「交流力と組み合わせ力」(VOL.339 2008.08.19)

| | コメント(0)

「交流力と組み合わせ力」

 

この星には未知なる組み合わせがきっとまだある

万象の存在と私が出会うことで生まれるものがある

それぞれが有するひかりが出会うと希望という星が生まれる

天の才が交流する都市

万象の天の才が交流し合うまち

***


これは2007年夏、

綾部里山交流大学が誕生するとき、
ふと浮かんだことばたちです。

そういえば、

最近、新聞にカルロス・ゴーンさんの
こんなことばが載っていました。


革新の大半は異なる領域同士の
交流から生み出されます。

同じ領域から、人々があっと驚く革新が
生まれることはまれなんです。

「交流」は革新にとって必須です。

一つの領域で蓄積してきたスキルを、
全く違う領域に適用させるんです。

すべての開発の歴史は
「交流」と「組み合わせ」がかぎになっています。

創造とは常識にとらわれず、
さまざまな知識の組み合わせから
訪れるひらめきなんです。

カルロス・ゴーンさんのことば
(朝日新聞土曜日版「be」2008年7月12日)


新しいアイデアとは
既存のもの(既存A×既存B)の組み合わせ

とよくいわれますね。


「交流」と「組み合わせ」。

これはもっと研究していいテーマだと思います。


綾部里山交流大学は世界初?の
「交流デザイン学科」を設けている大学です。

「交流」と「組み合わせ」について
どんどん深めていけたらいいなあと思っています。

手前味噌ですが・・・

綾部里山交流大学に独自性があるとしたら
感性学という科目の存在もユニークかもです。

それもただの感性ではなく、
「農的な感性」です。

「交流」「組み合わせ」と「農的な感性」と。

この9月もいろいろ学べそうで
スタッフのぼくがいちばんわくわくしています。

できれば、みなさまにも
綾部里山交流大学9月講座に参加いただき、

21世紀のための化学反応に
加わっていただけたらと思います。

ご検討をよろしくお願い申し上げます!

(文・塩見直紀)

綾部里山交流大学詳細

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2008年8月19日 04:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「この土を食い~」」(VOL.338 2008.08.11)」です。

次のブログ記事は「どんなに小さな自治体もモデルになれる(VOL.340 2008.08.27)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0