「世界を美しく」(VOL.316 2007.06.12)

| | コメント(0)

satonochikei.jpg

「世界を美しく」


6月7日、こどもとホタルを見にいきました。

お隣の集落にある小川です。

思いがけず、たくさんのホタルと出合い、
こどももぼくもびっくり!


毎日、見に行っていたら、
今年は例年に比べて多いのか、
いまがピークなのか、わかるのですが、

ホタルが好きで仕方がない人なら、
それがわかるんですね。

以前、竹炭をドラム缶で焼いていた時も
好きでないとできないなあと実感したことがあります。

雨が降っても夜中でも
好きなら、そこへ行けちゃう。

夜、熊が出そうな山に一人登り、
山のお社(やしろ)の背後に回転する
星を撮りに行かれた郷土写真家がおられますが、

好きだとそれができるのですね。

ホタルに竹炭に写真。

21世紀は大好きなことで
世界を美しく変えていく・・・

そんなすてきな時代になっていきそうな予感です。

(文・塩見直紀)

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2007年6月12日 06:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「田んぼ12年目に思うこと」(vol.315 2007.06.05)」です。

次のブログ記事は「「みんなをプロデュース!」(VOL.317 2007.06.19)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0