

ぼくは新しい12年という自分の扉を

自分ですこし開くことができたらと思います。

参加いただくみなさまにとっても

そんな2日になればうれしいです。

神は行動せざる者をけっして助けず。

神さまが助けてくださるとうれしいのですが・・・。
 
(文・塩見 直紀)

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2008年11月17日 18:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「学」「力」「論」どう考えますか(VOL.352 2008.11.13)」です。

次のブログ記事は「山も里もブローデルの海。 (VOL.354 2008.11.23)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0