「蝶とトンボとスピードと」(VOL.324 2008.05.01)

| | コメント(0)

「蝶とトンボとスピードと」

 

沖縄のおじいさんは
蝶やトンボとぶつかるようなスピードで
バイクに乗らない。

数年前、友人から教わって以来、
忘れられないことばとなっています。

小さな静かなわが村を、綾部のまちを車で走っていると


 

蝶やトンボがぶつかってくることがあります。

北海道や九州の高速道路を秋、
走ったときときたら・・・。

昆虫を死に追いやるたびに
つらい気持ちになります。

昨夏は蝶のカップル(求愛中?)が
散っていってしまいました。

バックミラーにうつる二人(二匹の蝶)・・・。

まるでスローモーションのようでした。

以来、スピードは沖縄のおじいさんにならい
注意するようになりました。

この国の交通事故の犠牲となる人の数も
膨大な数ですが、

カエルやヘビ、蝶やトンボなども
すごい数の犠牲があるのでしょう。

例の毛虫も横断する季節です。

小さな友への注意が
必要な季節がやってきました。

(文・塩見直紀)

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2008年5月 1日 11:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「危機は好機」(VOL.323 2008.04.24)」です。

次のブログ記事は「茶畑で風力発電ですか(VOL.325)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0