「この土を食い~」」(VOL.338 2008.08.11)

|

「水源の里」と位置づけられた集落のある老富町。

そこから県境を越え東に降りていくと、福井県の川上です。

川上から綾部の古和木に超える峠が、尼公坂(にこざか)。

尼公坂の福井県側のふもとには、石に彫られた不動明王像が建っています。

ここには古い不動明王像があったのですが、2001年頃に盗まれてしまったようです。

いまあるのは新しい不動明王像です。

不動明王の姿の横には

「この谷の
この土を食い
この風に
吹かれて
生きたい」

と刻まれています。

「この土を食い」がいいですね。

現代の都市では地面がすべて覆われて土を見ること自体困難です。

熱が反射し、雨が降れば水が走る。

「土を食べて」生きていることも忘れがちです。

創世記でも人は土から創られたのでしたっけ。

「この谷の
この土を食い
この風に
吹かれて
生きたい」

心からそんな気持になれる場所を見つけて生きていけたら。

そんな気持にしてくれる不動明王像です。

(あさくら)

このブログ記事について

このページは、ayabeが2008年8月11日 15:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「青い鳥」(VOL.337 2008.08.04)」です。

次のブログ記事は「「交流力と組み合わせ力」(VOL.339 2008.08.19)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0