「田んぼ12年目に思うこと」(vol.315 2007.06.05)

| | コメント(0)

sorosoro.jpg

「田んぼ12年目に思うこと」


今年はなんと12年目の田んぼ(=稲作)です。

阪神大震災の翌年スタートだから、
1996年、31歳のことでした。

気のせいかもですが・・・、


体力があのころより落ちている気はしません。

これはとってもいいことですね。

過信ではなく、
身体が丈夫になっているかもってこと。

身体も慣れてきたのですね。


世はできるだけ、
田んぼにいなくて済むような米づくりですが、

ぼくのはできるだけ居るスタイルです。

気になるのは、

何歳まで
無農薬で手で除草したりできるだろうかということ。

どうかな。


田植えを終えて、ヒエも生えかけてきて、
また除草に勤しむ季節になってきました。

手押しの除草機を転がしながら、
ぼくは何歳までこれを押すことができるのだろうと
思うのです。

村でお手本だった先人もされていたから
できますよね。

(文・塩見直紀)

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2007年6月 5日 09:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「旅する民俗学者」(vol.314 2007.05.29)」です。

次のブログ記事は「「世界を美しく」(VOL.316 2007.06.12)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0