「トンボ会議」(VOL.318 2007.06.26)

| | コメント(0)

母校である旧豊里西小学校。

指定管理者である里山ねっと・あやべの

事務所にあるテーブルで

綾部ITワークスの長岡さんと話していたら

全開した窓から、トンボが入ってきて、
テーブルの二人のところまでやってきました。


 

何話してるの?

って感じにやってきたので

40を過ぎた大人も微笑んだ瞬間でした。

トンボは何をいいたかったのか。

勇気をもって飛ぼうよ、かな。

 

事務所にはいろいろな虫たちが飛び込んできます。

一番、うれしいのはやはり

里山を威風堂々と飛ぶオニヤンマですね。

(文・塩見直紀)

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2007年6月26日 18:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「みんなをプロデュース!」(VOL.317 2007.06.19)」です。

次のブログ記事は「「再出発の春」(VOL.319 2008.03.26)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0