「旅する民俗学者」(vol.314 2007.05.29)

| | コメント(0)

sansyo.jpg

「旅する民俗学者」

5月15日、府中市郷土の森博物館(東京)で開催中の
「宮本常一の足跡〜旅する民俗学者の遺産〜」展
に行ってきました。

『忘れられた日本人』で有名な民俗学者・宮本常一
(1907〜1981)の生誕100周年記念事業です。

約16万キロ、地球4周分の日本の山村、離島を歩き、
日本観光文化研究所長だった宮本さん。

とても気になる人物です。

たくさんの刺激を受けたなかで特にインスパイアされたのが、

宮本常一さんが15歳のとき、
就学のため、周防大島から大阪に出る大正12年(1923年)、

父(善十郎)から送られたことば(父の十ヶ条)です。

このことばによって、
旅する民俗学者の旅の方向が決まったそうです。

特に印象的だったものをいくつかご紹介しましょう。


一、汽車へ乗ったら窓から外をよく見よ。
  田や畑に何がうえられているか、育ちがよいかわるいか、
  村の家が大きいか小さいか、瓦屋根か草葺きか、
  そういうこともよく見ることだ。

  駅へついたら人の乗りおりに注意せよ、
  そしてどういう服装をしているかに気をつけよ。
  また、駅の荷置場にどういう荷がおかれているかをよく見よ。
  そういうことでその土地が富んでいるか貧しいか、
  よく働くところかそうでないところかよくわかる。

二、村でも町でも新しく訪ねていったところは
  かならず高いところへ上って見よ、
  そして方向を知り、目立つものを見よ。

  峠の上で村を見おろすようなことがあったら、
  お宮の森やお寺や目につくものをまず見、
  家のあり方や田畑のあり方を見、周囲の山々を見ておけ、
  そして山の上で目をひいたものがあったら、
  そこへはかならずいって見ることだ。

  高いところでよく見ておいたら
  道にまようようなことはほとんどない。


十、人の見残したものを見るようにせよ。
  その中にいつも大事なものがあるはずだ、
  あせることはない。
  自分のえらんだ道をしっかり歩いていくことだ。

(宮本常一『民俗学の旅』講談社学術文庫より)

大正12年、15歳のときに父からもらった「十ヶ条」。

こういう視点を子どもの頃、みんなもらえたら、
すごいですね。

人の見残したものを見るようにせよ。
その中にいつも大事なものがあるはずだ

ということばや

あせることはない。
自分のえらんだ道をしっかり歩いていくことだ

ということば、こころにしみます。

(文・塩見 直紀)

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2007年5月29日 12:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「田舎でブレスト会議」・・・vol.313/2007.5.22」です。

次のブログ記事は「「田んぼ12年目に思うこと」(vol.315 2007.06.05)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0