「田舎でブレスト会議」・・・vol.313/2007.5.22

| | コメント(0)

soratoojizousama2.jpg


「田舎でブレスト会議」


この2月、プライベートで
綾部市里山交流研修センター(旧豊里西小学校)の
一室を勉強会の目的で借りました。(600円!)

昭和50年代のはじめ頃、卒業した母校の元教室を
そんな用途で利用することになったり、

元教室で寝泊り(3000円!)することになろうとは、

人生とはわからないものですね。

幼稚園時代を過ごした部屋が食堂になっているのですが、
そこでご飯を食べていることにも驚きます。

なぜぼくはここでご飯を食べているのだろうと。

給食室がお風呂になっているのですが、

給食時間になったら、おかずやパンを取りに行っていたところで
お風呂に入っているなんて、

ほんとうに人生はふしぎです・・・。

里山ねっと・あやべには、たくさんの視察が
全国来られるのですが、

元教室で話をさせていただくこともあり、
これまた不思議な気持ちになることがあります。

ぼくはなぜここで話しているのだろうと。


ここはぼくにとって、大事なことを思い出すところなのですが、

旅をしてくださったみなさまにとっても
「もうひとつの母校」のように思ってもらえたらうれしいです。


ぼくのオススメは
楠(くすのき)が見える2階の部屋(元6年生の教室)です。

ここは特にアイデアが生まれやすいところではないかと思うのです。

(発想法の1つである)ブレインストーミング会議なんて
いてもらったらいいと思うのですが・・・。

企業のみなさま、気分転換に
「田舎でブレスト」会議など、いかがですか?

(文・塩見 直紀)

コメントする

このブログ記事について

このページは、ayabeが2007年5月22日 11:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「田舎とメッセージと」・・・VOL.312(2007.05.15)」です。

次のブログ記事は「「旅する民俗学者」(vol.314 2007.05.29)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0