「式」(VOL.345 2008.09.25)

| | コメント(0)

「式」

綾部里山交流大学(9月講座)が
無事終わってほっとしています。

手前味噌ですが、

予想をはるかに超えた着地点に行けました。

参加くださったみなさま、
ありがとうございました!

ふとこんな「式」が浮かんできました。

今回の綾部里山交流大学の「式」です。


大学コンセプト×9月のテーマ×
7名の講師×21名の受講生×
場所(綾部×旧豊里西小学校)×
食(幸風グループ+石窯ゆめ工房)×
里山ねっと・あやべ×とき=!


他の組織が全く同じコンセプト、
同じ人、同じ内容でおこなったとしても

場所が異なれば、全く違うものにきっとなるでしょう。

そう考えれば、場所性って不思議ですね。

綾部を感じに来てくださるとうれしいです。


次は11月22日~24日におこなう11月講座で
テーマは「あるもので、ないものを創る」です。

アイデアとは既存のものの組み合わせって
言われます。

新しいまなざしを持ち、
身の回りの宝物に気づき、組み合わせることで
新しい何かを創っていける。

そうしたことが可能な時代がいまだと思うのです。

9月のテーマと同じく
里山ねっと・あやべが自信をもって提案するのが
このテーマでの講座です。

いまとっても大事なのがこれではないかな
これができたらOKではないかな

と思っているのです

ただいま11月講座の受講生を
募集していますのでぜひご検討ください。

11月の「式」に加わってくださるとうれしいです!


12月には今年、初めての試みである

綾部里山交流大学マスターコース
情報発信学講座もおこないます。

6月の地域資源学講座
(講師:里地ネットワーク・竹田純一さん)、
 
7月の農的感性学講座
(講師:農と自然の研究所・宇根豊さん)を
おこなってきて感じたのは

2泊3日のコースとはまた異なる
1泊2日独特の魅力があること。

講師というほどではありませんが
ナビゲーターをつとめさせていただきます。

この講座はまさに
「あるもので、ないものを創る」の事例かも。

里山ねっと・あやべの小さなチャレンジに
共感いただけたらうれしいです。

(文・塩見 直紀)


 

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2008年9月25日 07:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「神の見えざる手を補うもの(VOL.344 2008.09.17)」です。

次のブログ記事は「人類の英知~ハチについて(VOL.346 2008.10.2)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0