「要諦」(VOL.328 2008.06.03)

| | コメント(0)

「要諦」

 


知ってもらうことと買ってもらうこと。

経営の要諦だそうです。

これを里山系に置き換えてみても
ほんとうにそうだなあと思える点があります。

 

 

間伐の必要を知ってもらい、
材として買ってもらう。

日本の米づくりを大事さを知ってもらい、
飽きの来ない主食として、買い支えてもらう。

里山ねっと・あやべのスタッフとして
都市農村交流をするようになって

知ってもらうことの大事さは
痛感しています。

綾部の存在を知ってもらっていないと
綾部に来てもらいようがないという事実。

知ってもらうことと買ってもらうこと。

企業やNPOなどの組織だけでなく、
市町村も国家も経営の時代。

知ってもらうことができれば、
変わりだすことっていっぱいあるように思います。

今年度も2泊3日の綾部里山交流大学を
3回おこないます。

綾部里山交流大学のことも
もっと知ってもらうべく、
こつこつ広報に励みたいと思います。

知ってもらうことと買ってもらうこと。

これはとっても深いことばのような気がしています。

(文・塩見直紀)

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2008年6月 6日 19:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「中丹ご訪問は滞在型で。(VOL.327)」です。

次のブログ記事は「「時の粒」(VOL.329 2008.06.12)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0